桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PROJECT X ZONE2 BRAVE NEW WORLD

PROJECT X ZONE2 BRAVE NEW WORLD クリアしました。昨年のゲームアワード2015でも見事TOP3入りを果たし、個人的には大躍進だった作品だなと思っています。前作も個人的には面白かったと思い返せますが、正統続編として色々とシステムまわりを快適にしてくれたあたり、そしてメーカーの枠を超えたクロスオーバーの掛け合いが評価としては高いです。そして何より上位に食い込むにはサクラ大戦の存在が大きいのは言うまでもありません(個人的見解)。プレイ時間は前作の90時間弱を大きく下回り、50時間強でのクリアとなりました。これでも1本のゲームを遊ぶには個人的には長いとは思いますけどね。以下雑感です。

PXZ2.jpg

■A級タイトル夢の競演再び!
前作と同じタイトルも多く参加しており、ゲーム自体の世界観は繋がっています(2をやるなら1をやっておいた方が理解はし易い)。とは言ってもお祭りゲームですのでシナリオをメインに置くべき出来ではありませんので気にしなくても良いと思います。セガに肩入れの強い私としてはサクラ大戦の続投は勿論、「龍が如く」「シェンムー」の参戦や「せがた三四郎」の参加は非常に大きい功績だったと思います。

せがた三四郎氏はセガを象徴する存在として、全てのセガキャラに通じるという万能さを表出し、所構わずセガの(セガサターンがメイン)普及に努めようとする姿に多くのユーザーは微笑み、そして燃え上がったのではないでしょうか。往年のセガタイトルからベアナックルのアクセルのソロ参加、うららのアタック時に姿を見せる獣王記・ファンタジーゾーン・アレックスキッドは確認されましたが、2015年に30周年を迎えたスペースハリアーの姿、それを彷彿とさせる台詞も見つけることができませんでした…1では参加していたので、復活はPXZ3に期待しましょう…

ユニットの変更ができないのでメーカーの枠を超えて自ら好きな組み合わせをする、とまではいきませんでしたが各キャラクター同士の掛け合いは前作と比べて大きく増えたと思います。さらに原作では見られないようなキャラクターの新たな特色付けなども見ていて非常に面白く(EX:リュウが竜巻で空を飛びたがりすぎる)、是非ゲーム内で確認してほしいです。原作を知っていれば知っているだけこの作品が面白くなるのは前作と一緒ですね。

3・リュウ&ケン+アクセル(ストリートファイター+ベアナックルⅡ)
3・桐生一馬&真島吾郎+芭月涼(龍が如く+シェンムー)
2・飛龍&秀真+緋花(ストライダー飛龍・Shinobi+Kunoichi)
1・真宮寺さくら&ジェミニ・サンライズ+せがた三四郎(サクラ大戦+真剣遊戯)

この4組が尋常じゃなく頭突き抜けて活躍してくれました。サクラ大戦ユニットは唯一レベルも50を突破。ちなみに大神+エリカはネタユニットに成り下がってて使い勝手もいまいち。レベルも30後半と振るわなかったですね…ソロで組ませてたうららに申し訳ないことをしたような気持ちになっております。

PXZ2segata.png

■快適になった戦闘システムとその代償
ゲーム全体がシャープになった印象を受けたのが今作です。基本は前作と同様クリティカルを狙いながらのお手玉コンボではありますが、その選択回数が3回に固定されたことと反撃の回数にもその設定が反映されたことが大きい。それだけでなくクロスブレイクの存在やSP・XPの使い分け等の変更で快適さが向上しています。全体的に戦闘1回あたりのテンポもやや速くなっており、敵の撃破にかかる時間が程良く快適になっています。

敵の増援に次ぐ増援で気分を削がれる思いをした前作と比べ、増援の程度も抑えられているだけでなく勝利条件に時限等の条件を備えた場面も多くなったことで一辺倒になりすぎない工夫がされており、程よい緊張感を覚えることもありました。全くストレスがないということではありませんが、ドット絵で打ち出されたキャラクターたちが原作に準拠して動き回る姿は見ていて楽しく、かつキャラクターを任意の行動順番で動かせることで戦闘にも戦略性が僅かに増し、純粋に戦闘が楽しくなっていると感じます。

ただし「その代償」(私がそう思っているだけ)として前作で素晴らしい躍動を見せてくれた乳揺れがほぼなくなっています。特に前作では神夜のが好きだったことを思い出しながら、寂しい気持ちを胸に…。続編があるのなら乳揺れは必ず復活させるべきだと思います!(真剣)

■恋しさとせつなさと心強さと(オリジナルゲームサウンド)
オリジナルのサウンドをそのまま使用したオリジナルゲームサウンドエディション(限定)が出ているのは知っていましたが、購入したのは通常版でした。サクラ大戦の楽曲に歌が入っていたってCDも持っているし補完はできる、そう思ってはいたもののプレイを進めるにつれてそれは後悔に変わりました。ゲーム用にアレンジされたサウンドも悪くないのですがやっぱオリジナルがいいよねと一度思ってしまうとそれはその時点で「後悔」

PXZ2SF.png

それを痛感したのはストリートファイターⅡのあの名曲でした…まさかソレを持ってくると思わなかったので、アレンジサウンドでも鳥肌モノだったのに、そりゃあオリジナルで聴きたくなりますよね。ただここまでのプレイ時間を考えると途中で買い直しという選択は難しかったので、一度クリアした後に”オリジナルゲームサウンドエディション”を買い直ししました。これで後悔はなくなりました。これからプレイを開始する方は是非オリジナルゲームサウンドエディションを探してでもプレイする価値はあると思いますよ!

| PROJECT X ZONE2 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

a happy new year 2016

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

さて、あっという間に正月休みも終わりを迎えようとしていますが皆さまは新年いかがお過ごしだったでしょうか。またいつもの毎日が始まろうとしていますが、休みに時間があっても中々腰を据えてゲームだけに向き合うということはできなくなりました…。我が家のルールとして子どもの前でゲームすることができないので(仮に隠れてやったとしても邪魔されて無理)ゲームの進行も限りなく鈍行(もしくは停滞)、ブログの更新もままならずという具合ではありますが、趣味に費やす時間はうまく自分でやり繰りしながら作っていかなければなりませんね。

一昨年はWiiUの購入、昨年はXBOX ONEの購入と新ハードのプレイ環境も整いつつありますが唯一まだ購入に至っていないのがPS4ですね。どうしてもSONYハードは後手にまわってしまうのですが2016年は無視することができないタイトルが発売される予定もあるので、早ければ夏・遅くても年末には購入したいと思っています。

スプラトゥーンやマリオメーカーで息を吹き返すかに思えたWiiUに、日本では微かな灯火すら存在するのか危ういレベルのXBOX ONE、このまま行けば国内一強の覇権を取り戻すかPS4。個人的にはXBOX ONE贔屓で今のところは来ていますが、今後は遊びたいタイトル毎にハードを変えながらゲームライフを満喫したいと思います。今までもそうしてきたので今まで通り。

2016.png
2015年に購入したXB1、ソフトは10本購入して6本消化で4本が未消化。
MAD MAXは15時間程度プレイしたまま休止。Fallout4はとりあえずの確保。DBXVは1回起動時当たりのプレイ時間が短くても楽しめるので今少しずつ遊び、HaloTMCCはHalo5への布石として控えており…

2016年もできるだけ最新作は積まずに遊んでいきたいと思っているので、上手に時間のやりくりをできるのようになりたいです。それか若しくは1日24時間以外にゲームのできる時間を売ってくれてもいいんだ。精神と時の部屋レンタルサービスみたいなね。

| 【ゲーム全般】(未分類) | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2015 発表!

さて今年を締めくくるのは当然 ゲームアワード2015 です!ノミネート21作品、ノミネート基準は「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」です。ノミネート一覧は■こちら■となります。発表後には皆さんのところへ年末年始のご挨拶含めお伺いしたいと思っております。

●去年2014年の12月から今年2015年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●新作旧作は問いません
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート
●「マルチメディア賞」としてゲーム以外の何かあればご自由に
●ブログにかぎらずTwitter投稿でもOK!

それでは早速いきましょうか!
LET'S ROCK!!

第10位:「喧嘩番長4 ~一年戦争~」(PSP)
シリーズ初プレイの喧嘩番長。侍道も結構好きなのでコンセプト的にはスパイクのこういうゲームが好きなんだろうなーと実感しました。くだらないゲームではあるのですがプレイしていて気持ちがほっこりするゲーム。色々と自分をカスタマイズして好きなスタイルを作り上げていく様と、男たちの青春に惹きこまれました。喧嘩番長5も購入済なのでまたそのうち遊びます。

第9位:「SAINTS ROW4 RE:ELECTED&GAT OUT OF HELL」(XBOX ONE)
SAINTS ROW4の完全版。本編の方はXB360版で遊んでいるので今回はGAT OUT OF HELLの方でランクイン。基本的な部分は全てSAINTS ROW4に準拠しつつ超人的かつ馬鹿の極みを進む箱庭アクションでしたが、プレイ時間10時間程度ながらも濃密でした。地獄内を翼で滑空する移動スタイルが慣れるまで時間がかかったものの、最高に気持ち良いです。ナイツか!

第8位:「シャンティ-海賊の呪い-」(3DS)
発売後より高評価を受けている情報を見聞きしているうちに購入意欲が高まりプレイ。洋ゲーながら日本のゲームに影響を受けている今作はまさしく悪魔城ドラキュラやゼルダの伝説という個人的にストライクな要素が盛り込まれていて、遊んでいて懐かしさもどこか感じながら、探索型の2Dアクションを満喫できるゲームです。オススメ!

第7位:「スプラトゥーン」(WiiU)
発売より4ヶ月程度遅れてプレイ開始。これも面白さの定評からじわじわと今も売れ続ける安心の任天堂クオリティに感心。FPS/TPSというジャンルをライト層含め幅広い層に楽しめるように落とし込んだセンスに脱帽。時間をかければウデマエも上がっていくのでしょうが、プレイ時間は20~30時間くらい。それでもオンライン対戦を塗ったりガチったりと楽しませてもらいました。

第6位:「TOMB RAIDER:DEFINITIVE EDITION」(XBOX ONE)
前世代機で好評を受けたTOMB RAIDERの現行機版。前世代機でプレイ損ねたので満を持して今回プレイ。映画のような惹きこんでいくゲームセンスと秀逸なバランスのTPSに息を飲みながらプレイしました。続編の時限独占(XB1)は今年はプレイはできませんでしたが来年は遊びたいなと期待しています。

第5位:「シアトリズムドラゴンクエスト」(3DS)
シアトリズムDQ1
待望のドラゴンクエストサウンドを音ゲーとして楽しめる今作。ドラクエは漏れなく1~10までプレイしているので(10はver.1まで)、どの曲もプレイするたびに思い出が溢れてこぼれます。一応全曲激ムズフルコンボまでは達成し満腹です。ですが収録曲は追加DLCもありましたが足りない曲もたくさんあるのでカーテンコールに期待していますが、思っていた以上に売れませんでしたね…続編をください。

第4位:「DEAD RISING3」(XBOX ONE)
DR3.jpg
DEAD RISINGの正統続編。1のような限定された空間での恐怖感やサバイバル感は薄れましたが、オープンワールドゾンビアクションと姿を変えましたが、一度作成すると使いたい時に補給できるコンボ武器や車両など散策を快適にする仕様がゲーム全体の爽快感を上げてくれていると思います。1とはやや対極の方向にシフトしつつあった今作ですが、これは間違いなく面白いです。過去作との繋がりもしっかりありますので、たくさんの方にプレイしてもらいたいです。

第3位:「PROJECT X ZONE2 BRAVE NEW WORLD」(3DS)
PXZ2.jpg
夢の競演再び!前作の雑魚の水増し大作戦ではなく、シナリオクリアの条件に時限等の制限を設けて一辺倒にならない工夫がされていること、そして何よりバトル面での進化が手に取って分かるのが大きいです。スピーディなバトルテンポに1ターンにおけるコンボ回数、反撃の回数増加、SP・XPの振り分けなど、ただ時間がかかるだけの前作よりも格段に面白くなっています。キャラクター同士の掛け合いも多くなり、原作の垣根を超えてキャラクターたちがより生き生きと感じられるでしょう。ここまで面白くなるとは思いませんでしたが、前作で褒めるべき点であった乳揺れはなくなっているのでそこだけが不満点。

第2位:「龍が如く0 誓いの場所」(PS3)
ryuu0.jpg
龍が如く最新作。個人的に龍は毎回ではなく隔年で面白さの変わるイメージですが、今回はとにかくシナリオが良い。龍が如くシリーズでは1がシナリオ最高峰だと思っていましたが、今回はこれを超えてきました(個人差あり)。寄り道もいつもの通りしたいのにとにかく先のシナリオが見たくて我慢ならない、これはゲームとしては最高の贅沢でもありますよね。本編もサブも充実しているということです。若き日の桐生、そして真島の兄貴の漢気に惚れるべき。当然6も期待しています!

第1位:「SUNSET OVERDRIVE」(XBOX ONE)
SO.jpg
これはゲームをを初めて遊んだ時に感じる衝撃、傑作の予感を感じずにはいられない作品でした。オープンワールドアクションでありながら止まることを許さないアドレナリン全開の脳汁ドバー系ゲームです。街中のオブジェクトを絶え間なく利用しグラインドやエアーダッシュで駆け抜ける。JSRの遺伝子で操作が指に馴染む頃からあり得ないくらいの快感を覚えます。地上に降りればミュータントやギャングが一斉に襲い掛かってくるので気を抜けば一瞬で即死ということも。SAINTS ROWのような超常パワーで撃破しつつご機嫌のパンクサウンドをBGMに世界の全てを駆け回るのです!ゲームとして粗削りな面も含め、更にブラッシュアップされた続編に期待したい…!


はい、以上が2015年のゲームアワードでした。やはりXBOX ONEの購入が大きく占める割合が多くなりましたが、まだソフトを買っただけでプレイしていない作品もあるので今後もXBOX ONEの躍進に期待したいところですね。我々は諦めてはいない…!ちなみに選考の中で迷ったスーパーマリオメーカーは、アクションとして誰もが待ち望んだ形ではあり楽しいのは間違いないのですが、今回はアワードの趣旨とやや別の方向性にあると位置づけし「特別賞扱い」にしておきます。これは素晴らしいゲームですよ。

【ラズベリー賞】:「ゼノブレイドクロス」(WiiU)
ゼノブレイドが本当に面白かったのでその系譜として期待しすぎたから、です。ゲームとしては面白いんだと思いますがゼノブレイドの影を拭えなかった私が悪いということで数時間で挫折しました。ごめんなさい。ゼノブレイドが好きなんだ…。

【マルチメディア賞】:「サクラ大戦」
いや、でもずっと好きだしな。ここに入れて良いものか迷いましたが来年の20周年を前に盛り上がってます。DVDを観なおしたりゲームもまた遊んだりしましたし。来年はもっとサクラ大戦に触れていようと思ってますよ!


ということで2015年も間もなく終わりを迎えようとしています。今年一年間お世話になった皆様方、このブログを読んでくださっている皆様方、本当に有難う御座いました。来年はもう少し更新の頻度を増やしたいです…また来年も良い年となりますように。では!良いお年を!次は年始のご挨拶でお会いしましょうー!

| ゲームアワード2015 | 17:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2015 ノミネート作品

はーい! ゲームアワード2015 が今年も開催されますよ!ここを読んで下さっていて、興味があるよー!という方。まだまだ間に合いますので、是非参加して一緒にゲーマーとしての一年を締め括ろうじゃないですか!自己完結ながら他のブログ管理人様たちと意見交換をし合ったりと楽しくやっている企画です。 ※今回は参加者募集形式ではなく各々のブログ上にて公開になるので、もう誰でも誰とでも。

●去年2014年の12月から今年2015年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●新作旧作は問いません
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート
●「マルチメディア賞」としてゲーム以外の何かあればご自由に
●ブログにかぎらずTwitter投稿でもOK!

上記を基本項目に置くこととなります。私の場合、形はどうであれ「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」。基本はEDを迎えたものとしますが、クリアの基準は自分で定めます。ルールも参加者様によって多少異なりますので色々な意見が見られて楽しいと思います。では今年のノミネート作品を下記に残しておきます。

1.セガ3D復刻アーカイブス(3DS)
2.BIOHAZARD4 HDリマスター(XBOX360)
3.トロンにコブン(PSVitaゲームアーカイブス)
4.SUNSET OVERDRIVE(XBOX ONE)
5.ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(PS3)
6.DEAD OR ALIVE5 LAST ROUND(XBOX ONE)
7.ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D(3DS)
8.龍が如く0 誓いの場所(PS3)
9.シアトリズムドラゴンクエスト(3DS)
10.ベアナックルⅡ 死闘への鎮魂歌3D(3DS)
11.SAINTS ROW4 RE:ELECTED&GAT OUT OF HELL(XBOX ONE)
12.ダウンタウン熱血時代劇(3DS)
13.ペルソナ4 ダンシングオールナイト(PSVita)
14.DEAD RISING3(XBOX ONE)
15.TOMB RAIDER:DEFINITIVE EDITION(XBOX ONE)
16.喧嘩番長4 ~一年戦争~(PSP)
17.GEARS OF WAR:ULTIMATE EDITION(XBOX ONE:海外版)
18.スーパーマリオメーカー(WiiU)
19.スプラトゥーン(WiiU)
20.サクラ大戦花組対戦コラムス(SS)
21.サクラ大戦2~君、死にたもうことなかれ~(PSP)
22.ドラゴンズクラウン(PSVita)
23.シャンティ-海賊の呪い-(3DS)
24.PROJECT X ZONE2 BRAVE NEW WORLD(3DS)

※うち過去に遊んだことのあるものは除く
(セガ3D復刻アーカイブス、ムジュラの仮面、ベアナックルⅡ、ギアーズUE、サクラ大戦2)

公開は 除夜の鐘が鳴り終わるまで です。それでは皆さま、大晦日にお会いしましょう!

| ゲームアワード2015 | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャンティ-海賊の呪い-(3DS)

シャンティ-海賊の呪い- を遊んでいました。初見クリアまでに要した時間は9時間弱と、程よいボリューム感です。収集要素をコンプリートしていないので、恐らくノーマルエンド。たぶんトゥルーがあると思われますので、そのまま2周目に突入予定です。情報が入ってくるまでの間はノーマークでしたが(知りませんでした)、発売前後からこのシャンティに関する情報を目にするようになり、更にその評価の高さが気になって購入に至りました。ここ最近遊んだ2Dアクションの中では非常に面白かった作品だなーと思ったので雑感などを以下に残しておきます。



■洋ゲーなのに溢れる日本のエッセンス
実際にプレイをしてみて感じた既視感に近い感覚。悪魔城ドラキュラ(キャスルヴァニア)とゼルダの伝説がまさしくそれでした。どちらのシリーズも大好きなので、遊んでいる際にプレイヤーを包み込むような安心感と楽しさがあります。探索型のアクションに謎解きで進んでいく感覚、そしてステージを進めて行くに連れて使用できるアイテムが増えることで後ろ髪を引かれながら通り過ぎた場所も解決できる感覚がそれでした。

さらにステージ構成が一部ロックマン。トラップにかかって自爆する際のエフェクトなんてもうそのままで、笑いがこみ上げてくるようです。難易度もそこそこなので一部死んで覚える要素も含むのですが、リトライは直前からできる(エリア内の最初)のでストレスを必要以上に感じさせないのが良かったです。そういう意味ではロックマンのチェックポイントよりも優しいのですが。

2Dアクションの歴史は私が知る限りでも古いので、今の時代にまったく新しいものをやるのは難しいと思います。先に述べたような既視感がありながらも完全に”パクり”にならないようにするのは制作側の落とし込み方一つなので、嫌悪感の一つもなくこのエッセンスを楽しむことができたのは、シャンティというゲームがそれらへの愛情がしっかり感じられるからなのかなーと思います。

クリア後に開発者のインタビューを読んでみましたが、感じたことそのままキャッスルヴァニア・ゼルダ・ロックマン等の影響を受けたと書いてありました。開発者が影響を受けたもの・プレイヤーが想起したことがそのままゲーム内にダイレクトに反映されているという愛に溢れた作品であることは間違いありません。

ゲーム内のドットの打ち込みもとても綺麗で、しかもキャラクターやNPCもよく動いている。これも開発者インタビューの中でSNK作品のKOFやメタルスラッグの名前が挙がっていたあたり、もはや馴染みのあるものばかりで構成されているのが分かり、よりこのシャンティを好きになる要素が増えていく一方だなと感じています。ちなみに3D立体視も主張しすぎることがないながらも相性は抜群りで美しい。そしておっぱいも飛び出てるよ!!

アクションゲームとしての骨子、そしてグラフィックだけに留まらずBGMも素晴らしいものでした。古き良きを思い出すような”オールドライクゲームミュージックとしての印象”を大事にしているような、印象に深い・かつ頭に残りやすい音楽が気分を盛り上げます。キャラクターも日本人が担当していることもあり、日本人には受け入れ易いと思います。かと言って日本に媚びすぎているかと言えばそうでもなく、アメリカンポップさがどこかに残っている。和ゲーと洋ゲーのバランスの良い立ち位置にあるように感じます。

シャンティ

初見ゲームクリアまで達成しましたが、明らかなノーマルエンド(歯に物が挟まったような終わり方)だと思うので、回収物をしっかりと集めて再度挑戦してみたいと思います。この辺もドラキュラをそのまま継承している感じが笑ってしまう。エリア移動にもキャラクターの強化がされている状態であればダッシュや2段ジャンプ(正確には4段までできますが)ができるので一度終えているステージの移動や攻略はストレスの軽減が成されていてそこも良し。先ずは、トゥルーエンドまでやってみますか!


| シャンティ-海賊の呪い- | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。