FC2ブログ

桃色の純情な妄想

今は毎年のゲームアワード発表の場所となりました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戯れ言

さて、何だか久しぶりですがw とりあえず国家試験をサクっと済ませて(開放感>結果)少しゲームの出来る生活が戻ってきそうです!また冬に別の国家試験があるので、集中的にゲームやっとかないとねw

さあ、試験勉強期間中に何をしていたのかと言われますと。仕事をしていたり、課題論文を書いていたり、東京に旅行(ライヴのため)したり、ここ数日では道民でありながら楽天を応援してみたり(野村監督、ひとまずお疲れ様でした)、試験前日にコストコで買物を満喫してみたり。それでも勉強している姿勢だけは見せておかないと色々大変なもんでw

確かにゲームはしてないけど、試験対策はもっとしてない
よってことです。BAYONETTAまでにポケモン終わらせたいとか言ってたのに完全止まってるし、夏に買った箱○のゲームも数本積んだまま…これが宿命とは分かっていながらもまたこんな時期がやってくるのは必須なので、できる内にやっておかなきゃね。

BAYONETTAは発売日購入の予定です。この日に別の提出論文があるのでそれまでもう数日ゲームを我慢して、BAYONETTAは思い切り楽しみたい!それからBEATLESのROCK BANDも買いたいよ!あとは…Wiiの買戻しかPSPの購入も今年中にしちゃいたいですね!

夢は膨らむだけ膨らんで、追いつかない時間獲得と共に破裂する


(折り返しで少しだけ野球の話を。興味のない方は見ない方が…)

≫ Read More

| the other side | 14:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

限りなく狭い世界で全国1位を目指すカラオケ

さて唐突ですが。皆様はカラオケはお好きですか?

私は大好きです。溜まりに溜まったストレスを発散させる機会の一つとして私には欠かせない娯楽です。学生の頃は毎週のように通いましたが、仕事を持つとそうもいかず。今では行けて月に2回程度です。相方や友達と行くカラオケは気兼ねが要らないので実にイイ。

機種はJOY贔屓。HYPERJOY-WAVEですか、これが一番好きですね。というか昔からJOY派だっただけなんですがw セガカラも昔は利用していましたが、もう店舗では見かけませんので(ただセガ好きだっただけですけど)。

長く利用していても気付かなかった機能の中に「全国採点」ってのがあることに最近気付きました。箱○のように自分のタグのようなものを作ってログイン。ログイン状態から全国採点をすると、その楽曲にエントリーした総数の中で点数による順位を競うことができます。カラオケってのはこんなに進化してたんだね、って思いました。普段は採点機能なぞ使わないのですが、その楽曲に何人エントリーしているのか、自分がそのうち何位なのかを知ることは思った以上に楽しくて、この機能で遊ぶことが増えました。

よく唄われている楽曲は当然エントリー数も多く、4ケタになるのですが自分は最近のものは全く分からないので実際に自分チョイスの選曲やってみるとエントリーの少ないこと少ないことw 1ケタ片手で数えられる数しかエントリーしていないってのも結構多いですw 

カラオケ

NOFX(洋):MURDER THE GOVERNMENT(4) 
RAMONES(洋):ROCK'N' ROLL HIGH SCHOOL(2) 
BOMB FACTORY(邦):BREAK UP(1)


NICOカラオケ

NICOTINE(邦):Saturday Night(7)
NICOTINE(邦):DON'T ESCAPE FROM REALITIES(1)
NICOTINE(邦):TAKE ME OUT TO THE BALL GAME 2003(2)
NICOTINE(邦):Get TheLiberty(5)


括弧内の数字は自分も含めた総エントリー数です。(1)の場合は自分しか歌ってないので必然的に1位になれるとw 因みにここに載せたのは全英詩なのですが、日本語のほうが点数も順位も低かったりしましたw 雰囲気と勢いで歌えるのが英詩の良いところですしねwww ここに載せたのはキーがそんなに高くなくて点数がブレにくい(だろう)、要するに狙ってみた楽曲ばかりなので厭らしいですが、ご愛嬌と言うことでw


こんなカラオケの楽しみ方もあるんだなあとちょっと感動したので記事にしてみました。最近また、ゲームする時間があまり取れていないので別の娯楽を記事にしたという、それだけのことですぜ。



| the other side | 23:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪・神戸:旅行記

思い返せば修学旅行はとても昔のこと。今回は今までに行ったことのなかった、そして行ってみたかった大阪・神戸へ旅行してきました!それこそ修学旅行では広島や京都などはあれど、大阪・神戸は行ったことなかったのです。簡単ですが旅行記として残しておこうかなっと。

===
■6/18(金)
7:55新千歳空港発~一路大阪へ。ええ、飛行機自体が4年振りだったので、はしゃぎましたが何か?w 以前に沖縄へ行ったときもそうでしたがやはり北海道との気温差に驚きますね…半袖は勿論用意していたものの、暑いw 予想を遥かに超えていましたw あれは何ていうのでしょうか、湿度?著しく体内の水分を汗に代えて放出し、同時に体力を奪っていくですね。


一応立てていた計画の通りに動くことで決めていたので先ずは大阪・新世界へ。きっと同じような観光客が多くいるように見受けられるなか、先ずは「たこ焼」ですよねってことで、一番流行っていそうだったお店へ。私たちも札幌なので、俗に言う「観光客目当て」のお店ってのが地元に居ると分かるのですが、それが逆になると全く分からないもんで、開き直って観光客をステータスにw 人が並んでいたり、芸能人が来ました!みたいな写真が貼ってある所をチョイス。「たこ焼」→「アイスドッグ」と先ずは食べる、そして「通天閣」へ。不思議な感覚です。あの街並みにあのタワー。人の温かさを感じるような。上から見る新世界の街並みが好きでした。観光街になっているとのことでしたが、それよりも前はもっと粋な感じだったのでしょうか?…この時点で13:00くらいだったかな?また食べるか、ってことで人生初体験の「串カツ」を。

串カツ

昼から飲むビールと串カツ 何とも言えぬ至福の一時でした。行き交う人を横目に。もっと油のイメージをしていたのですが、比較的サラッとしたソースと食べて、全然重くない!むしろ美味い!美味いぞコレは!美味いんだぞ!って感想ですw


次はアメリカ村(アメ村)で買物をメインに。古着やアメカジテイストの物は大学生の時に好んで着ていて、最近は歳も重ねてきた中でメインでは着なくなっていたものの、あの雰囲気はズルいですねw 年中お祭りみたいなもんじゃないですかw 最終的にここで\10,000-くらい買物で使って(暑かったのでハーフパンツも購入!)。品定めとか鏡の前で合わせたりしていると、店員サンたちが話しかけてくる、話しかけてくるw 札幌の2.5倍くらいでしょうかw こっちでは話しかけられてもだいたい一言二言なのですが、大阪ではガンガン来ますね。まあ、大阪はそういう所ってイメージはあったので、問題なし。アメ村周辺にあった心斎橋、なのかな。OPAというビルなど他も入りましたが、札幌にも出ているショップなどは大きな違いはなかったですね。んまあそりゃそうだw ここでは「ネギ焼き」→「たまごせん」→「たこ焼」と食べるのですね。アメ村また行きたいな~


続いては彼に会いに。心斎橋~道頓堀 で合ってるのかな?優しそうなおじさんに道を尋ねながら、ゴッタ返す人並を掻き分け、「引っかけ橋」に到着。ようやく肉眼で彼に会うことができました。

グリコ看板  ヤッター!会いたかったー!

下の河沿いから見てる方が好きだったな、気持ち静かで、水面に映るネオンの光も綺麗に感じましたよ。一日歩きっぱなしだったので足も休めつつ結構ココでグリコの彼を眺めて。あとは夕食を何にしようかと相談。一番インパクトと感動の多かった「串カツ」をセレクト。本日2回目!!w 帰りにはデザートにおいしく「たこ焼」を食べ歩きしてホテルまでw

要するに「たこ焼」→「アイスドッグ」→「串カツ」→「ネギ焼き」→「たまごせん」→「たこ焼」→「串カツ」→「たこ焼」ってことになりますね。ヤッター!いっぱい食べたー!

===
■6/19(土)
この日は神戸を観光することに決めていたので、朝から私鉄で神戸へ。「何かモダンだぞ?」お洒落な空気が街を包んでいるような感じがして、大阪とは違う良さを醸し出していました。

南京町から行きますよってことで、昼飯を兼ねてブラブラと。この日は土曜日だったのもあってか、人が多かったですね~。店内奥に入るような形式の所は気軽に寄れなかったので、路面形式を多くチョイスしながら少しずつ味わうような形に。人が並んでいるところは、ほとんど店内に入って行く形式のお店ばっかだったんですがねw この一角だけは何か別世界のような感じがしました。外に出ればビル群とモダンの共生する街並み、中華街は中華街。持ち味は異なれど、大阪の新世界と同様の気持ちになれます。ガツーっと中華を食したあとは近くのスタバで休んで目指すはハーバー近辺に向かうことに。


Ciaopanicに寄りながら(独立して店舗立ってるのスゴイね!)、道沿いからメモリアルパークに。分断されたコンクリ、傾いた電燈…一部でしたが震災の被害が形にして残されていました。胸のうちに込み上げてくる物を秘めて。海を眺めながらゆっくりと流れる時間を楽しんで、遊覧船にも乗り、ポートタワーは後にしようとモザイクというショッピングモール(ですよね?)周辺を散策しました。

moss.jpg

Mossです、モス。可愛くないですか?モザイクから駅の方に向かって歩いていくとこれが展示されていました。このパターンのグラデーション配色は比較的好きで、変な観光客が2人してコレの写真撮りまくりですよw ちょっとだけ周りの視線を感じましたw これを観てSHAKALABBITSのMutronを連想したのはオレだけではないはずだ…と思うのですが。




結局モザイクではなにも買わなかったのですが、休憩で入ったカフェで食べた「デンマークチーズケーキ」が美味しかったです。横目に見える海と、モザイク自体の洒落た作りがマッチして優雅な気持ちになれるという。
本当は、夜景を観たかったのですが、時間の関係で(><)夕方の時間に入ってポートタワーに行くことに。よくよく見たら営業時間19:30になってましたが、ポートタワーは夜景観覧者に優しくないねw 勇んで買った神戸1Dayクーポンみたいの使おうと思ったのですが(このために遊覧船は現金で乗船)「今日無料だからね~」とおっちゃん。…おっちゃん!その優しさが僅かな金額であれどちょい損した感をエグってくれましたw

回転喫茶

神戸を360度回転してくれるという喫茶から…古めかしさこそあれど、意外にありそうで今までみたことのなかった回転式の喫茶(ポートタワー3F)から。地ビールかな、お洒落にBARまでとは行けなかったけど、おいしく頂きました。
本当はシティループバスってのに乗ろうと思っていたのですが、これも18時台をもって最終が出てしまっており、乗ることができずw 再びセンター街をブラブラしつつ歩いて駅まで帰りました。

===
■6/21(日)
最終日。飛行機までの時間で最も観光らしいとも言える、大阪城を観て帰ることに。実は城を観るのも初めてでものスゴイ楽しみにしていたのですが…概観は城。でも中身が、どっちかと言うと秀吉の生涯や豊臣家の歴史、大阪城のことが中心でせめて城内復元とか少しでも良いから観たかったなあという感想もあります。でも不思議と男の子の心を震わせてくれるのは確かで。帰ってきてから無性に無双が…(ry あとは関空までの時間を梅田駅周辺で「お好み焼き」食べたり、買物していたりと。

===

長文になってきてちょい疲れてきたのでw まとめ。ものっそい良かった!大阪は新世界に始まり心斎橋や道頓堀、日本橋・なんばなどかなり歩きましたが、まだまだ全然足りないなあって思うし(おいしい串カツ屋さんでもっと食べたかった!)、神戸は南京町とハーバー付近しか見れなかったのもあって、まだ半分も観光した気持ちでない。地図で見て上の方は全く行けなかったし、思い残すことはたくさんあるぞ!w 今回の旅に関してはスペシャルアドバイザーとして「ナギさん・Pinさん」にもご協力頂きまして誠に有難う御座います。大変感謝致しております。

そしてオレはまた再び同じ地を旅行するのです!絶対に!


…殴り書きを最後にします。 
①大阪ではエスカレーター、止まる人は右に寄るのですね!ビックリした~ 
②ええと、串カツ屋さん3つ行ったのですが「ソースをかける」「ソースに浸す」の2種あったように思い ます、どっちが本場なのでしょうね 
③神戸、お洒落すぎませんか?w 素敵です。「カルメニ」でしたっけ、見つけられなかったんです~(><) 次は上の方にも行ってみたいですね~ 同じく「吉衛兵」ですか、見つけられなかった~



…お、そういえばまだメインがあったのです。誰かお気づきですか?(気付かねえよw) 次また観光に行くにもこれも夢としているのでねッ!以下折り返し~。


≫ Read More

| the other side | 14:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪神×日ハム 札幌ドーム2009.05.31

※はじめに
これは北海道で阪神ファンをしている立場での綴りです。北海道=日ハムファンというパラダイムは適用されません。日ハムファンの方の閲覧をお断りさせて頂きます。



ということで!今年も阪神戦を友人と共に観て参りました。仕事の関係で5/30(土)は行けませんでしたが、結果から追えばそれで良かったかなw 昨年の観戦時は確か勝ったはず。やはり観に行った試合は勝って欲しいですよね。

試合は延長12回の引き分け試合。14時プレイボールで終了は19時と、試合時間は5時間に及びました。不思議とですけど、全く退屈せず、しかも長いとも感じなかった。結構緊迫した試合だったので試合時間には意識がいかなかったのでしょうね。安打数でいけばハムの倍近くの数を打っていたのですが、ここぞという時のタイムリーが出ない、決定打に欠けた表現するならば今年の阪神らしい試合だったのかもしれません。

ドリームアーチ こんな言葉が良く似合う金本の同点弾。勝ち越しされ、阪神応援席からは覇気が落ちかけていた矢先に飛び出したドリームアーチ。阪神ファンの夢と歓喜の瞬間を乗せて、阪神ファンの待つライトスタンドへグングン吸い込まれてくるのですよ。沸く沸く。気持ち良い。

今回は引き分け試合であれど、色々な局面が用意され、また多数の選手が起用され、嬉しい限りでした。DH/桧山進次郎が一番嬉しかったんですけどね。私の観戦時に着るユニフォームはずっと桧山だから。まだまだ頑張って、輝く姿を魅せ続けて欲しいですね。
ゲーム後半の勝ち越しチャンスの場面、代打に清水でしたが、あそこで打てば満点。打たなくても笑って許せちゃう局面でしたね。葛城…っていう選択肢が頭をよぎったのですがw 私には分かりえない事情があったのでしょう。ああやってドンドンと若い選手の育成に努めてもらわなきゃ。真弓さんも、今シーズンはそう考えているようですしね。


0531.jpg
自分の指カブさってらw


ビジター応援指定席
が今年はありました。要するにどういうことか。最低限度のマナーも守れないホームファンの観戦者がビジターの外野応援席に入れない、という制度ですよ!つ ま り。毎年申し訳なさそうな顔も全くしないハムファンが阪神外野応援席に居ない(入れない)ってことですよ。ああ、実に気持ちが良い。本当、毎年あの神経どうなってんだ?って思ってたんで。今年は本当に良かったです。周りには阪神ファンだけ。気持ちよく応援ができるのです。これって当たり前ですよね。(本当はもっと言いたいところですが、気分を害されるといけないのでw)
観戦はやはり外野席。戦況にダイレクトで一喜一憂し、その感情の表現を皆と分かち合えるから。TVで観る野球観戦の良さもかなり占める割合は強いのですが、感情の表出に関してだけは圧倒的に球状で観るほうが上。もし経験ない方がいれば一度皆様贔屓の球団でそれをオススメしたいですね。今年は、広大や平野、狩野のヒッティングマーチだけ分からなかった(新しいから)のですが、やはりヒッティングマーチは新しい選手の予習していくべきですね。

応援に必要な物は揃ってるし、年々小物が増えていくのですが、今年は特に買うものもなく。兼務で大学院生も始めたのでペンケースなど購入してみたのですが…これで¥700-ですw 正直酷いw 100円均一で買えるレベルだっぜwww

pencase.jpg

| the other side | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

侍戦隊シンケンジャー考察

べ、別に最近ゲームしてなくてネタがないとかそんなんじゃないから…って訳でもありますw 「侍戦隊シンケンジャー」観てますか?ものっそい面白いです。ビックリするくらい。この衝撃はアバ・デカ・マジに匹敵する面白さかと。ボウケン・ゲキ・ゴーオンを途中で挫折し、「シンケンジャーはナシだろ」とか言ってた年末年始の自分に謝りたいと思います。ごめんなさい。

侍戦隊シンケンジャー侍戦隊シンケンジャー
(2009/03/18)
高取ヒデアキ(Project.R) サイキックラバー(Project.R)サイキックラバー(Project.R)

商品詳細を見る


勇気乱れ咲き
なんですよね、今回は。非常にバランスが良いと思います。子ども向けにより特化して創られているわけですが、そのキャラ特性がスベっていたり(子どもにウケようとするあまり)、教科書のような道徳・倫理観が泥臭すぎたりと、何か一個でも気になってしまうと続き観れなくなっていた、無駄に大人になった嫌な視聴者。逆にハマってしまえば結構深いという。否定的な観点を克服しているということは、逆説で返せば自分の中の肯定ラインをクリアしているとも言えるので、それが今年の侍戦隊シンケンジャーは自分の中の一定のラインを超えた(クリアした)と、そう思うのですね。

前半はギャグ・コメディー路線から後半にかかり戦闘を交えてシリアスな展開も混ぜ込む、というのがスーパー戦隊シリーズの定石路線ですが、見事にそれを踏み、付加要素あるいは構成に欠かせないキャストが定石を前提に置いたうえで彩りを加える良さ。各カラーごとにしっかりと役割を担ってそれを消化しているので、浮いた感や半端感がそこまで見えてこないです。

「爆竜戦隊アバレンジャー」「特捜戦隊デカレンジャー」「魔法戦隊マジレンジャー」を崇拝している自分に取ってはそれに近しい空気を感じて止みません。話数もいつもの流れで行けば20話近くからは何かしらの追加キャスト、そして変身時フォームの正統強化版が出るはず(余談ですがデカのSWATモードはカッコ良かった)。よく見てください?あんなにカッコ悪さが評判だった彼等がこんなにカッコよく見えているじゃないですか!これより更にカッコよく進化する訳ですね(これまた余談ですがマジの場合は逆に劣化してたw)。

…何?シンケンジャーがカッコ悪いとか言ってるのは誰だ?w


まあ。まだまだ評価を下しきるには早すぎる時期。ここまでシンケンジャーに浸かるとは自分でも予想していなかったためw これからの方向性に期待をかけざるを得ない、ということです。これはまた数ヶ月後に今回の考察を踏まえた評価を行い、また新たな知見を述べる必要がありそうですね(何?要らないだと?w)。まだアクションや敵、ロボなど語るべきところはあるでしょうし。



EDめっちゃイイよ。シンケンジャーだけに限定して言えばサイキックラバーを超えたかと。


| the other side | 22:02 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT