桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FF5(no,4)/FFの至高はSFC世代(再確認)

FINAL FANTASY5(ios版) クリアしましたー!オメガ・しんりゅう撃破まで含めて28時間くらいでした。面白かった!22年前の作品とは言えどもios版用に快適化されたシステムまわりで古さも感じさせず、苦に思うこともなく楽しめました。やはり名作は時代を超えますね。最後にFF5を遊んだのはもうだいぶ前になりますが、覚えている記憶と抜けている記憶の両者を補完しつつワクワク感をもって遊ぶことができました。

ギルガメッシュナイト
ギルガメッシュは皆好きですよねー。守ってくれてるのに「源氏の鎧」だけは忘れず盗むよ!

■スキマの有効活用
もとを辿れば年明けに遊んでいたシアトリズムFFの影響で懐古感が爆発したのをきっかけに遊び始めたFF5ですが、iphoneという一番身近にあるデバイスということもありあらゆるスキマの時間を活用して少しずつ進めていました。快適さに関しては今までの記事の通りではありますが、AUTO戦闘(戦闘速度2倍速)が非常にストレスの排除に役立っていました。

AUTO戦闘時は「たたかう」コマンドの一択のみではありますが、レベル上げ・ABP上げの際に重宝しますし、「逃げる」コマンド選択時にも倍速で逃げてくれるので余計な時間を苦に感じることがありませんでした。ただしAUTOなので相手を「たたかう」で殴りながらの「逃げる」なのでカウンター攻撃を持つ敵とはあまり相性良くないですけどねw チキンナイフを手に入れてからというもの、意識して逃げる回数も多くしていたので最後の次元の狭間にいるキングベヒーモスには相当フルボッコにされてきました(打撃にはクリティカルカウンターしてくるので)。

戦闘速度だけでなくシステムまわりもスキマ活用に優しい仕様になっています。自動の中断機能はどこでアプリを終了してもその直前からリスタートできるようになっていますし、短時間の終了⇒再起動程度ならそのプレイ途中からの再開になるのでいちいち中断終了を選択する必要もありません。ボスに全滅させられても直前のセーブポイントからのリスタートではなく、ボスと戦闘に入る直前から自動で中断したことにしてくれているので再戦が非常にスムーズ。実に素晴らしい、まさに現代仕様に適応した過去の名作でした。

グランドクロス

■決戦!ネオエクスデス!オメガ!しんりゅう!
ある程度のジョブ&アビリティ育成を済ませてからのラスボス戦だったのでそこまで苦戦を強いられることはありませんでした。一番やっかいだったのは状態異常の「グランドクロス」。ランダムで状態異常をかかるのは良いのですが、唯一「ゾンビ」状態になると立て直しが厄介でした。回復の手段がアイテムの「せいすい」のみでエスナやレイズ系の回復魔法の適応範囲外になります。

最初、せいすいを所持しない状態で挑んだのが仇となりゾンビ2名を有した状態で全滅。2戦目は同じくグランドクロスで混乱したクルル(連続魔・時空所持)がまさかのリターン暴発で戦闘開始に時間を戻され戦意喪失。全員にリボン装備させていたと思ってたんですけどねw 

ネオエクスデスより強いオメガ・しんりゅうに関してもそこまで苦戦することはありませんでした。オメガ魔法剣サンダガ・二刀流乱れ打ちをレナとファリスに担わせて2~3ターンで撃破。しんりゅうはやや運次第な面もありますが、レベル3フレアやミールストーム(全員瀕死)からの全体攻撃を回避できた3戦目くらいで撃破できました。一発殴られただけで5000くらいもっていかれるので回復を最低限にして火力をできるだけ叩き込むイメージで。

オメガしんりゅう
「りゅうのもんしょう」=しんりゅうを倒すともらえる、「オメガのくんしょう」=オメガを倒すともらえるアイテムですが…何に使うんだこれ?w

●レナ=チキンナイフ・エクスカリバー二刀流・乱れ打ち・魔法剣 担当
●ファリス=あめのむらくも・まさむね二刀流・乱れ打ち・魔法剣 担当
●バッツ=連続魔・白魔法 担当(回復専門)
●クルル=連続魔・時空魔法 担当(メテオ主体と連続魔の白魔法レベル3専門)

最終的なPT構成はボスによってアビリティと装備を少し変えるくらいですが役割は統一。すっぴん時に各ステータスの底上げになるモンク(HP・力)、シーフ(素早さ)、召喚士(MP・魔力)はマスターさせてあります。次元の狭間のラストフロアは雑魚戦でABP30前後もらえるので駆け込みのジョブ育成にはもってこいです。ただしEXPが一切入らないのでレベルは上がりませんけどね。

■FFの至高はSFC時代
世代の補正も存分に含まれているとは思いますがやはりFFは4.5.6のSFC世代が一番面白いと思います。今回それを再認識した気持ち。FF5はクリアしてしまいましたが、GBAリメイク以降にクリア後の追加された要素を少し触っておこうと思います。新しいジョブ、エクストラダンジョンがあるようでここまでの難易度よりも遥かに高いとのことですがせっかくなので記念に。

EDロール

それが終わったらFF6(ios版)を買ってプレイする予定です。同じ値段は1,800円と強気の殿様商売ではありますがその値段を出す価値は十分にあると思っています。先ほどの通りスキマの有効活用に加えてFF至高のSFC作品をいつでも遊べるという点においてはこの値段でも擁護できるかなー。

スポンサーサイト

| FINAL FANTASY5 | 09:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

>FFは4.5.6のSFC世代が一番面白いと思います
ハードで分けてるヤツは素人orゲハ信者
FFの絶頂期は5,6,7
1,2,3,4は今やるとかなりクソ。これなら7,10の方がマシ
SFCのFFが面白かったのではなく、その時の自分が楽しかっただけ

| アトミックレイ | 2014/03/22 13:36 | URL |

No title

>アトミックレイさん
そうなんですよねー。自分が楽しかったのは間違いないですし、だから”世代間の補正”って言ったつもりだったのですが、ちょっと表現が良くなかったかもですね。個人的に至高だと思うだけで。
散々書いてきましたが私は3~9までしかやってないですし(10は途中で止めてしまった)、素人みたいなものですw 
コメントありがとうございましたー。

| ミカサ | 2014/03/24 20:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikasa69.blog116.fc2.com/tb.php/815-5c65a282

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。