桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍維新(no.1)/かつて日本には、英雄がいた。

龍が如く 維新! はじめましたー。龍の番外編としては3作目(PSPの新章は除く)、時代劇モノとしては見参以来の2作目になりますねー。今回は2月22日に発売されたPS4版とのロンチでもありますが、私が購入したのはPS3版になります。基本、ナンバリングの龍が好きなので今回の維新に関しては過度な期待もせず遊べるかなっと思っています。

龍維新
安定の特典CDつき。まだ聴いてないですけど、収録曲を見る限りオッサンオールスターズはなさそうでガッカリ。

■試験石?
PS3が発売された時に初めて発売された龍は見参だったことを考えると、新世代のハードで出す最初のシリーズは番外編ということになってます。龍見参の後に発売された龍3も見参のシステム周りを流用する形で形成されていったので、今後のシリーズ展開には重要な位置付けにはなると思います。

逆にPS3で購入した側としては、PS3だけで6本目の発売になるので今までの集大成的な位置付けでなければ困るという考え方もできるのですが、PS4を購入していないのでどちらとも言えないんですよね。PS4に関しては本体の発売とのロンチなので牽引力も必要になってきますが、PS3の見参の頃と比べると本当に大きくなったタイトルだなーと思ってしまいますよね。

■現代龍と時代劇龍
同じように見えてもアクションの根幹の作りは同じでも細かいところは調整されています。時代劇龍が現代龍と同じように喧嘩流アクションを繰り出しても面白くないですし逆も然りですよね。殺陣アクションとしては見参の時のアクションがしっくりこなかったこともあって、やや心配もあるのも正直なところです。

少しだけプレイしてみて、ヒートアクションが見間違うことなく使いまわしだったのは予想の範疇で笑うしかありませんでしたw まだこれからアクションの型も増えますしこの先に期待です。そういう部分も含めて龍が如くっぽいと言えばっぽいんですけどね。

維新

日本史は好きな部類でしたけど、この辺の時代背景はそこまで詳しいわけではありません。史実とどこまで重ねたりするのかは分かりませんが、龍の特色の一つでもある人間ドラマに興味があります。そして遥とのアナザーライフを楽しみにプレイを開始しますー。そういえばプレイ開始してからのOPロールには遥の名前がなかったような気がします。本編と完全に区切ってしまうのかな?とりあえず出演はするということは確実なので一安心ですね。

スポンサーサイト

| 龍が如く 維新! | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikasa69.blog116.fc2.com/tb.php/808-2c06a34a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。