桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリオ&ルイージRPG4(no.3)/兄サンハボクガ助ケルンダ!

マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー (以下:マリルイ4)クリアしましたー。長かった!プレイ時間は52時間30分くらいでした。前作までは大体25時間あればクリアできていたので、およそ2倍。さらにやりこみも加えたらもっと…という携帯機では濃密な部類に入るのではないかと思うくらい。このシリーズもDSから3DSへプラットフォームを変更、グラッフィクも一新され…このシリーズ4作目、安定の良作でしたよ。

マリルイヒゲ氏

■美麗ドット&音楽
RPGに限らず、ゲームはゲームの本質が面白ければグラフィックや音楽はそこまで評価に大きく影響しないものと私は思うのですが、今回の4は非常にこの2点が良かった!3DSを舞台にしても緻密に作り込まれた美麗ドット。シリーズ特有の“あたたかさ”をそのままに、夢の世界までもを舞台にした幻想的なグラフィックまで。特に夢のムユーウッドでは一歩進むごとに咲く花の作り込みが綺麗で仕方なくて、無意味に何歩も歩いてしまいました。

音楽も今回はかなり良いです。同シリーズをずっと担当してきた下村さんによるものですが、一度聴いたら心を掴まれる…。クラブニンテンドーで「ルイージセレクションCD」が出ていましたが、その中にも数曲収録されています。これはクラブニンテンドーでサントラ来たら嬉しいですね!(てか“ゼルダの伝説 スカイウォードソード”のサントラもずっと待ってるの…)

■シンプルの中の奥深さ
これはシリーズ通してずっと言われていることですが、本当にシンプル。だけど本当に奥深い戦闘でよく作られています。ジャンプとハンマー、それぞれボタン一個で操作できるのに、敵の攻撃を読みきることで回避にもカウンターにも発展していきます。敵の攻撃も個体に対し数種準備されているので、突き詰めれば時間はかかりますがノーダメージ撃破もできるという敷居の幅広さに脱帽です。

“よく見ると分析できる”のに、それが視覚・タイミングなどのちょっとしたズレで揺さぶりをかけてくるので“分かっていても回避できない”ストレスのかけ方が素晴らしいです。実際にその分かっていても回避できないストレスがマッハになることもしばしばありましたよ。理不尽ではないので、そのストレスは怒りではなく自分自身の情けなさに繋がるので、悪いストレスではないのが不思議なところですよね。

今回は“エキスパートチャレンジ”が用意され、連続回避や敵個体ごとにノーダメージ撃破など数多くのチャレンジが用意されています。敵の攻撃の“いやらしさ”も後半に進むにつれて激化しますので一筋縄ではいきません。実際私もコンプリートを目指して頑張ってみましたが、終盤“ネオクッパ城”ではどうしても達成することができず、クリア時で90%強の達成率で終了しました。

ボス戦も油断してると全滅させられる程度の難易度はあるかと思います。決して低くない。一つのミスで波状的に連鎖ダメージを食うことも多いので、緊張します。手に汗をかきます…。実際ラスボスのクッパは苦戦しました(このシリーズボスはクッパなので伏せ字なし)。

クッパへ一定のダメージを与えると回復モードに入るのですが、その間に出してくるクッパ軍団(雑魚の群れ)がもう…。マリオとルイージ(画面上では上下)でそれぞれ別のしかも混合攻撃で視覚的にもタイミング的にも集大成的に揺さぶりをかけてくるので、もう…。しかもクッパ軍団を一掃しなければクッパ自身はターン毎にずっと回復し続けるという罠。ルイージの高火力“スナイプパチンコ”(ブラザーアタック)がなければ長期化して辛かっただろうなーと。思い返すと辛いですw

ドリームコイン

■ジャイロ強要の悪い癖
特に任天堂ブランドに多いことですが、今作の中にはジャイロを強要されるシーンが幾つか準備されています。それはブラザーアタック(必殺技)であったり、巨大化ボス戦などの緊迫したシーンに用いられるので、思うように動いてくれないジャイロはストレスの元になります。3DSLLごと放り投げてやろうかと思うくらい嫌になったこともありましたけど、それも良い思い出ですねえ。

タッチペン操作の感度は前作までのDSシリーズよりも良くなっていると思うのでそこは許容としますが、ジャイロはダメですよ。せめてスティック操作との切り替えができるくらいにしないと。せっかく素晴らしい作品になっているのに、このジャイロだけで多少の評価ダウンになることは否めません。

■ルイージの扱い方
ルイージイヤーに相応しい“成分”はたっぷりです。彼がいなければマクラノ島を救うことはできなかった。夢の世界で無数のユメルイージを使役したり、現実世界のルイージのヒゲを引っ張りまわしたり、鼻をつまんで回転させたり…でも違うんです。ルイージ大好きな人からみたら、この扱いではなくて彼の良さは「ひでぇwww」ってなるほどイジられたり空気扱いされる方が輝くと思うのです。そういった点では4ではそこが弱かったと思います。

マリルイ巨大化

“兄サンハボクガ助ケルンダ…!” ルイージの夢の中はマリオに対する深い愛情でいっぱい。ヒゲ面のオッサンたちが気持ち悪いわーって思う人も中にはいるでしょうけど、やっぱこの兄弟の仲の良さは微笑ましいですよ。何回か言ってますけど本当に“あたたかい”。2Dのマリオだとテキスト(文章)表現等による関係性を見ることはできないので、色んな派生シリーズが登場人物のパーソナリティ形成に結びついていきますね。このシリーズの良いところ“あたたかさ”を大切に今後の作品に繋がっていって欲しいと思います。

総じて、良い作品であったと私は思います。もっと売上に反映しても良いと思いますが、発売時期も多少悪かったですかねw ちょっと今年の3DSは大作が多すぎる…

スポンサーサイト

| マリオ&ルイージRPG4 | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikasa69.blog116.fc2.com/tb.php/784-eaa200e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。