桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

THE PREDATORS:牙をみせろ

「ポップなニルヴァーナ」を軸にされたスペシャルバンドといいますか。THE PREDATORSはご存知ピロウズさわお氏とテナーのナカヤマ氏、んでGLAYのJIRO氏による。

前作「Hunting!!!!」は2005年の出来事。RSR05では初日のEARTH TENTでライブを観ました。この時はHunting!!!!を聴き込んでからだったのと夏フェスの会場らしくロック好きの客層で構成されていたのですごい良かったことを覚えています。

そして今回の「牙をみせろ」でZEPPのツアーが始まるそうですね。思い起こすのはRSR05で観たあの楽しかったライブ。行きたいと思って、思い詰めたあまりにチケット取っちゃったw

このチケットを取ったことで幾つかの葛藤に悩まされ始めています…問題は、そう客層。楽しければそれで問題ないんですがね。もし、もしですよ?彼らの音楽じゃなくてアイドル性でライブを観に来ているのは辛い…。特にJIRO氏w 実はRSR05の会場には明らかに、毛色の違う層がいらっしゃいました…

ハァ?うちわだと?

ハァ?特攻服だと?
(しかも背中にJIROと書いてあった)

そんなのロックの会場じゃねえw 今回に当てはめて、純粋にロックを観にきている客層彼ら(音楽性・アイドル性など含む)を観に来ている客層と。今回のZEPPでのツアーは勿論後者、ここまでは良い。しかし、アイドル性目当てばかりの客層だったとしたらどうだろう。オレニハムリダヨ…orz 女性が多いであろうことは仕方なしとしてもね。音楽に乗り切れないのは勿体無い、せっかくカッコイイ音楽なのに…

いつもと同じ光景、モッシュやダイブなんかも垣間見える熱いライブだったら良いなあ…

あとZEPPはデカいよ…ここ数年は100人以下のライブハウスでライブを観ることが多かっただけに少し腰が引けるね。昔はそれこそ良くZEPPも行ってたんだけど。こないだのlocofrankの300人強でもデカくてビビッてたのにねw 整理番号が1500くらいで、それ見た瞬間に逃げ腰になりましたw

良いライブになりますように…



さて、話を「牙をみせろ」に戻します。先に言っておこうかと思うんですが、私は前作の方が好みではあります。アルバム自体悪くはないんですが。完全に好みの問題でしょうね。


先ず、「C.R.S」www 誰がどう聞いても「smells like teen spirit」 だろwww ここまではっきりと作ってあるともうパクリとかの次元じゃないよねw 分かっててこういう作りにしてるだろwww これはPREDATORSだから許されるような…例えば完全オリジナルだぜ!って出されても誰も納得しないだろうし、ニルヴァーナを好きだと公言している人間が遊びの延長線(本業バンドとは別にやっている)で演るから、ネタとしても許される感じなんでしょ。




では比較をどうぞw

(THE PREDATORS - C.R.S)


(nirvana - smells like teen spirit)


どうですか?w 最初聴いたとき、これこそまさに吹きだすかと思ったですwww




おまけ。THE PREDATORS - LIVE DRIVE



ピロウズ・テナーは良いとして、JIRO氏もこういうのが好きなら…とは思いますねw こういう音楽良く似合うと思うんだけどなwww (これ以上は何も言わないでおきます)


スポンサーサイト

| 【music:DISC】 | 17:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。

今回のZeppツアーに遊びに行く予定ですが、日増しに不安な気持ちでいっぱいになっています。

こちらのブログには『THE PREDATORS JIROファン 嫌』の検索で巡ってきました。

私はJIROファンなのです。

もちろん、さわおさん、シンペイさんのファンでもあります。(テナーのLIVEは未経験ですが、the pillowsは毎ツアー遊びに行っています。)

そしてTHE PREDATORSの楽曲や、バンドを楽しんでいる雰囲気が大好きです。

THE PREDATORSのLIVEをとても楽しみにしていますが、色々な場所でJIROファンが嫌がられている様子を目にし、とても落ち込んでいます。

音楽ファン、ROCKファンのみなさんからの、JIROやGLAYのイメージがどのようなものかは、日頃痛感しています。
そして、そのファン達のイメージも。

もうこれは変えることが出来ない。

ただ、THE PREDATORSの活動を通じて、もしかしたら本当の姿を分かってもらえるかもしれません。
JIROは、さわおさん、シンペイさんと何ら変わらない、同じROCK好きの人間です。
そしてファン。
これはもう、一人一人の意志に任せるしかないのですが、『JIROファン=駄目な人達』に全てがならないようにしていきたいですね。

目を覆いたくなったり、気分を害させてしまうかもしれませんが、広い心で見守ってください。
とても難しいことと思いますが、お願いします。

全ては経験です。

ライブハウス経験が全く無い人の方が多いし、普段のLIVEではキャーキャー叫ぶのが当たり前なんです。

嫌がられるJIROファン達も、THE PREDATORSを通して成長できたらと思います。

長くなってしまい、ごめんなさい。
気持ちを吐き出す場所がなくて、書き込ませていただきました。

嬉しいコメントじゃなくて申し訳ないです。

こういったところも駄目なところなんだろうなぁ…(;_;)


| T | 2008/10/19 23:17 | URL |

Tさんへ

先に言わせて頂きます。

逆に私も配慮に欠けていた部分があったことをこの場にて謝罪させて頂きます。ごめんなさい。

確かに、書いたことは本音ではあります。但し主観は人それぞれであって、それは人ぞれぞれで尊重しなければならないんですよね。

だからこそ、アイドル的な目でロックを見てしまうことに関しては抵抗が私にはあるとしてもそこは干渉し過ぎないべきであったんだと思います。

確かにGLAYという枠で見てしまうと世間の目はピロウズやテナーとはイコールにはなりませんよね。

でも、私はJIRO氏に関してはそう思っていません。昔、流行曲の流れでGLAYを聴いた時にJIRO氏が作った曲はやはり雰囲気が違うと思っていましたし、それは2005のプレデターズで確信している部分です。JIRO氏の在り方云々の前に、そのファンの二極化がきっと問題にされているのかも、と今回感じています。

変な話、Tさんのようなファンの方ばかりであればこうはならないんでしょうが、世間一般の流れ、客観性だけでみてしまうと「アイドル的」な見方をする数の方が多い現状は今は変えられません。

ロックを演っている以上は「アイドル」であって欲しくないと思いますが、これもおっしゃる通り経験なのかもしれません。これに限らず、他にもたくさんのアイドルバンドが居ますからね…。


だけど、JIROファンの方に対して言った言葉ではなく、あくまでもロックのアイドル化は理解できない、といった自己主張であったことだけ理解して頂ければと思います。


色々と考える機会になり、このコメントを頂いて良かったと思いました。有難う御座いました。

Tさんは何処のZEPPに行くのかな?またライブの感想をのせようと思ってます。良ければまたいらしてください。


かなりまとまりのない文章になってしまいました。申し訳ないです。

| ミカサ | 2008/10/22 01:03 | URL |

ミカサさん、こちらこそ申し訳ないです。
私のコメントに対し、真剣に、そして丁寧に答えてくださりありがとうございました。

コメントを書いた後、ご迷惑おかけしてしまったなと少しドキドキしていましたが、『考える機会になった』と優しい言葉で答えてくださりホッとしました。
本当にありがとうございます。

ロックのアイドル化。

これについて私も深く考える機会となりました。

姿を観に行くという感覚だけではなく、まさに音を楽しみにライブへ行く。

その雰囲気、空間を楽しむ。

でも熱いパワーを持って、全力でバンドやアーティストに応える。

手を振るのではなく、拳をあげて!

大切なのは、心に少し余裕を持つことなのでしょうか。

色々な部分で変に必死すぎてしまうことが、悪い方向へ進む一つの原因なのかもしれません。

今回ミカサさんのコメントを読み、不安でいた気持ちが和らいでまいりました。

本当にありがとうございました。

私は初日の仙台に行きます。
ライブはもちろん、密かに牛タンを食べることも楽しみにしています(^ω^)♪

ミカサさんのライブの感想、楽しみにお待ちしております。

また遊びに来ます。

ありがとうございました!

| T | 2008/10/23 09:01 | URL |

>Tさん

いやいや、感謝されることは何も言ってないですよ…私もTさんには謝罪と感謝と両方述べたいと思います。

むしろ私も偏見とか先入観をベースに綴ってしまった訳ですから…

でも確かに、本当に考える機会にはなりました。確かにロックのアイドル化は、って話になりましたけど、商業的にそれをやっている「ロック」を語るアイドルバンドも沢山在りますしね。

ここではプレデタとかJIRO氏とかの話ではなくてね。変な話、Tさんみたいなファンの方はきっと、少数派なのかもしれないですが(多数になれば良いと思うんですけどねえ)、全体を通してそのバンドのファンであるならば違う側面から観ている人が居ることも受容しなければいけないんでしょうね。だから私も心が狭いんでしょう…


>大切なのは、心に少し余裕を持つことなのでしょうか。
>色々な部分で変に必死すぎてしまうことが、悪い方向へ進む一つの原因なのかもしれません。

これは私にも当てはまります。似て非なるなのかもしれないですけど、何か似てたんですかねw


おお、仙台ですか。私は札幌参戦の予定です。牛タン食べたいぃ~ですねw お腹減ってきた。。。

ここでお話したことを心に持ってライブを楽しんできたいと思います。
お互い、良いライブでした!って言えるといいですね(^^)

| ミカサ | 2008/10/24 23:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikasa69.blog116.fc2.com/tb.php/232-a2d6ddde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。