桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週刊サンデーに漫画家続々苦言

-週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか-

この一件に関して。知ってましたよ、雷句氏の一件は。

なんだか暗い気持ちになる話題ですよね…

各所で話題となり小学館批判論の方が多い反面、雷句氏批判の意見も出ているようです

新條氏や橋口氏のところまで触れてしまうと収集つかなくなってしまいそうなので

敢えて触れないこととしますが。


色々な意見が飛び交っている様をネット上で見ているなかで、

全てが事実・真実に基づいている話じゃないのは分かっているのを前提に置いた上で、どちら側(小学館×雷句氏)擁護の意見にしても言い分は分かるんですよね。個人的にはどっち側って訳ではないですけど、正直どっちも悪い部分はありますよね?実名で上がった編集者然り、杜撰な管理体制のあった出版社然り、そして雷句氏然り。沢山の人が社会に属する中で、不平不満はもちろんありますよ、そりゃ私だって。だけど自分にだって非が全くないとは言い切れないですよね。自分は悪くないと思ってても第3者の評価なんてその人その人によって違う訳ですから。…お互い冷静を装う中で、矛先に対する主観が先行してしまうケースって多くないですか?後になって冷静になってみれば「ああ、自分も悪かったよな」とか「感情が前に出すぎて誇張表現してしまったな」とかとか。喧嘩ひとつにしたって根本はそこにある気がするし。ただ、当事者同士の問題はやはり当事者にしかわからないものですから、形はなんであれ(それが裁判であっても)双方が遺憾残すことなく互いに納得できるように、その過程は逃げず背かず、正面を向いて戦って欲しいな、と。

とても第3者的な意見になってしまいましたけどw

大事なことを忘れてた。私は少年サンデー大好きですということですね。

年齢的なことは置いといてwサンデーが好きになったのは「らんま1/2」「YAIBA」がきっかけでした。

そっから結構ずっとサンデー最高!とか思ってます。

<敬称略・順不同>
あだち・高橋留・西森・満田・椎名・青山・藤田和 あたりのガチや
久米田・曽田・村枝 とか小学館を離れてしまった人たちや
モリタイシ・万乗・皆川 とか
田中モ・畑・若木・田辺 など比較的新しい人たちとか

※個人的に好きな先生方です、すいません。


結構自分の今まで経過のなかで常にサンデーの漫画は傍にあったんですね。今でも。

サンデーだけじゃなくて勿論他の出版社のものも好きですが。

もううまくまとまらなくなってきたw

いくら部数が落ちたり、評判が良くなくっても、今はまだまだサンデー好きでいる自信はあるので

どうか、お願いします。もう、色んな意味でw



スポンサーサイト

| the other side | 21:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マンガはそれほど読みませんが・・・。
一般的な意見ですが・・・。

ファンのためにも、双方歩み寄って速やかに和解するのが一番だと思います。

| みのるyyc | 2008/06/15 06:48 | URL |

いやいや、一番真っ当な意見だと思いますよ?我が強かったり変に誇示するからこういうことになってしまうんだと思うんですよね…。

大人な和解を望みたいところです。お互いの為にも、ファンのためにも。

| ミカサ | 2008/06/15 14:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mikasa69.blog116.fc2.com/tb.php/168-2138f920

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。