桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2016 発表!

ご無沙汰しております。ここまで足を運んでくださっている方もいらっしゃるようで、頭が下がるばかりです。ゲームアワードの季節になりました(すでに当日)ので、こればかりは止めるわけにいかないとやって参りました。

ゲームアワード2016 です!ノミネート基準は「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」です。ノミネート一覧は今年は限りなく少なく、13作品となります。発表後には皆さんのところへ年末年始のご挨拶含めお伺いしたいと思っております。

●今年2016年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●新作旧作は問いません
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート
●「マルチメディア賞」としてゲーム以外の何かあればご自由に
●ブログにかぎらずTwitter投稿でもOK!

ランキングに行く前に今年のノミネート作品13作品を下記に記載しておきます。今年数が少ないのは、子どもの影響が大きいですね。何といっても夜の寝かしつけから一緒に寝てしまう規則正しすぎる生活リズムのせいでしょうか…遅くても22時就寝、ということが年の大半を占めていたような気がします…。

01:聖剣伝説(Vita)
02:サクラ大戦Ⅴ EPISODE 0~荒野のサムライ娘~(PS2)
03:Fallout4(XBOX ONE)
04:ソニックカラーズ(DS)
05:ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり(PS4)
06:お姉チャンバラZ2~カオス~(PS4)
07:サクラ大戦 空駆ける乙女:グランブルーファンタジーコラボ(ios)
08:サクラ大戦 桜花絢爛!絆の乙女たち:チェインクロニクルコラボ(ios)
09:龍が如く極(PS4)
10:RISE OF THE TOMB RAIDER(XBOX ONE)
11:GEARS OF WAR4(XBOX ONE:北米版)
12:ダウンタウン熱血物語SP(3DS)
13:クリスマスナイツ(SS)

※うち「龍が如く極(PS4)」に関しては龍が如く(PS2)をプレイ済のため対象外とします

それでは早速いきましょうか!
LET'S ROCK!!

第10位:サクラ大戦Ⅴ EPISODE 0~荒野のサムライ娘~(PS2)
ご存じサクラ大戦Ⅴの前日譚をアクションゲームにした今作。実は発売時にプレイしていたのですがアクションのクオリティの低さに止めていたのですが、時を経て真宮寺さくらがプレイアブルで使えることを知り再プレイ。アクションゲームに落とし込むための素材は悪くないだけに面白い部分もあるのですが、単体としてみると厳しい。でもさくら嬢のおかげで結果楽しむことができました。

第9位:クリスマスナイツ(SS)
12月に入ってからクリスマスに標準を合わせてプレイ。実はナイツもやったことはあれどクリアしたことがなく、クリスマスナイツが先になるという展開。ステージはスプリングバレーのみでありながら何回も遊びました、見事にクリスマス一色にした世界は素敵でどこか幻想的。浮遊感も気持ちが良い。ナイツの持っている爽快感にクリスマスの雰囲気を見事に落とし込んだクリスマスプレゼント、お見事でした。

第8位:ソニックカラーズ(DS)
ソニック25thに合わせて積んでいるソニックソフトの中からチョイス。Wiiのソニックカラーズはプレイ済ですが、同発のDS版は今年がはじめて。2Dソニックとして面白さはもはや安定の一言でカラーパワーの使用も含めてコースを知り始めてからの爽快感が圧倒的でした。何度も何度も同じコースを走りたくなる作り、そして指に馴染み始めるスキルの向上。流石です。

第7位:ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり(PS4)
ドラクエヒーローズ2作目。1作目からの開発期間が短くそこまで期待もせずにいたためVita版を購入しましたが、画面の小ささがストレスになったのを引き金に衝動的にPS4本体と同時購入。本命の龍が如く6が同年発売だったので早いか遅いかの問題だったんですけどね。1からの水増しではなくフィールド構成含めて丁寧に作ってあるのが好印象でした。ただ歴代の主人公たちが使えるようになるドラクエヒーローズを私は待っている…

第6位:ダウンタウン熱血物語SP(3DS)
延期を繰り返しながらようやく発売された熱血物語のリメイク。GBAのEXのような良質リメイクであればランキング対象外だったのですが、今回は新作と呼ぶに違わない作品に。FC時代からの素材を活かしながら、必殺技追加、育成要素、イベント分岐など多数の要素を加え、楽しめる作品になっています。FC作品への愛情を深く感じられる作り方も往年のファンを裏切らないようになっていて素敵。幾つかの不満点を払拭するだけの好印象さがあります。オススメ!

第5位:サクラ大戦 空駆ける乙女:グランブルーファンタジーコラボ(ios)
さくら1
サクラ大戦20thを祝うに相応しく、コラボ作品でありながら多くのサクラ大戦ファンを満足させたであろうグラブルの心意気に脱帽です。チェンクロと異なり帝都メンバーではなく、帝都・巴里・紐育のヒロインを抜擢。新録ボイスも追加され、当時を振り返るべくエピソードも盛り込まれている。「ソシャゲ」に括られる課金すると優位になるシステムがどうも相性が悪い私ですが、3大ヒロインを仲間にすべく何度も何度も何度も戦い続けたあの時間は素敵な思い出となりました。戦闘も古き良きターン制RPGを彷彿とさせ楽しかったです。サクラ大戦20thおめでとうございます!!!

第4位:RISE OF THE TOMB RAIDER(XBOX ONE)
2997399-rise-tomb-raider-ps4.jpg
一年間の時限独占があった今作。PS4での発売前後にクリアしたXB1ユーザーとしての変なこだわりが出た作品。前作もXB1でプレイしましたが発売自体は前世代のものだったことを考えれば現世代機としては初のTOMB RAIDER。画面の美しさはさることながら、ムービーシーンでの表情の機微な動きは人間のそれだったなと感動しました。安定のTPS要素に加え、派手なアクションや程よい難易度のパズル要素も良いバランスで調和が取れ、作品自体が完成度の高いものだったと思います。

第3位:Fallout4(XBOX ONE)
fallout4-t1.jpg
はじめてのFalloutシリーズプレイでした。オープンワールドを無条件で褒めちぎるわけではないですが、核により荒廃した大地とそこに生きる人々と触れ合い、巻き込まれていく様は体験していて惹かれるものがありました。拾ったガラクタを有効活用してのクリエイティブな要素も面白かった。凝り性ではないのですごいものは作れませんでしたが、自分の生活空間を好きなように組み上げていく様は妙な没入感もあり、ガラクタを並べては悦に浸ることができました。

第2位:GEARS OF WAR4(XBOX ONE:北米版)
GEARS4.jpg
待望のギアーズ最新作。国内での発売が中止されたものの北米版で日本語字幕を導入。簡素な字幕だけでも感動できたと思いますが、やってくれた仕事は国内版と違わぬ丁寧なローカイライズと一緒。正直感動しました。世代はマーカスの子へ受け継がれ、新しい戦争の始まりに。シナリオに不満のある声も聞きますが、物語の後半から怒涛の盛り上がりを見せており個人的にはたまらない展開となりました。唯一悔やまれるのは本当に愛されたあの日本語吹き替えがないことだけ。次回作も楽しみです!

第1位:お姉チャンバラZ2~カオス~(PS4)
姉チャンZ2
面白かった、ただ面白かった。全難易度クリア済。XB360のvolteXが個人的には傑作でしたが、それ以降はいまいちハマりきることができず迎えたZシリーズの続編。主人公枠に彩と咲を戻したのが非常に大きい。彩の一刀COOLがvolteXから馴染んでいる点もあり、感覚が戻ってきた頃からCOOL全段が安定して出せるようになって来た時に感じる恍惚感。これがすごい。他のキャラクターとの切り替えもスムーズで状況に合わせたキャラ使用ができるのも良かった。音楽は安定して良く、それ以外は褒めるところがあまりないタムソフト開発のいつもの仕事ながら、恍惚感を感じさせることにズバ抜けて特化している、それが勝利の証。

===

はい。ということで2016年のゲームアワードでした。ランキング予想されていた龍が如く6やポケモンサン/ムーンはクリアならず現在も進行中です。更に2017年にかけて大作が控えている現状ながら、前述の通りとにかく子育てに割かれる時間が多くゲームをする時間が減っているのが難点。いかにゲームする時間を切り開いていくかが課題です。

ブログの更新も止まったままになっていますが、プレイしたソフトをその感情が熱いうちに残せる場というのは振り返りにも必要です。1年間にプレイしたソフトを思い出す、どんな感想・感情を持っていたかを思い出すためにも。なので2017年こそは何とか記憶を記録するというためにも何とかしたいなと思う次第です。

ということではじまりました2017年。昨年一年間お世話になった皆様方、このブログを読んでくださっている皆様方、本当に有難う御座いました。また今年も良い年となりますように。では!明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致しますー!!


スポンサーサイト

| ゲームアワード2016 | 22:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。