桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2012 発表!

さて今年も ゲームアワード2012 のお時間がやって参りました!今年一年を締めくくる総括です。ノミネート基準は「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」です。以下ルール説明は主催者転載です。

●11年の12月から12年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート

毎年ここまでなのですが!!!
今年は少し違うジャンルで「これにハマッた!!!」みたいなものがあれば

●マルチメディア賞
として何かあれば数年後に読み返した時に感慨深いものがあると思うので
是非上げてみて下さい(*^^*)映画でも漫画でも好きになった食べ物でも。
なければ書かなくてOK。

ルールはざっくり決めているだけなので、1年で遊んだゲームを振り返ったような記事でしたら、どんな形式でもかまいません♪なので、今年は1・2本しかゲーム遊んでないよーという方でも、お気軽にご参加くださいませー。
最後に開催期間は・・・

除 夜 の 鐘 が 鳴 り 終 わ る ま で
です!みなさんのご参加お待ちしておりますm(_ _)m

0.ナギさん(我らのゲームアワード創立者、いつでも待ってますよ)
1.直さん(我らのゲームアワード創立者2人目。今年は忙しいらしい)
2.にゃんちゃんさん(今年の管理人さん)
3.Pinさん
4.無月さん
5.MATさん
6.私(ミカサ)
7.いっしんさん
8.ゼロスさん
9.にゃおさん
10.midoriさん
11.リードマンさん
※参加コメント順です

以上がアワード開催についてになります。飛込みでの参加も可能だと思うので「やっぱ参加したい!」という方がいらっしゃいましたら表明をお願いします。除夜の鐘が鳴り終わるまでは大丈夫です。さあ、見ていないで是非是非!

今年は時間がなくてノミネート記事を作っていないのでここでまとめてノミネート作品一覧を。今年は少なく累計20本(購入本数はもっと多い)になります。以下参照をー。

01:星のカービィ 鏡の大迷宮(GBAアンバサダー)
02:お姉チャンバラZ~カグラ~(XBOX360)
03:マリオカート7(3DS)
04:AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら(PSP)
05:幻想水滸伝 紡がれし百年の時(PSP)
06:バイナリードメイン(XBOX360・PS3)
07:けいおん!放課後ライブ!!(PSP)
08:リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産(3DS)
09:オトメディウスG!(XBOX360)
10:俺の嫁~あなただけの嫁~(XBOX360)
11:GRAVITY DAZE 重力的眩暈:
上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(PSVita)
12:ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
13:LOLLIPOP CHAINSAW(XBOX360)
14:太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ(3DS)
15:ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族(Wii)
16:閃乱カグラBurst 紅蓮の少女達(3DS)
17:PROJECT X ZONE(3DS)
18:ペルソナ4 ザ ゴールデン(PSVita)
19:NEW SUPER Mario Bros.2(3DS)
20:りき伝説(3DSダウンロード)


ではッ!早速参りましょうゲームアワード2012です! LET'S ROCK!!

第10位:「LOLLIPOP CHAINSAW」(XBOX360)
アクションの骨格というよりかはコンセプトの完成度の高さが良いですね。ノーモアの延長線上にあって武器として押し出された珠玉のB級感が好きな人には文句なしの評価があるはずですよ!今年としては逆に稀少になったZ指定のゲーム。来年は今まで通りたくさんプレイしたいです…

第9位:「GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」(PSVita)
Vita初めてのプレイソフト。ファーストの本気をここで出さなければどこで出すのかと言わんばかりに、意欲に溢れる作品。重力を操る・空に落ちる、日常にあって然るべきものが少しの発想の転換によってアイデアになるんだなーと。Vitaを牽引するタイトルとして今後も頑張って欲しい作品です。

第8位:「りき伝説」(3DSダウンロード)
まさかの滑り込みランクイン。800円という安価によるボリューム不足も、くにおアクションの純粋な楽しさで何度でも遊べてしまう実力。今後のブランドの展開が非常に楽しみな1本になりました。この出来で作れるならフルプライスで新作を作ってくれても良い、買います。熱血物語か時代劇の新作とかすっごいやりたい!合言葉は「なめんなよ」

第7位:「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族」(Wii)
プレイ時間だけでいけば最長の350時間。忙しい中時間を縫ってプレイ時間を作りました。ラスボスを倒すという終着点でやめておけばもう少し上に行けたかも。コア層との埋められない差に絶望しなければーあばばばば。時間は有限なのです…ドラクエの名前を冠するには当然値します、ドラクエらしさは随所にありますよ。ドラクエは10だけ認めないという声を私は認めるわけにはいかない。

第6位:「バイナリードメイン」(XBOX360・PS3)
おなじみ龍が如くスタジオ制作の和製TPSです。爆死上等必至でしたが私は好きです。最初にPS3でプレイしましたが思いの他面白くてXBOX360版を買い直し。ベーシックなTPSというのが評価ポイントで、ゲームジャンルとしての素材をそのまま楽しめる、基本に忠実ってのは個人的に評価が高いものです。龍が如くスタジオならではの、ヒューマンドラマにも力が入っているのは日本人としては楽しめるもの。確実に有り得ないと思いますが続編が出るのなら私は買います。

第5位:「PROJECT X ZONE」(3DS)
個人的には色んな補正を有してのランクインです。苦手ジャンルとしてきたSRPGを積まずに最後まで楽しみながらクリアしたこと、史上最高に愛したサクラ大戦のフィーチャーがされていること。これだけでも十分ですが、他にも様々な作品に対する愛があって、原作準拠のモーションや綺麗なドット絵、カットインなど作品をたくさん知っていればいるほど楽しめた良い作品だったと思います。もう少し起伏があれば、もっと上に行けたと思われる作品です。

第4位:「けいおん!放課後ライブ!!」(PSP)
ふいに沸いて出たけいおんブーム。全体的に荒削り感は否めないながらも、リード・リズムギター、ベース、ドラム、キーボードそれぞれの楽器が音色という形で前面に出せるので、使用キャラによって一つの楽曲が5回楽しめるのが非常に高評価です。耳に入るだけの音楽を楽しむのではなく、それぞれの楽器がどんな構成・進行で作られているのかが分かる良さ。今またプレイをしているのですが、ふと何度でもやりたくなるゲームは面白い証拠ですよね。澪は俺の嫁、可愛すぎる…

第3位:「星のカービィ 鏡の大迷宮」(GBA:3DSアンバサダー)
GBAの星のカービィが3位にランクインです。3DSアンバサダーとして貰ったソフトなのにこんなに面白いゲームがあるとは思わなかったです。カービィとしては独特の、マップ探索型アクション。カービィのコピー能力を駆使してマップを踏破していく面白さや子ども泣かせの中等度以上の難易度。カービィの新しい遊び方はここに在ったはずなのに…マップ探索型カービィはこれ以後発売されていません。同じシリーズのゲームながら、脱帽するほど面白いと思えた貴重な作品でした。

第2位:「ペルソナ4 ザ ゴールデン」(PSVita)
DSC_0609.jpg
これを遊びたいがために購入したPSVitaです。PS2のペルソナ4はノーマルエンドまでクリアして終わりにしていましたが、完全版になったP4Gで真エンドまで達成です。ただのリメイクという枠を完全に超えて新作と呼んでも遜色のないくらい、生まれ変わった作品でした。物語を締めくくるに相応しいほど説得力を持った追加要素とボリュームもさることながら、彼らの学園生活は一生心に残るほど輝かしいものでした!名作RPG。

第1位:「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」(Wii)
リンク6-2
25周年を迎えたゼルダの伝説、私のゼルダ歴も20年を超えたこの今!ゼルダの最高傑作が生まれました…時間軸上では全てのゼルダの原点に位置するストーリーでありながら、ゼルダ特有の謎解きアクションはここで現時点での集大成を迎えました。感動と興奮を抑え切れなかった「風の塔」は脳汁出るほど面白く、よりヒューマニズムを演出したリンクとゼルダの活き活きとした表情、今までの良いところを全て盛り込んでかつ昇華させるだけの濃厚さ。非の打ち所がないのです…神々のトライフォースや時のオカリナはゼルダの中でも最高傑作と名高い声が多いですが、個人的にはこのスカイウォードソードが神格化に値するだけの素晴らしいゲーム。Wiiという新しい遊びを提供したデバイスすら完全に活かしきることでプレイヤーとゲームの没入感を高めるなど、ハード性能とゲームの面白さが一緒になった非常に稀な奇跡のゲームです。スカイウォードソードなくしてゼルダを語るなかれ…

以上!ゲームアワード2012の発表でした。2位と3位の差が恐ろしいほど開いているだけTOP2が強すぎた今年ですが…見返してみると洋ゲーを1本もプレイしてないですねw ここ近年では非常に珍しい年になりました。ドラクエに時間を取られすぎたなーやっぱ。来年は、きっと。

ラズベリー賞ですが…今年は該当作品なしですかね。うーん。強いて言うなら「AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら」くらいですかw 前作からスチールが2人1組になったものが増えたくらいで何も変わってなかったような…前田敦子が卒業した今、私は未練が何も残っていないほど綺麗に冷めましたよw

37ee1017_1294045106970.jpg

そして新設のマルチメディア賞です!「とらドラ!」「けいおん!」ですかねw 普段アニメを観なかった私が今年は何かに取り付かれたようにアニメを観た時期がありました(春)。ですが長続きもせず、結局心に残ったのはその2つだけ。えー何かおススメがあったら教えてくださいw

ということで2012年も間もなく終わりを迎えようとしています。今年一年間お世話になった皆様方、このブログを読んでくださっている皆様方、本当に有難う御座いました。また来年も良い年となりますように。では!良いお年をー!次は年始のご挨拶でお会いしましょうー!

スポンサーサイト

| ゲームアワード2012 | 17:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りき伝説

りき伝説 やってましたー!3DSで12月21日から配信されていたくにおシリーズのスピンオフ、花園高校のりきが主人公のゲームです。値段は800円、ボリューム的には1周3時間程度で終わる短いもので、一応2周クリアしたので簡単なレビューをします。

りき伝説

■くにおくん世代集まれ!
私は紛れもない「くにお世代」で、幼少期からのゲームライフを語る上でくにおを外すことはできません。そういう方も非常に多いと思います。SFC以降のブランド終息後(挽歌は名作だった)、ここ近年でDSでリメイクされることが多かったシリーズですが、いずれもオリジナルの輝かしい思い出が汚れていく駄リメイクで、もうくにおは完全に終わったと思っていました。

りき伝説の情報とスクリーンショットを見たとき、目に飛び込んできたのはドット絵と当時の等身のままの立ち姿…800円という値段もリーズナブルだったのでDL。見事に当たりでした!昨年に3DSで発売された「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」から原点回帰の系譜を辿っていたようで、スルーしてしまったことを後悔しながらりき伝説をプレイ。実に素晴らしい、というかゲームをしていて嬉しいという感情が起こるのって良いことですね。面白かったです!

■おもひでぽろぽろ
当時のままのアクションに幾つかの新しいモーションを加えた正統進化系。敵を殴ってはお金を拾い、本を買って必殺技を習得、お店で飲食しては体力回復(他パラメータアップもあり)。敵を倒せば捨て台詞は「おかーちゃーん!」w 

当時の熱血物語の雰囲気をそのままに現代に帰ってきたりき伝説は、タイムスリップ感と懐かしさでいっぱいです。前述の「熱血硬派くにおくん すぺしゃる」がこの流れだということで購入を決めましたよ。溢れる思い出に浸りながらゆっくりとくにおくんができるのが嬉しいので、懐古厨と呼ばれても問題はないのです。

りき伝説2

今遊んでも普通に面白いのだから、くにおくんを知らない若い世代でも楽しめると思うんですけどね…無理な話なんでしょうか。ちょっと思い出補正も強いので偏りがあるかもしれませんけどねw 結論。くにおくんは8bitのまま変わらないでいてくれるのが一番良い!

| くにおくん:りき伝説 | 06:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PXZ(no.4)/ふたりはさくら色FOREVER!

PROJECT X ZONE です!クリアーしました。SRPGとしてはもう何年ぶりかも分からないくらい久々に…達成感が半端ない状態ですw クリアータイムは86時間14分、寝落ち時間を含んでのプレイタイムになりますが、結構かかりましたねえ。クリア後にレビューなんかを見てみると60時間くらいの方も多くて、その差の20時間強を私は何をやっていたのかとwww 下手なんでしょうねえ。

主人公2
主人公1
まさかの主人公下ネタ展開w 美依はおっぱいに救われたと思う。

想像以上に面白かった というのが率直な感想です。SRPGを普段からやらない私にとってはシステム面などSRPGとしての質基準が分からないので、非を打つべき点が分かりません。シナリオの水増し感は感じとれたものがありますが、お気に入りのキャラクターの動きを見ているだけで楽しかったですし、前の記事にも書いたようにクリティカルヒットの音が心地良くて、長い戦闘もそこまで気になりませんでした。

■不死鳥かと思う程の蘇生率
一定のところまで話を進めると、ボス格の敵も一通り出揃います。サクラ大戦で言えば殺女やシゾー。オリジナルだけではなく、各作品の敵が出てくるので、知らない作品であっても少しの世界観を垣間見ることができるのが嬉しかったように思います(特に戦場のヴァルキュリア3)。

薄いシナリオの中でも少しずつ核心に触れながら、「戦っては逃げられて」を繰り返すのですが、シナリオの後半では完全に撃破するイベントも見てるのに…ラストでまた復活するのですw しかもただの駒扱いなので、HPと攻撃力の高い敵と何回も戦わなくてはならないというね。ボス級だと必殺技も使ってくるので厄介でしたw 

最終話の1つ前からこのパターンになるので、所持数限界まで溜めきったHP・XPの回復アイテムを乱用して最後は乗り切りました。シナリオの後半まで、キャラ固有スキルで回復を担当できるのでアイテムはあまり使わなくても進められますしね。TOVユニットの「ナース」、エリカ&ジェミニユニットの「エヴァンジル」が全体30%回復なので重宝しますよね。

■各作品への愛情
PXZ記事内でも触れた件ですが、キャラクターの動きの一つひとつが原作に準拠しているので、知っていれば知っているだけ見ていて楽しいと思います。綺麗に打ち込まれたドット絵も、最適なカットインも、何度見ていても飽きませんでした。制作側は多少なりとも

メインを張り続けた 「大神&さくら」ユニット は当然目にする回数も一番多かったのですが(最終レベル58)、全然!飽きなかったです。もっと見ていたかったくらいw このゲームの良さはここに尽きるのかもしれませんね。

あやめさん
サクラ1はPXZ内でも扱いが大きくて、嬉しい限りでしたね。まさかの大神&あやめリターンズ!

逆にあまり知識のなかった作品でも興味が沸いたりするなど、見識が広がる機会となって良かったと思います。立ち絵の掛け合いも意外と面白いものも多く、多くのキャラクターを出演させる中で個性を埋没させない程度になっていて関心させられました。知らないキャラクターのことを知れる、そんなスパイスが嬉しくなりますね。

■クロスオーバー
私の中では作品間の垣根を越えた「クロスオーバーはあった」と思います。色々とキャパ上の問題もあるでしょうが、ソロユニットとの掛け合いしか戦闘は見られませんでしたが、上でも少し触れた立ち絵上での絡みがそれ。あれだけの人数がいれば個性も分類されるもので、その括られたキャラクターたちがそれぞれのデフォルトとしての役割(性格)をしっかり果たすことで個性を埋没させないようにしてたのがお見事でした。

■PXZランク王国
では最後の締めに、PXZユニットの勝手にランキングを付けて終わります。シンプルにどのユニットが好きだったか、重宝したかという見方で。

■5位:風間仁&シャオユウ(from鉄拳)
バーチャ、スト4、鉄拳と各メーカーの格闘ゲーム勢の中から唯一プレイをほとんどしたことがない鉄拳から。キャラ云々よりも、手数の多さで敵を浮かす位置がキャラの等身と同じ高さでクロスヒットの繋げやすさがあったり、単純な火力が高くて重宝しました。ソロユニットはジュリメイン、最終レベル55。

■4位:フランク&レイレイ(fromデッドライジング・ヴァンパイア)
おなじみデッドライジングから皆が大好きフランクさん。ダイナマイト刑事のブルーノさんと「おっさんペア」という組み合わせも見てみたかった気がするのですが…鉄拳ユニットよりも更に安定して敵を固定する攻撃が多く重宝。さらにネタの宝庫であるデッドライジングの要素をたくさん加えてあって見ていて楽しかったです。スピードの遅さが唯一の欠点ですね。ソロユニットはバツかアーサーメイン、最終レベル54。

■3位:エリカ&ジェミニ(fromサクラ大戦)
サクラ大戦、素敵。行動順も安定して早く全体回復のエヴァンジルだけでなく、特攻隊長としてもいい動きをしてくれました。普段生身で戦わない人たちなのでモーションがどうなるか心配しましたが作中の様々な動きも取り入れてくれて良かったですね。エリカの「おはようボンジュール」とかw ソロユニットはうららメイン、最終レベル53。

■2位:ハーケン&神夜(from無限のフロンティア)
予備知識ゼロからのスタートながら、神夜のおっぱいが正義。カットインではしっかりと弾むおっぱいが、正義。性能的には可もなく不可もなくといった印象ですが愛情の偏りがゆえに信頼を寄せていました。ハーケンスキルの射程+1で反撃をもらわない位置からの攻撃など戦略の要になることも。ソロユニットは固定なし、最終レベル54。

■1位:大神一郎&真宮寺さくら (fromサクラ大戦)
ゲームの購入動機にすらなったこのぺア。説明は要りませんねw ガード破壊力の低さをソロユニットのイムカスキルでカバーし、非常に多くの敵を撃破しました。新録ボイスももっと聞いていたいくらい。正統続編の見込めない今、色んな所へ出張する形でも良いのでずっと大神とさくらを見ていたい…好きすぎて辛いとはこのこと。最終レベル58。

リボルバカノン
サクラオール
シャノワール前でサクラ大戦イベント大詰めへ

作れるなら、PXZの続編か系譜上の新作をプレイしたいですね!SRPGを無事クリアした補正も相まっていい思い出が残っています。万人におススメできる、まではいきませんがハマる人にはハマる良いゲームであったと思いますよ!

| PROJECT X ZONE | 13:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NEWマリオ2(no.2)/おうごんのクラシックコースパック

NEWスーパーマリオブラザーズ2 ですー。ゲームネタって溜め込みよくないですねw これはいつのネタなんだってことで。このNEWマリ2はドラクエ10とP4Gの影に隠れすぎて思うように遊べていませんでしたが、やりこみなしで通常のクリアまではしています。最初の頃はスターコインを集めつつ進めていたので最終10時間くらいのプレイになっています。まあ、結果スターコインも諦めたのですがw

クッパ城前

■コイン乱獲で脳内フィーバー!
えっとマリオにはレビューも必要ないと思いますので、一言。普通に面白かったですw 前回に書いた記事のようにコイン乱獲で脳内フィーバー!状態なのは堅実な安定路線の中に面白みを加えたってことで良かったと思います。

途切れることのないコインの音や、画面を埋め尽くすコインの色、ギミックのように飛び出てくるコインの形。1つテーマを絞るだけで色んな遊び心が出てくるんだなーって関心してしまいました。さすがでございます。

■おうごんのクラシックコースパック
クラシックパック

全世界の赤いヒゲが集めたコインが累計3000億枚でしたっけ?を突破した記念で配信されたコースパックです。3000億枚ってすごいなw 3兆枚ということでありますねw このクラシックコースではマリオ1のコース1-1、マリオ3の1-3などをモチーフにコイン乱獲仕様にした素敵なコンテンツです。2013年の1月までは無料で配信されているようなので、是非是非手に入れておきたいですね。

1-3

私たちやそれより上のファミコン世代なら当然、だけでなくこの辺のマリオは世代を超えて最強の認知度があるコースなのでみんな遊ぶでしょうね。こうやって受け継がれていくのはとても素晴らしいことだと思います。これ、まだまだ追加コンテンツに期待しちゃいたいところですよね!

| NEWスーパーマリオBROS.2 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラクエ10(no.11)/絶望ビリー 眠りにつきし五つの種族

ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 ですー。といっても前線を離れてはや1ヶ月くらいになりますか。仕事の関係で忙しくゲームがあまりできない時期に課金が切れたのと同時にお休みしていたのですが…そんなお話。プレイ時間は350時間強で一区切りでございます。

レンジャー50クエ
ジュレット配信
いいシナリオたくさんありました。

結論だけでいえばすごく面白かった
です。区切りのボスも倒してエンドロールを見て、ハウジングでは満足のいくお家作りができて、旅芸人とレンジャーは一人前になる程度まで育成して…最初にやりたいなーって思っていたことはできたと思ってます。

ドラクエ10の目指す長い長いサービス計画の中の最初の3ヶ月を遊んだことになりますが(オンゲを普段からする人には甘ちゃんでしかないと思うんですけどねw)ここから先の敷居が高すぎる!!「楽しいなー」って自分の思い描く形で遊ぶのに友人も交えて遊ぶのはとても良かったのですが、全体的な風潮として最後に残るのはコア層との埋まらない差。ほんと、「埋まらない差」。

これが絶望
絶望ザビリーいざ倫理 辛かった最高潮の時w

強ボス挑戦で垣間見た果てしない絶望…
「世界に壁なんてなかったんだ」って某名作RPGでは言っていましたね。強ボスはその世界の壁を越えて敷居が高かったようですw 突きつけられた絶望感は、長い時間をかけなければ払拭できない、その長い時間をかける労力が私には厳しかったのかもしれません。他のゲームもしたかったし、何より現在のプレイ時間の倍以上をレベル上げに費やさなきゃいけないとか、ちょっと厳しいwww

「時間さえあれば!」 っていうのは自分勝手な言い訳にしかすぎないので、そろそろ他のゲームしたくなったよ!ってことでドラクエは一時小休止に入ります。次の大型アプデではスーパースターの実装も入るとのことで興味津々ではありますが、ちょっと様子見。

これがおっぱい
オーガ女子のおっぱいが素敵でした(キリッ

まだまだ完全引退を宣言する予定ではないので、情報に目を光らせつつ来るべき時を待とうじゃありませんか。運営さんは復帰するユーザーのことも考えて次のコンテンツ拡張をしてくれると嬉しいですね!

『このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.』


| ドラクエ10目覚めし五つの種族 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.2)/くすぐられるセンチメンタリズム

龍が如く5 夢、叶えし者 はじめます!発売日に買っておいて多忙ゆえ2日間寝かせた龍5ですが、ついに!始めます!今までの龍シリーズでも言ってきたとおりですが、発売サイクルが早くシステムの流用が多かった龍が如くですが…今回はシステム一新されたものも多いようで期待値が高いです。ホント龍1・龍3の時と同程度の期待感ッ!

DSC_0614.jpg
5大都市マップの裏は今回も「龍うた」のCD。前作はGET TO THE TOPの大人たちの真剣で全力な遊びがあったので今回も期待しています。

今回は主人公が5人いながらも、うち1人は娘さながらの遥シナリオ、そして地元すすきのを再現した月見野の出現!これだけでもよだれが出そうな展開ですよ。すすきのは飲みに行く時は使うので、再現度合いを見比べる楽しさもあるので…もう!ね!ふおおおおおおお!

■ファーストインプレッション
今回は音楽の使い方が心情に刺さる感じで、どこかセンチメンタリズムをくすぐられる様な印象を受けます。長くなったシリーズですので、その分の歴史の重みや交錯する想いが火を吹きそうな予感!序盤での桐生と大吾の絡みから何か…胸が締められるような思いになりました。遥の成長を見守る楽しみの他に、大吾もこの龍が如くを通して成長していってますよねえ。尖った小僧だったのにw

龍5大吾

相変わらずチンピラやヤクザによく絡まれては殴り続けるゲームですが、戦闘は飛躍的に進化をしたという印象ではありません。ヒートゲージの新しい使い道など当然新しい物を混ぜながら、基本に忠実な作りです。まあ、辿っていけばシェンムーの時代から基礎はできていた訳ですからw

■新しい寄り道
龍が如くの醍醐味は骨太なヒューマンドラマでありながら、本来の目的を忘れるほどの寄り道にもかなりのウェイトを占めています。今回は新しいアクティビティも大幅に増えているようで、第一章の段階でもラーメンを茹でたり、タクシードライバーの業務をしたり、カーレースをしたりと盛りだくさん。これ後半にいけばいくだけ増えるならかなりのボリュームになるのでは?

桐生麺
桐生アクセル

当然、今までのアクティビティも登場するでしょうから最終的にどれだけのものになるのか…楽しみです!ストーリーも核心になかなか触れさせない展開にしてくるのが定石ですので、気になるのは承知の上でアナザーストーリーやアクティビティに精を出してしまいそうです…

楽しすぎるのが怖い ほど、今楽しいです…今までは流用にうんざりしながらも愛を込めて楽しんでいたのに、その一部の流用も伝統を守りながら進化する形に見えてきて嬉しいんです…どうしよう…楽しい…

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

P4G(no.5)/エヴリディ・ヤングライフ!ジュネス!最終回

エヴリディ・ヤングライフ!ジュネス!
P4Gクリアしましたー!真END到達でプレイ時間は84時間41分と表示されていますが、これにはバッドエンド・ノーマルエンドを見た分などセーブデータの使いまわし分が抜けているのでトータル86時間くらい?でしょうか。非常に!非常に面白かったです。紛れもない名作ですねー。

DSC_0599.jpg

■イザナギ育成記 最終回
結局、最後の最後までイザナギを使い続けることができました。戦闘では一切他のペルソナを使わず・登場させずにやりきることができました。PS2版ではどれだけの愛を込めても限界があったのに対し、P4Gではスキルカードなどを筆頭に育成の幅が広くなったのが大きいと思います。

ボス戦を除けば、ブフ・ジオ・ガル・ハマでWEAK狙いに重宝しました。アギ・ムドは雪子、ブフ・ディアはクマ、ジオ・打撃は完二がそれぞれ担ってくれたので非常にバランス良く進めることができ、ダンジョンの攻略はあまり苦労した記憶がありませんよ。

DSC_0612.jpg

ボスでは逆にラクンダからのゴッドハンドやメギドラと万能タイプ。ラスボスでは2回攻撃が通常、最終組上がったパラメータでは雪子とクマが耐えられず毎ターン死亡と厳しい展開でした。一番最初に順番の回ってくる主人公が素早さの高い順に雪子蘇生→クマ蘇生と続けることで1ターンに必ず4人が動けるようにしておかなくてはいけませんでした。

回避などで死亡を免れたターンでメギドラを打ったり、雪子・クマのSP回復係を担当したりと忙しく、また長時間かかる戦いでした…2回の全滅を食らって3回目のトライで撃破。PS2版では真ENDを観なかったので非常に感慨深い戦いになりました。撃破後の感動が大きいですし、色添えるイベントも良かったです!P4Gになって難易度は下がったにしても、骨のある戦闘は大きな魅力だと思います。

■感動をさらうキラキラ眩しい、愛おしい生活たち
P4Gの良い所はこの眩しい生活。愛すべき登場人物の織り成すシナリオは本当に輝かしくて、毎日が楽しいものでした。大幅に、という域を超えて追加されたシナリオは本当にP4に新しい息を吹き込んでくれていて、実際に3学期に突入してからはクリアすることを惜しんだほどでした。

DSC_0600.jpg

バッドエンドでは払拭しきれないモヤモヤ感を残させ、ノーマルエンドではふっと息付く安心感を、真ENDでは涙よりも笑顔を誘う素晴らしい感動を与えてくれました。後日談まで観終えた後に、後を引く感動と余韻があったことは忘れないでしょう。

■いつでもあの感動に逢える
特典映像では特典という言葉を凌駕するボリュームの思い出がいつでも甦ります!全ての挿入アニメーション、音楽、特典コンテンツ…真ENDの後日談をそのままプレイできたりともはや尽きること無いP4Gワールド!

DSC_0611.jpg
DSC_0610.jpg

ネタバレに直結することが多すぎて、ここで語ることもあまり多くありませんが…これはVitaを買ってプレイするだけの価値はありますよ!私もそうだったようにw シンプルに簡潔に語るのであればこれは…

素晴らしい感動超大作だっ!!

DSC_0609.jpg

が~んばってねっと! なんだか本当にまた来る明日を頑張れそうな気持ちになれる、そんな心の刺激になる素晴らしいゲームでした。ここまでの進化をさせてくれたP4Gに関わる全ての人に感謝をしたいです。このゲームに出会って、プレイできたことが嬉しいです!

| ペルソナ4 ザ・ゴールデン | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。