桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東日本大震災復興支援チャリティーライブ SIAM SHADE SPRITS~Rerurn The Favor~

東日本大震災復興支援チャリティーライブ SIAM SHADE SPRITS~Rerurn The Favor~

10月はかなり忙しくて更新滞ってますが、生きてますw そして元気に行って参りました。そう!我等がSIAM SHADEの限定再結成ライヴです!今年はこのライヴにかける想いは他を遥かに凌駕して強く、永遠に刻まれるであろうその瞬間を…

繝輔Λ繧、繝、繝シ_convert_20111030205341

号泣する準備は出来ていました
SIAM SHADEのファンになったのはPASSIONがきっかけですので、遡ることファン歴14年になるんですねえ。当時は高校生でしたので、ライブに行くという楽しみ方を知らず、参加できたライヴは僅か2本(MONKEY SCIENCE、JUMPING FIGHT)。今回で3度目のSIAMライヴでした。

解散して9年。何度も発売された作品を耳に、目にしていましたが…歳を取ったせいか、感極まるものが強くいつも泣いてました。誇張表現でもなく、自然と涙が出るんですよね。だから実際にライヴを見たらどうなってしまうのか、そう。号泣する準備はできていたのです。

会場は「さいたまスーパーアリーナ」。会場を埋め尽くす24000人(推定)のファン。SIAM SHADEは解散してからのこの9年間の間にも新規ファンを獲得するという独自性もあり(それだけ実際に評価の高いバンドです)、会場には新旧、様々な年齢層のファンが集っていました。私の席は400レベル。会場右側、もう少しで最上段という端の席でしたが、2001年ツアーのTシャツを纏い、色あせたリストバンドを装着し臨戦態勢ですよ。

SE:LIGHT FOR CLOSED YOUR EYES

01.RAIN
02.TIME'S
03.Why not?
04.LOVESICK ~You Don't Know~
05.Destination Truth
06.BLACK
07.Sin
08.Life
09.LOVE

10.Virtuoso
(インストメドレー)
DREAMLESS WORLD
せつなさよりも遠くへ
No!Marionette
Outsider
Heaven
淳士ドラムソロ
Bloody Train
Fly high
Triptych

11.グレイシャルLOVE
12.NEVER END
13.CAN'T FORGET YOU
14.LET IT GO
15.SHAKE ME DOWN
16.PRIDE
17.PRAYER
18.GET A LIFE

EN1.Dear…
EN2.曇りのち晴れ
EN3.1/3の純情な感情
EN4.Dreams

WEN1.NO CONTROL
WEN2.Imagination
WEN3.D.Z.I.
WEN4.Don't Tell Lies


是非、両方じっくりと聴いて欲しい。
誰もが知っている代名詞としての「1/3の純情な感情」、SIAM SHADEの真の姿であるハードロックバンド。今回はPVのあるもので「GET A LIFE」をチョイス。



以上、全26曲。3時間弱でしたが、個人的にはあっという間でした。見てお分かりの方は感じるかと思いますが、かなり前期の頃の曲が中心となっています。男樹や、スタンディングツアーに見られたようなハード・ラウド、コール&レスポンス主体なナンバーは身を潜め、全体的に綺麗にまとめた構成になっていると思います。

このセットリストだと、結構コアな所も演奏しているので分からない曲があった人もいたのではないでしょうか?概ねDVDでV7・V8と、ライヴベストSIAM12を聴いていれば網羅できる範囲ですけどね。個人的にはもっと望んでいた曲もあったのですが、個々がそれぞれの活動を行っている中で、5人が揃うことのできる時間も限られていたでしょうから、これだけの曲を演ってくれたことに感謝しなければなりません。当時のパフォーマンスに劣ると、酷評も受けた追悼、仙台と言われてきましたが、今回は後半尻上がりに演奏の一体感、栄喜のボーカルの圧倒的気迫が、会場を飲み込んでいました。

確実にSIAM SHADEのメンバー全員が、そして6人目のメンバーである我々も歳を重ねました。しかし、今回のライヴが新しい伝説を築くその一歩であることと信じて。

SIAM SHADEが音楽に懸けた想いと信じ続けたロック、我々ファンがSIAM SHADEをいつまでも信じてこのライヴを盛り上げた気迫・熱気、その全てがあったからこそ、今回のライヴは最高のものになったと思います。

セットリストや演奏力は最盛期には及ばない部分もあったかもしれませんが、それらの域を超越した何かが、このライヴを成功させたと信じています。栄喜、DAITAのMCにもその想いを感じることができました。「俺達がこのステージに立った意味をくれ。頼む」 。それは何かの迷いを振り切るかのように発せられた言葉なのか、差し伸べられる手・言葉。単純だけど無数のしがらみに縛られてもがいている苦しみなのか…想いはきっと一つだった。誰もが淡い期待を寄せていたあの…ここでは明記できませんが、その後の打ち上げ会場に届いた栄喜本人からのメールの内容。全てはそこに向かい、その輝かしい一歩を…ですが想いの丈が強すぎて、私にはもうこれ以上書けません。栄喜の涙、メンバーの笑顔。私は一生、忘れません。

SS1繧キ繝ウ繧ー繝ォ_convert_20111030205605
SS繧「繝ォ繝舌Β繝サDVD_convert_20111030205641

一生、SIAM SHADEを信じていくと決めた昔々より、その想いは強くなっていくばかりです。

スポンサーサイト

| SIAM SHADE | 21:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【XBLA】SC5(1)/Urara's Swingin' Report Show!!

Urara's Swingin' Report Show!!
いえー。ということで「スペースチャンネル5 part2」のXBLA版を購入しましたー!DCタイトル復刻の話から、SC5配信の話だけ出ていてようやくの配信。待ってましたよー。

スペチャン1-2
左がDC版part1(ケースは押入れの中)、右がPS2版のpart2ですねー

SC5はpart1をDCで、part2をPS2でプレイしてまして、現在も所持中。というか、個人的にはかなりの傑作だと思ってますので、手放すつもりはありません。続編を期待してはいるのですが、難しいかなw ゲームとしては単純ですし、いかにアイデアを盛り込むかがポイントだと思うのですよ。シンプルながら爽快感のあるというのは音ゲーライクに作られたゲームの本質。ただ同じことを繰り返すだけだとマンネリにしか過ぎませんからねえ。

これは知らない人がいるのは勿体無い というか知らない人はいないかw くらいに有名なタイトルだと思うんですけど、偏って物事を見てしまっているので(傑作だと思っているから)、客観視ができなくなる悪い癖ですw ゲームとしてはパラッパくらいには既に確立されていた、リズムの中で手本となるリズムを聴いて、そのリズムを模してボタンを押すだけ。それだけです。

SC5では軽快かつ陽気なノリを盛り込み、パーティ調に仕上がっているのが特徴的です。とにかくパーティを続けよう これからもずっとずっとその先も このメンツこのやり方この曲でロックし続けるのさってな具合。分かります?w 分かりませんよねw

スペチャン1-1

とりあえずやるだけやってみようとプレイ開始、REPORT6で何度か躓いたのでそこまで到達しました。後半は複雑さと音の詰め込みが多くなり、ゲーム内で一定に使われる法則性が通用しなくなってくるので、頭が混乱しちゃうんですよねw まあ単に記憶力もリズム感も乏しいだけなんですけど。

最終章になり、ミス回数もシビアになってくるので覚えゲーテイスト色濃く含まれてきます。まあ、何度か繰り返しプレイしてとりあえず先ずは1周クリアを目指していきたいところです。因みに一度のミスも許されない「うららダンス」モードでは初回29%でしたwww 1ターンにつき1%ですのであと71ターンをノーミスで踊らなきゃならないなんてw 頑張ろう!

| 【SEGA総合】 | 22:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクラ大戦 15th Anniversary 太正浪漫グラフ

サクラ大戦 15th Anniversary 太正浪漫グラフ
ですー。この書籍が発売されると知ったときから胸をときめかせながら、待ったものです。サクラ大戦に出会ってから既に15年も経ったのかと己の老け込みを感じながらも、離れずのままこの作品を好きで良かったなあと感慨深い思いに包まれているところです。

サクラ大戦 15th Anniversary 太正浪漫グラフ (ファミ通BOOKS)サクラ大戦 15th Anniversary 太正浪漫グラフ (ファミ通BOOKS)
(2011/09/30)
ファミ通コンテンツ企画部

商品詳細を見る


幾つかの蔵出し資料 を用いながら、設定集や開発陣インタビュー、メインヒロインインタビューで構成されています。当然サクラ1~5のフラッシュバックもありますので、もしこれから初プレイを迎える方は注意した方が良いかもしれません(まあ、そうそう居ないだろうけどw)。せっかくのアニバーサリーであれば、サクラ大戦を彩ったキャストインタビューくらいは付けて欲しかったと思うのですけどね…

巻末には「サクラ大戦マニアックス」なる小冊子があり、コメディ感満載の企画書もあったり、付属特典のDVDには懐かしの活動写真集が付いています。活動写真集には1~5のOPに加え、ゲーム内のムービーが若干収録されている程度。内容的には物足りなさが否めず、少し残念です。この機会であれば全EDを収録するくらいの意気込みがあっても良かったのでは?

付属DVD
左が今回の付属DVD、右がDCサクラ2のメモリアルDVDです。

ムービーやOP、ED全てを詰め込んだだけの全映像集 なんかでも出してくれれば買うのに!ドリキャスのサクラ2についてきたメモリアルDVDと合わせれば網羅数も増えるので大切にしますけどねw このメモリアルDVDのためだけに、ドリキャスのサクラ2は2本も買ったくらいですからねw

本書付属のDVDの最後には 田中公平先生の弾き語り解説 と称して檄帝・御旗・地上の3曲の曲解説があります。この3曲ができるまでの秘話を当時の曲折を経て完成していった過程を作曲者自身が語るものです。音楽的な用語を通常会話の中で多用するので、内容の理解が難しい点も多々ありましたが、そこは心意気で。

作曲者自身が 「神のメロディー」 と称し絶賛。以降の御旗・地上でも越えることのできなかった名曲「檄!帝国華撃団」。いちゲームとして楽曲でもその代名詞として成立するケースはさほど多くないと思うので、改めてこの偉大さを知るところでした。


たまに血潮版から。

ふう。ということでその灯火は確かに生きているサクラ大戦 15th Anniversary。まだ誰もサクラ大戦が死んだとは思っていないようです。その活動形態は舞台が中心であったとしても、息をしている限り何かが起こるのです。だから声に出してこの作品を愛していかなきゃならないのです。

「サクラ大戦」を15年間愛し続けてきたファンのためのメモリアルブック (本書帯より)一家に一冊、いかがでしょうか?…え?要らない?そんなこと言わずに。値段が3000円とややお高めですが、作品のためと思いながら、そしてサクラを愛し続けた記念碑として…

| サクラ大戦 全般 | 09:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FOUR GET ME A NOTS/「HEROINE」・「SILVER LIVING」

FOUR GET ME A NOTS、「HEROINE」「SILVER LIVING」 ですー。フォゲミ初のシングルとして7月にリリースされたHEROINEと、9月にリリースされたアルバムSILVER LIVING。一通り聴き込んだくらいになりましたので、簡単に紹介&雑感程度を。




HEROINEは、より洗練されたように聴こえるコーラスワークが光り、楽曲内でメインが変わり掛け合うのが印象的です。メロディアスながらどこか哀愁を匂わせるフォゲミ王道の勝負曲、と思えますがどこかパンチに欠けるかもしれません。1st.miniにあったような突き抜ける爽快感や、2nd.miniで衝撃を受けた叙情感。爽快と叙情の折り合い地点でどっちつかずになっている気もします。ですが、入門用としてはこれでいいかもしれませんね。今世間ではこの手の音楽が求められていない感はありますので(悲しいですが)。聴きやすいです。

そして後発のSILVER LIVINGですが、これは凄いイイ!良盤だと思います。出だしのuniverseからファストパンクを彷彿とさせる勢いと熱量をぶつけ、アルバム全体の曲構成としても緩急、そして爽快と叙情のメリハリが効いています。曲のそれぞれが生きてくるので、聴き込むごとに深みが増しますよ。ちえ姉さんのコーラス、時々高音になりすぎて辛そうだけど大丈夫か?w



曲の一つひとつが小粒な感じがするので、アルバム全体おしなべた時にガチャガチャした印象で終わる人も多いかもしれませんが、それはきっとこの手の音楽に耐性のない人の感想になると思います。個性のありすぎる乱雑なアルバムも勿論良いですが、こうしたアルバム構成全体的な評価で良いと思うものは長く聴けますよね。中でも1/universe 2/Zip 3/Pike your shield 5/My guitar my song 8/Blue 9/Just do it 12/Blame and bravesが好き。

さて、ライヴですが…実は昨日10/1(土)に旭川CASINO DRIVEに行く予定でした。仕事が夕方までに終われば、ですけどねw 高速飛ばせば間に合う算段だったのですが、仕事終わらず。本日10/2(日)に札幌COUNTER ACTIONでもライヴがあるのですが、こちらは都合があり行けないので(泣 今年もフォゲミのライヴ行きたかったんだけどなあ…

| 【music:DISC】 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閃乱カグラ(1)/タム、廻り合い

さてー 閃乱カグラ-少女達の真影- はじめました!ちょっと手続き不備で配送が遅れて、発売日から1週間くらい後に届きましたが、中々プレイできる時間もなくてようやくこれから!って所です。基本的に何のゲームを買ったとか、あまりの興味のなさに放置されている我が家の事情ですが、相方に「俺はこれから爆乳のゲームをやるぜ!」って宣言してみた所、そのアニメ絵を見て物凄い不快な顔をされました。空気が凍てつきました。だから最後に言ってやりました。「乳こそ宇宙の理だ」と。以降、隠れてプレイすることを余儀なくされた状態ですw

カグラ1-2
ゲームに資料集、ドラマCDサントラCDの付いた初回版。発売後すぐに品切れ店を幾つか見ましたw 尼でもいきなり定価の1.5倍にはなってましたねw 今回私は早い段階で予約しといたので4800円くらいで買えましたよ!

またおまえか!タムソフト!
相応の期待と恍惚に満ちた表情でゲームを起動。MMVのロゴの後に出てきたのが「タムソフト」www ここで恍惚に満ちた表情は失意の表情へと変わり、ゲーム開始。

ほら、姉チャンが好きな私ですのでタムソフト自体を嫌いなわけじゃないんですよ?w ですが、姉チャンにはゲームとしてのコンセプトだけは芯が通っているので、そこに嵌れば愛でることができる。しかし、ゲームとしての評価を受けているタムソフトって…私見たことないwww 岡っぴちもエクソシスターズも、ましてや姉チャンシリーズでさえ、そのブランド名を汚しかねないのもあったり。ただ今回はD3ではなくてMMVなので、パブリッシャーの違いでどれだけ仕事ができるのかを見極めるしか策がない、とそう思い込ませることにしました。

ゲームはアクションパート・アドベンチャーパート・ノベルパートなどを織り交ぜた仕組みでミッション受諾性でシナリオが進行します。一つのミッションが数分で終わるので、短い時間でサクサクと遊ぶことができるのは携帯機としてはかなり好感が持てます。

カグラ1-1

要のアクションについては横ベルトスクロールを根底においたもので360度包囲じゃないのが今時珍しいなあと。弱・強の攻撃とダッシュ、ジャンプだけで爽快アクションが楽しめる…というのがウリのようですが…これは爽快と呼ぶには少し乏しい気がします。コンボ派生もあるにはありますが、ベルトを斜めから見下ろす視点でキャラクターにも乱雑感があり、モーションを視認しにくいせいか何をしてるのか分かりにくいんですよね。エフェクトを派手目に、とかの問題ではなくて雑魚も紙っぺらみたいに倒れていくので、薙ぎ倒してる爽快感にどうしても欠けてしまうのです。

コンセプトが忍者ですから、華麗にしなやかにというのは理解できますがアクションゲーですので、ここはもう少し仕事して欲しかったなあと思ったりw コンボの継続受付がやや長めで、当たり判定がやたらと広いのでコンボ数は伸びます。最初のほとんど分からない状態ですら、コンボ600超えて評価「優」になったりしましたしねw 

吹き飛ばしからの追撃 は気持ち良いかもしれません。上へ横へコンボ派生によって飛ばした敵をボタン一つで追撃(要タイミング)できます。地面に着地後から小ダッシュで次のコンボ受付までに繋ぐ…というループができてくると楽しいかもしれません。

基本画面は2D、からの超忍術(カットイン必殺技)時は3Dに変わります!揺れます!が、2Dと3Dの表示切替に関してはもうちょっと検証の必要がありそうなのでまた次回w 結構パート別に2Dと3Dをゲーム内で使い分けているので、そのメリハリによって引き立たせる手法…と考えつつもね。

≫ Read More

| 閃乱カグラ 少女達の真影 | 10:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。