桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラ大戦4(no.3)/咲いて散る桜の花 サクラ大戦かあ

「咲いて散る桜の花 サクラ大戦かあ」
はい。サクラ4クリアしましたー通算で4周目。非常に面白かったですー。思い入れが強いと、年数空けてプレイしても覚えてるもんですね!覚えててもこの楽しさ。実にサクラ大戦1~4は歴史に残る、大切に使いたい言葉「神ゲー」でした!

sakura4 sakura2

帝国華撃団の歩み、米田の歩み。そして子ども達に託される未来。
ううん。感慨深いですねえ。それこそ降魔戦争から華撃団構想、発足から流れ流れてサクラ大戦4のED。ゲーム中だけで描かれてない部分も含めると(当然私も知らない部分もあるわけでw)、長い歴史ですよね。いやあ、実に。

正直な所、サタンとミカエルを除けば(サクラ1)歴史の掘り返しでストーリーを結びつけていたとしても、基本設定がしっかりしている分、話の筋が通ってるなと感じますし、今回扱われた帝都として栄えてきた江戸からの大久保長安の怨だって不自然ではないかと。次世代へ託していく想いに主眼を置いて短いながらも話を構成しているので、改めてプレイしているとこれはやはり帝都のグランドフィナーレだと噛み締めさせられます。

さてさて。大神華撃団はあくまでも演出上の呼称ですが選りすぐりの隊員を選出しての最終決戦!エリカを除いて巴里華撃団の合流があっても大神華撃団に選択しないと使用できないグリシーヌ・コクリコ・ロベリア・花火の4機。しかも大神の光武は大破するくだりもあるので、双武に添乗するのは嫁になるので実機で扱うことはできませんし…誰を選出するか、考えるのも楽しいですよね。

sakura4 soub u
2人乗ってるから機体が大きいですよねw 光武と並ぶとよく分かるw

サクラは各々の個性が強いと同時に、戦闘時における役割も明確化していると思うので(それを存分に活かさずとも勝てちゃうけどねw)、戦略的に組まずとも自身が悦に浸れる部隊構成で勝てると思います。長安自体、さして強くないですし(超展開だった分、サタンがやっぱり一番苦戦したような…)w

sakura4 oogami
最終アイキャッチの状態。カンナは下から引っ張ってくることになるので、やはり5番になるというw

地上に残す部隊を仕切るのはマリア一択!
戦闘に絶対的な信頼を置くのはカンナ一択!

これだけは私の中で崩れないんですよね。まあ、マリアを双武に乗せてしまうと地上部隊どうすんだw ってことにもなりますけど。その選択肢はないので(キリッ 後は…中距離で火力の高い、且つ巴里の嫁グリシーヌと、範囲攻撃が重宝することの多い、且つ帝都での次点すみれ。回復できるエリカってことで組むと大体こんな感じになるのかな。最後はもう少し雑魚の沸くステージ構成でも良いですよね。それか地上部隊での戦いが多少指揮できるとか。

sakura4 paris2
かすみさんとメルは私がいただきました。

前線部隊だけじゃなく、風組・月組・薔薇組の総力戦や、メル・シーとのクロスオーバーもかなり熱い展開!あれ、夢組ってゲームで出てきてないですっけ?祈祷で霊力を収束してる…ま、いっか。帝国華撃団・風組の3人はサクラ4をもって帝都を離れましたが…この後ってどこに配属されたんでしたっけね。今度確かめなきゃ。ちなみに風組なら「かすみ」派ですね。椿ちゃんと由里さんはお任せします!w

うん。今回の感想はこんな感じかな。さて折り返しは…今更ネタバレもしまくってると思うんですけど、とりあえず折り返しておきましょうか。結構サクラ4だけは移植されてないせいもあって、他のナンバリングをプレイしていても4だけ未プレイって人も多いのかもしれませんね。遠慮なくネタバレてる気もしますがそこはごめんなさい。でも今からでもドリキャス買っても遅くないですってばーw

≫ Read More

スポンサーサイト

| サクラ大戦4 | 23:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

QG(1)/HEAVY EROS 心の軋むとき

けしからんゲームは好きですか…? 私はけしからんゲームが大好きです! はい、そこは力強く読んでくださいね。もう別に説明も必要ないですねーw 最近ますます変態紳士に磨きをかけておりますが、ふいに目に飛び込んできたこのゲーム。ゲームというよりかは、ふいに目に飛び込んできたけしからん「くノ一」、だが大好きである!

クイーンズゲイト

「クイーンズゲイト スパイラルカオス」 はじめましたー!全くプレイ予定も、サーチにもかからなかったゲームですが、何気に読んでいたファミ通でけしからん「くノ一」こと、不知火舞が目に入っちゃったんですねーw 10月の発売が待たれるKOF13では無事復帰も楽しみにしておりますが(今回はPS3版で購入予定です)、それよりも前にこんな所でお仕事してらっしゃったwww 

こんなけしからんゲームにね!(賛辞)
前作にクイーンズブレイドがあって、鎧破壊によりそれはあらわなことになるSRPGであることくらいは知っていました(ブロ友さんにもプレイ済の人がいるんですぜw)。思い返せばアガレスト戦記をやって挫折してますし、SRPGはもう無理なんだ…と諦めていた矢先にコレ。きっかけは舞w

QG戦闘-舞

ググってみると、アメリカの「対戦型ゲームブック」を国内展開するにあたり、キャラクタを差し替えて展開しているシリーズみたいですね。クイーンズゲイト(QG)の場合は版権を持った(メーカーブランド)のキャラクタによるクロスオーバーで、そのゲーム化という見方で良いのかな?

動機が動機だけに、またSRPGが得手ではないだけに。どこまでやれるのかかなり心配でした。色々と見ているとバンプレスト開発ということでスパロボのシステムが使われているとか何とか。しかし!スパロボすら未経験の私ですので比較できる対象といえばフェーダ(フェーダリメイク含む)、ドラゴンフォース、アガレスト戦記くらいw

QG舞

非常にベーシックな感じのするSRPGで昔にプレイした「フェーダ」を思い出すような印象です。凄いなと思うのは戦闘シーンでの動き。デフォルメでドット絵、だけど細かく動くんですねー。けしからんカットインも多用して見ていても飽きません。これならやれるかも?と思いながら現在7話まで終了しました(プレイ時間7時間くらい)。えー色々と書きたいことがあるんですが、記事の中で分けて書こうと思いますので、それはまた次回ということで。以下、変態度最高潮の折り返しでーす。

≫ Read More

| 【ソニー携帯機総合】 | 00:27 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリス(2)/ナイトメアシロウサギ

ALICE MADNESS RETURNS 再開しましたー。何だか最近は他のゲームにちょいちょい手を出しちゃってて進まず仕舞いだったんですが、思い切って最初から。前回記事でも触れたんですが、下位難易度の実績解除のために最上難易度ナイトメアでやっちゃおうと思って。

アリス2-1

雰囲気は良いにしても単調さの否めない 部分があるゲームだと途中で思ったので、2周する自信がなくなったのも理由の一つかもしれません。9月からホリデーにかけては既にプレイするゲームも決まってますし、隙間ができなくなってくるので。仕方なし。

ナイトメアで最初から始めたんですが、単純に敵が硬くなっているのと火力が上がっている仕様。コンボモーションからでも回避が非常に使い勝手が良いので、ちまちまと行けばやれたのかと思いますが、「死を前にして、冷静」の実績を狙ってる時に厳しくなって、まさかのDLC導入w 

DLCは「武器&ドレスパック」があって、ゲームバランスの崩壊をも物ともしない可能性を秘めたこのパックには、攻撃力2倍やライフ自動回復、隠しオブジェクトの常提示などがありますので、有用に使えば良いじゃないか!と自己解決して導入しちゃいましたw これが以外に癖になってねw そのままDLCを利用して現在に至っております。

アリス2-2
たぶん一番チートくさいシロウサギがお気に入りw ゆっくりですがライフが回復する分、気持ちにゆとりを持ってプレイできてしまうんですね。コス的にもこれが一番無難じゃないですか?

DLCを導入してナイトメアをプレイするとノーマル程度の体感難易度 ということで良いでしょうか。アクションは好きなので2周くらいはプレイすることも良くありますが、今回に関しては…これ言い訳Maybeだよね。うん分かってるんだw

ということで現在2章後半です。アクションが私の好きな基本に忠実でベーシカルなことを求められている部類なので、この打開策を練っている間とか楽しいです。アクションに関してはまた次回まとめて書きましょうか。

| ALICE MADNESS RETURNS | 23:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクラ大戦4(no.2)/お風呂オールスターズ!!

あーサクラ4が面白いんだっぜ!今日も サクラ大戦4~恋せよ乙女~ です!物語は最終幕へ。ちょっと寝オチも含んでの現在6時間強になりました。画面のボヤけは気になるといえば気になりますが、気にしない!ドリキャスのディスクをギーギー読み込んでいる音が懐かしくて好きです。でもPSPのガリガリした音は好きではありませんw うん、余談。

嫁さくら

全方位型結婚詐欺疑惑
サクラの日常を描くに取り扱うネタとしてもグランドフィナーレに相応しい、そして微笑ましい大神隊長の全方位型結婚詐欺疑惑。サクラ1の大団円ムービーでも似たようなネタを扱っていますが、それの最終進化系であると思っても良いのかもしれませんね。こうしたラブコメ要素を強く含んでのドタバタ劇を見るのもサクラの大きな魅力の一つであることは言うまでもありませんが、これがグランドフィナーレと分かっていてプレイしている身としてはどこかその影に儚さを帯びているのが分かります。

要するに寂しいんですよねー。続編を期待はしていますが、帝都・巴里とこの時代を描写できるのはやはりここまで(DSの「君あるがため」ではサクラⅤの後の話にはなっていましたが…あれも正史か)。やはり完全次世代のサクラを期待するしかないのかという所ですが、この件に関してはかなり賛否が分かれると思いますので、深くは喋りませんよ。プレイヤーの心に、それぞれの思い出の形でサクラシリーズが輝いているのですから、そこはそれまで。

男らしい生け花

巴里が合流してからの外出イベントでは3つに分岐しますね。生け花部隊。ここではかなりメンバーバランスが偏っていると思うのは私だけでしょうか。というのも「さくら」「グリシーヌ」が揃っていて次点に「すみれ」がいる段階で完璧と言わざるを得ない!かなりの割合で「花火」ファンがいるのは承知してますが、ここは致し方がない…折り返しは変態です。もう見たら変態さんです。あしからずwww

≫ Read More

| サクラ大戦4 | 23:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Drop's(札幌)/「Drop's」

ふと視線を北海道に落としてみると、 北海道の音楽シーンも熱いぜ! ってことに気付いたのはここ近年。もう少し若い頃はライヴに行く、すなわちダイヴしたりモッシュしたりと暴れまわるのが醍醐味と思ってましたが近年の自身の老化現象からか、落着いてライヴを満喫する良さも分かってきました。

そこで、注目されるべきは地元のシーンで活動する数多のバンドたち!基本ライヴに行くということは対バンが幾つも付く形式のものを見に行くわけですから(ワンマンとかもはや大歓喜!)、たくさんのバンドを見る機会に恵まれることになります。過去を振り返ってみると、よくライヴハウスに足を運ぶようになった2000年代初頭からGHOSTY BLOW(活動休止)で地元バンドの良さに少しずつ気付き、The Has(現アシュラシンドローム)SERVICE ACE等、幾つかのバンドに関しては音源もしっかり聞いてライヴに備えるといったこともしてきました。

札幌のライブハウスだけでなく、北見オニオンホール(私信:ご招待ありがとうございました)や旭川カジノドライブ等にも足を運ぶこともありましたし、一度行ってしまうとその先に選択するライブハウスの幅が広がるのでなお良し!たぶん見たいバンドがあれば旭川や苫小牧くらいなら気軽に行くと思います(北見はちょっと遠いかなw)。

61Dm3xDmTeL__SL500_AA300_.jpg

長い長い前置きをしましたが、今回ご紹介するのは Drop's!! oh yeah!!
先日のDISCOVER LIVE vol.3で初めて見た札幌女子高生5人組のバンド。肩書き的には絶対ハマらないだろうと思ってたのに、固定観念をブチ壊して自分のライブラリに入ってきた本物です!ガールズバンド自体ロックと呼びきれないものが多くて好きではなかったのですが(今までに好きになったのは「つしまみれ」くらい)、Drop'sは違いましたねー。

骨太で攻撃的なリフで攻め立てつつ、鍵盤の音で曲に深みと立体感を付加させたようなブルースロックンロール!

典型的なTMGEチルドレンとも呼べるべき曲構成に、これが女子高生が自ら作り出す音楽なのか?と笑っちゃうくらいカッコいいです。音だけでなく、ボーカルの擦れ声とシャウトがまたそこに本物感を生み出していて、似非にならないんですよね。正直TMGEは嗜む程度にCDを聞いていたくらいで、ブルースロック自体詳しくないのですが、Drop'sの意外性から発端にして聴いてみると、沁みるです。



ライヴでの演奏とCDを購入して聴いた感じだと、全体的な音の収束がまだイマイチな感じはします。散漫しているというかね。もっと洗練されて一点に熱が収束されたらもっともっとカッコ良くなる!音響設備の問題もあるんだろうと思いますが、専門的な見地は持ち合わせておりませんのでそこは指摘できません。

女性が奏でる繊細さや、随所に体感できるガーリーな感覚は綺麗に捨て、本気でロックンロールと向き合う姿は異性ながら凄いと思います。完成はこれからされていくバンドだと思うのでどう完成形に向かうのかが非常に楽しみなバンドです!可能な限りライヴに足を運んで応援していこうと思います。特に北海道の方は是非!一緒に盛り立てていきましょう!oh yeah!!

| 【music:DISC】 | 18:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新鬼武者(1)/斬られても一閃を狙う美学

新鬼武者 DAWN OF DREAMS ですッ!は、はじめたうちに入るかな?週末を利用して実家に帰ったのですが、合間の暇な時間にPS2でもやるかも(PS2は妹のがあるんだよね)、ってんで未起動のまま積んであった新鬼武者を持っていったんですねー。結局1~2時間くらいしかゲームする時間もなくて全然プレイできませんでしたけど、ここで記事にしたことによってプレイ中である自覚を持つことにな…いやいや半端に始めたゲームが最近多すぎて非常にマズい展開ではあります。

新鬼2

鬼武者は1~2しかプレイしていません。2は非常に面白かったなーと思うんですよ。一閃がとにかく気持ち良くて、これが鬼武者の醍醐味であると言っても過言ではないと思います。因みに1については某金城氏の演技しか記憶に残っていなく、そのまま出演した3は華麗にスルー。PS2の後期の中で新鬼武者は何となくそのままになっていました。

斬られても一閃を狙う美学
新鬼武者をプレイした友人によれば、とにかく一閃を評価していると。鬼武者2で弾き一閃にハマって、その爽快感は知っていました。何なの?一閃しか鬼武者の魅力はないの?って思ってしまうくらいですが、その答えをさらに追求してみても良いのかもしれません!という意味合いも込めてのプレイ。

新鬼1
何でもイケメン化させれば良いと思…もう今に、この時代に始まったことじゃないかw

とりあえず今のところは一閃が気持ち良い(特に連鎖一閃)というくらいと、全体的な雰囲気がチャラいと思うくらい。もうちょっと重きのある時代劇感が良かったような気もするんですが(3はどうだったのかな?)。キャスティングがどうのこうの言う気はないんです。龍が如くでも芸能人をそのままモデリングしたのが好きではなかったんですね。なので某金城氏に萎えて、でも2の優作氏は、はまり役と思ってからの新鬼武者。俳優起用じゃなくて良かったなっと思いつつも、そのチャラさに疑問符を持って…何か常に「ん?」ってなる部分を持ちつつも結果、面白ければ良いのでその辺は淡く期待しながら進めて…行けるかな?w

| 鬼武者 全般 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクラ大戦4(no.1)/命短し 恋せよ乙女

サクラ大戦4~恋せよ乙女~
まさか2年連続の再燃を予想はしていませんでしたが…もう再燃ではないのかもしれませんね。恒常的に熱は滾っているのかもしれませんw 原因は明確で、今年の再燃の火蓋はPSPo2iですね。間違いなくw サクラの雰囲気だけでもと、大神&さくらのコスを着せて擬似的にサクラ大戦を楽しんでいました(●華麗桜に浪漫の嵐!●)が、結局は本家に帰る。もう仕方ないことです…

sakura4-1.jpg

ということでドリームキャストを引っ張り出して起動。内蔵時計のセットをしてビジュアルメモリ(サクラ3初回B特典)もセットして準備は万端です!うん、しっかりと動きます。ただAボタンが押しすぎ潰れで戻りかなり悪くなっているのが気になるところですが、現状プレイには支障はなさそうなのです。

約8年ぶりのサクラ大戦4となりましたが、一応3周はしていたようです。さくら・グリシーヌ・エリカでEDを迎えていました。今回で4周目ということになりますが、1周あたり5時間あれば終わるのでその気になればサクサクと終わらせることができそうです。4周目は誰で行くのかはご承知の通りかと思いますがそこは折り返し

sakura4-2.jpg
最終更新が03年4月か…歳、取ったなw

PSPではサクラ2を再開してて、並行して4をプレイして気付くのは色々と描き直されている立ち絵を含むグラフィックの数々。1・2と原点の絵に慣れている私にとっては、今プレイしても感動を覚えることは請け合いですぜ?OPでのCGとムービーの融合も古さをそこまで感じることなく見入ることができて、音楽に感歎する…ああ、サクラ大戦って本当素晴らしいなあ…

ARMSシステムで動かす帝国華撃団 もPS2の「熱き血潮に」でやっているにも関わらず、血潮の記憶が薄いせいもあってw 非常に楽しいです。シリーズ通して複数回プレイしているものの、ARMSシステムはどうしてもサクラ3(巴里)の記憶が強いんですよね。それだけ衝撃的で記憶に強く刻まれているんだとも思いますけど。

現在始めたばかりですので、花やしきで紅蘭が不安定になっている所(www)ですが、一人でこっそりゲームをプレイできる時間を有効に活用してサクラ4、進めていきたいと思います!現在進行している他ゲー諸々も全く積むつもりはないので、そこはバランス良く自分で頑張るです!

≫ Read More

| サクラ大戦4 | 22:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BFBC2/戦場に新たなヘタレを招集する。

BATTLEFIELD BAD COMPANY2 はじめましたー!プラコレなのでULTIMATE EDITIONになります。多少ここの辺境ブログを読まれている方であればお気づきかとも思いますが、割と今まで手を出してこなかったジャンルでもあります。次世代機を象徴するFPSでも代表格のシリーズですよね(きっとw)。

BFBC2-1.jpg

今までにも一人称視点でのゲームは時折遊ぶことはありましたが、最初は苦手だった一人称視点も知らず知らずのうちに慣れたんでしょう。結局は積み重ねた時間の蓄積で解消できる問題もあるということですかね。ゲームを生きがいとする中では、不得手なジャンルは少ない方がたくさんの楽しみと出会うことができるので、損ではないでしょう。

なぜBFBC2を選択したのか?
CoD4も未起動のまま積んである状態ではあったのですが、BFBC2を選んだのには理由がありました。ゲーマーの皆様にはおなじみのローリング内沢さんがオススメしていたこと、が結構大きな割合を占めてますw かの伝説のゲームバラエティ「ファミ通WAVE」内コンテンツ「憂えるゲームおっさん」で紹介されていたBFBC2。

BFBC2-2.jpg

経験の人一倍少ない私には シューターに加えて破壊の美学 があるということが惹き付けた理由でしたね!決して得手ではないジャンルですが、既存のジャンルでもそこに付加されるコンセプトがあることで、ゲームはまだまだ進化するんだ!と思えるんですよね。

…とまあさぞかしプレイ後みたいな書き方しましたけど、今はまだシングルプレイでミッションを2つ終えただけですw オンも触る程度に1戦出てみましたけど、ちょろちょろしてるだけでスナイパーの格好の的にw 仕方ない、うん仕方ないよねw 一応シングルを楽しめたらいいなーという程度の予定にしておりますが、どうなることやら。RSV(レインボーシックスベガス)も挫折している私ですので、まあやり遂げるなんて誰にも期待されていないのは知ってるよwww

| 【XBOXハード総合】 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT ACT2/オレが正義だ!この野郎。

RIOT ACT2 はじめましたー!そしてクリアしましたー!w RIOT ACT自体は1の発売当初すぐにやってたんですけど、2は期間が大分空いちゃいましたね。ちょうど友人がプレイしてたので便乗して開始して、その日のうちにシナリオ(に該当する部分)はクリアしました。

DSC_0010.jpg

基本ベースは1のままに、マップも同じ(年数経過や崩壊感は描き直されてます)で新要素を加えての続編、というイメージだと分かり易いかもしれませんね。従来の箱庭でのリアルさをベースにして構築するゲームというよりかは、より非現実的に超人的な能力を駆使して街を暴れ回るアクションゲームです。

ストーリーは前作のギャング団をエージェントとして壊滅させていくというものではなく、フリークと呼ばれる感染者(ミュータント)を一掃するところにあるようです。街に点在するビーコンを起動させていくだけ、というものですがよりストーリー性を無視していかに自由に暴れるかに主眼を置いたようですね。一応街を牛耳っているギャング団との対立もありますが、適当にしか見てませんでしたのでよく分かりませんw 昼はギャング団(RIOT ACT2では「セル」と呼ばれる)と、夜はフリークとそれぞれ戦っていくことになります。

riot act2

自由ってのはこういうことだ!
暴れ回ることをコンセプトに、より超人性を増したエージェントですがやはり特筆されるのは機動力!自らの跳躍だけでビルを飛び越えるだけに留まらず、スラスター(足に装備できる噴射ロケット)という新要素が機動力を一層進化させて、車などに頼らずとも好きなだけどこへでも行ける、飛べる、そんな気持ちにさせてくれます。徘徊がかなり面白くなるので、あんまり何も考えることなく街から街を飛び越えていく。地上に降りたら破壊の限りを尽くす…リアルを超越したタイプの箱庭ゲーとして良さが光る良作です。

オンラインがかなり遊び易くなり、4人までCOOPが可能です。という私は友人と3人で開始したのですが、私のみ初期ステータスだったことからスラスターを含む上位武器を与えてもらい、しかもアジリティオーブを回収して能力を上げている間にどんどんとビーコンを起動してもらう(ストーリーを進行してもらうw)というチートプレイでしたので6時間くらいでシナリオ自体は終わってしまいました。COOPというか同じフィールドの中で各々があまりにも自由に遊ぶことができるのが良いですね。

DSC_0009.jpg

現在ではオーブの回収やチャレンジミッションの挑戦、取れる実績の回収などまだまだ楽しめており11時間くらいを経過しました。現在で実績が680G、まだ取りたいものもありますので遊ぶ予定です。何にも考えることなくストレス解消に持ってこいすぎるゲームですので、今の仕事の忙しい時期には有り難いゲームです。かなり値崩れしており(私も中古で1500円くらいで買えちゃいましたw)、これだけ楽しめる作品ですので、箱○ユーザーの方に是非オススメしたいですね!

| 【XBOXハード総合】 | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。