桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メモリーズオフ ゆびきりの記憶(1)

「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」 買ってましたよ!限定版です、しかもw 店頭販売分は売り切れになっていたようなので、予約して良かったなと。ただでさえ、狭い客層をターゲットにしたであろうものなので、予約が確実ですね。

メモオフゆびきり02
メモリーズオフ ゆびきりの記憶(初回限定版)メモリーズオフ ゆびきりの記憶(初回限定版)
(2010/07/29)
Xbox 360

商品詳細を見る


何だかんだと言いつつも急にハマりだして楽しみにしていたわけですから、面白ければいいなっと思います!色々あるもんで、プレイ開始は土曜あたりになりそうですよw 本当はものっそいプレイしたいんですけどね!とりあえずまあ、DEAD SPACEやってきますw 

メモオフゆびきり
最初はメインシナリオから踏みたいと思うんですけど、私的には左側の小さいのに興味が湧くわけなく(初見のみの印象)、右のからね、行く予定ですよ!どんな修羅場が待ってるんでしょうかw 楽しみだなっとw

や、最近の自分はどの方向に進んでいるんだろう? と不安になったりますけどねw 面白いものは面白いんだもの、こればっかりは仕方ないでしょw

スポンサーサイト

| メモオフ ゆびきりの記憶 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メモリーズオフ6 T・wave~(no.1)

はい。ギャルゲー開拓元年 みたいになってますが、メモオフ6TWやってました~。んで、クリアしましたよ。何だかんだで累計28時間もやってたことに驚きですけどねw んまあこれが面白いの何の。この前にのーふぇいとやりましたけどね、アレが霞んでしまうくらい(普通だったんだなって思いますね)。感想云々のゲームではないと思いますので、雑感をちょいちょいっと書くくらいで。

TW1.jpg

歴史のあるシリーズということと、今までのシリーズ作品とは気色も少し違うもののようで(調べてみた)すが、初めてやってみる分にはちょうど良くてですね。従来のメモオフはもっと重い修羅場ゲー仕様なんだそうですが、そんな重たさも感じることも少なく、逆に胸がキュンキュンくるくらいの切なさがあって面白かったです。ただそれに尽きるかと。



メモリーズオフ6 ~T-Wave~メモリーズオフ6 ~T-Wave~
(2009/08/27)
Xbox 360

商品詳細を見る


最初は…見た感じだけで「鈴>りりす>クロエ>智紗>結乃」だろうと私の中では踏んでいたんですけどね、結果が覆りまして。それは一応折り返しておきます。今LIVE配信でもTWが出てますのでやる方もいるかもしれないですし。「メモオフゆびきりの約束」も発売間近ですしねえ。

メモオフゆびきりの約束。 あん?予約?しましたけど、何か?w ただ先にメモオフ6NRをやっておきたいので、そっち終わるまでは積むかもしれませんけどねw 本当は話進むの楽しみにしながらやってるんでガーっとやりたいんですけど、こっそりしかできませんので、時間かかってます…w とりあえず、NRやってきますってば!

≫ Read More

| メモオフ6 ~T・Wave~ | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソニワド(no.4)/Endless Possibility

ソニックワールドアドベンチャー クリアしました!どれくらいかかったのか分かりませんが、昼ソニは神経をやたらと使うので疲れてしまうこともしばしばありまして、時間かかってますw 特に初見ステージはあたりは心も折れていくw

ソニック ワールド アドベンチャーソニック ワールド アドベンチャー
(2009/02/19)
Xbox 360

商品詳細を見る


後半に差し掛かってからは難易度も体感で上がっているのが感じられて、心も折られながらそれをクリアする喜びを噛み締めて。覚えゲーのテイストは存分にありますので、ルートやギミックの把握が出来てくる頃からアドレナリンがドッバドバ出てきますから!参考に動画とか見てみましたけど、あの辺の方たちは神の領域ですよねw あんなん頭で分かってても眼と指が付いていかないですよ。

ソニワド05

昼ソニが神ゲーと呼ばれる所以であることは十分に理解しました。だって凄いもの!!本当やらないと勿体無いですってば。スピードアクションの真髄を見たような気がしますよ。簡単な操作だけで、眼と指が追いつけば待っているのは恍惚の世界なわけで。ギミックに揺られているだけでその演出が素晴らしいので、心も奪われます。スピード感、高低差演出が神がかっている、本当。

夜ソニは…悪くないんですけど並ですよねw アクセントとして昼ソニの中に少し混ぜてくれるだけで良かったのに、って思いますw エッグマンランド(最終ステージ)のような切り替えの仕方で8:2か9:1くらいで混ぜてくれれば、名実ともに神ゲーだったのに。まあ、割とありふれているアクションの延長でしかなかったかなって感想です。

にしても、エッグマンランドから最終決戦まで結構辛かったよ!そして長いw 夜ソニの落下即死やソリ滑りが苦手な私ですので、その辺で大分時間取られましたよ。どうも制御が効かないんですよね、ソリw 最終ボス戦でEndless Possibilityのサウンドが入ってきて俄然テンションは…上がったのに!球体ベースの移動って難しくないですか?w Endless Possibilityのボーカル、どっかで聴いてる声だと思ったらBOWLING FOR SOUPだったのね!あの顔で(w)こういう歌を歌っているトコ想像したら笑えましたw オリジナルは馬鹿満載だからw

チップ

チップの存在感も異常 でした。あんなの反則、可愛すぎるものw 最後の結末は納得せざるを得ないですけど、もの悲しくなってみたり。ソニックはストーリーが結構しっかりしているので、ソニック×チップの友情くだりにはちょい泣いてしまうかと思いましたw

まだステージ走破やそれこそチップとの友情実績も取ってないので、もう少し遊ぶかと思います。やればやっただけ神ゲーであることを実感できる極上スルメなので、まだ味わっていたいのですよ。追加コンテンツもありますしね。難しいって聞きますけどw

| ソニックワールドアドベンチャー | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FOUR GET ME A NOTS:TRIAD TOUR

2010.07.11 FOUR GET ME A NOTS:「TRIAD TOUR」 in KLUB COUNTER ACTION!!

やー久しぶりのライブでした。ライブはやっぱこうでなくっちゃ!ってことで今年に入ってからは実に初のライブと呼べるライブに。FOUR GET ME A NOTSは初めてでしたよ。思い返せばlocofrankの新譜の情報を公式で見ていた中で見つけた「Beginning」のPVで即惚れし旧音源も聴いての満を持しての参戦だったわけですねえ。因みに去年はCOUNTER ACTIONは行ってないのでハコは2年振りでした。

w/SNATCH, AIGHT, TAGNUTS, SEALION, THE WORLD PEACEの対バン混みで6バンド。今までSNATCHが2回、AIGHTは3回くらい見たでしょうか。SNATCHは無料配布のデモを貰ったこともあったのと、久々に見ると何か良いなと思ってCD買おうと思ったんですが金が無くて買えずw 帰りの駐車場代金が幾らかかるのか分からなかったのでねw や、でもSNATCH良かったなー。何だか研ぎ澄まされた感がしましたよ。AIGHTも、もっとじっくり聴いてみたいです。

TAGNUTSがFOUR GET ME A NOTSと同じ編成で(♂2・♀1)、コーラスワークも意識しているようで綺麗なメロを聴かせてくれる曲もありました。基本はベタでメロコアなんですけどね。もっと経験を積んだら良いバンドになりそう!とか素人判断で思って聴いてましたよ。無料配布デモも貰えたので、またどこかでライブを見たいものです。

TRIADTRIAD
(2010/05/12)
FOUR GET ME A NOTS

商品詳細を見る


さてFOUR GET ME A NOTS。セットリストは覚えてません!だって楽しかったんだもんw ベースにもギターにも寄らず中心に居たのでモッシュにちょっと混じりつつ、ダイバーを後ろへ運び(演奏者と観客の間に高低差も隙間もない)、良い汗を流してきました!チエ御飯姉さんの鬼神が降臨したかのようなパフォーマンスに感激!かっけえ!!

1曲目に「Begining」だったので、熱があがる前で残念だったかなっと。もうちょい会場が熱を帯びてから、その中間に入れて欲しかったのが希望でしたw
CDでは「ん?」と首傾げてた「Ways」も気付いてみれば大合唱曲になってて、良いブレイクタイムでしたし、一体感を増したことで、より次以降の流れに火を付けた感じで良かったと思います。
後半は「Chase after rainbows」から「Firm resolution」の流れ!完全にテンションメータ振り切ってしまってモッシュから最前列まで!「Start all over」に続くよりも「Firm resolution」に繋げた方が素敵過ぎる件。




やーしかし楽しかったです。また札幌来てくれないかしらね。むしろ773FOURのイベントとか、してくれないかなw locofrankとFOUR GET ME A NOTS、一緒に観れたらすげえ楽しいこと間違いなし!なんだけどなあ。ちょいとご検討など如何でしょうか?w あ、でも日付変わる直前までやってたので終電で帰ってしまうお客さんも居て、ちょっと可哀相とか思ったり。私も次の日仕事キツかったですもんw でも、皆さん本当にお疲れ様でした!!!!

| 【music:LIVE】 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SHADOW COMPLEX

こちらは SHADOW COMPLEX ですね。先日まで1200ゲイツ→560ゲイツに値下げしてましたので、良い機会と思い購入、クリアしました。プレイタイムは6時間半くらいでしょうか。サクッと行きたかったので難易度はカジュアルにしましたが、ちょっとヌルすぎたかもしれませんw

SC1.jpg

ま、こちらに関しては説明も要らないと思いますので感想程度にしますが。実に面白かったですね、これ。XBLAとは思えないクオリティで、そこらへんの駄作よりかはよほどこっちのがパッケージ向きだろうと思えるくらい。グラフィックも綺麗ですし、システムもシンプルで良い。横スクロールに奥行きを持たせているのでステージに躍動が出るあたりも。奥から沸いてくる雑魚に関しては標準セットが難しいのかと思いきや、以外に自動標準を搭載してくれてたのでストレスもありませんし。ってあれ?これはカジュアルの親切設計なのかしらw まあ右スティックで合わせられるので、それくらい自分でやれよって言われたらそこまでですけどw

SC2.jpg

ドラキュラのようなダンジョン探索が好きであればなお楽しめるようになっていて、ガンアクションよりかは探索アクションとして私は楽しめたかなっと思います。それでもマップ踏破率91%で止まりましたけどねw ドラキュラと同じく、未踏破部に関してはマップで確認できるので、壁を殴るかの如く同様に、ライトを当てまくるのが基本w これをベースに少しずつ強くなっていく、出来ることが増えるってのも実感性を高めてくれるので、安心して探索ができるってもんですよ。ただのコレクティブしか要素のないものよりは、有用性も意義もあって良しと思うんですねえ。

実績コンプまではやりませんけど、ザッとクリアして満足。スクリームキルまで実績取ってとりあえず終了です。本当はヘッドショットまで取りたかったんですけど、ヘッドショットキルしてるつもりがなかなかカウントしてくれなくて、不貞腐れて止めました(22/50でストップ)w 近寄って近接で殴るのが気持ちよくて好きでしたねえ。

SC3.jpg

ストーリーは最後何か腑に落ちない気もしましたけど、まあ十分許容でしょw そこまで必要性を感じないですしね。ってことで、配信タイトルでもここまでできるんだってのを思わせてくれる良作で、きっといつかまたやりたくなることでしょうから、その時まで。私もそうでしたけど、気になったままっていう方はやっておいて先ず後悔はしないんじゃないかと。風評の信憑性については確証はありませんけど、ここまで全体的に高評価を受けているのも頷けますし。これは、XBLAの将来の可能性を明るくしてくれたと思えますってば。

| 【XBOXハード総合】 | 02:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イナズマイレブン/イナズマ伝説つくリーヨ!!(2)

イナズマイレブン、20時間経過ってことは結構思いっきり楽しんでいるということですねw いやあ、完全子ども向けだと思って舐めてましたけど、純粋にゲームとしても悪くないんじゃないかと。いや、むしろ良い。斜に構えすぎてプレイすると、暑苦しいですし反吐が出そう(w)な感じもしますけど、そこをグイグイと惹き込ませるのはさすがといったところでしょうか。

大人がプレイするには抵抗感を少しなくさないと難しいかもしれませんが、これは子どもだけに限らず万人が楽しんでよいゲームだと思いますよ。あからさまなほど、子どもたちが楽しむゲームではありますけど、大人が楽しめる部分を損なわなかったことに脱帽ですね。丁寧なシステムだったり、挑戦的なゲーム性だったり、王道の物語だったり、ね。


OPは決して飛ばすことなく起動時必ず見るようにしてました。懸命な皆様はお気づきかと思いますけど。この声、違うと分かっていてもヒロトに聴こえるところ多いですよねw クロマニヨンズ何してんの?って本気で思いましたとさw

初志貫徹、不屈精神ここにあり。
何かを学んだ、というには大きすぎますがw 何か歳を重ねて行くうちに忘れそうだったそんな気持ちが頭をよぎったり。頑張らないといけんかな、みたいにちょいと思わされてしまいましたよw

それからキャラクターだけ。まあ、1,000人も仲間になんて要らねえよw ってのは前回記事にも書きましたけど、そんな中から大好きで止まなかったのは「そめおか」「ろっこう」の2人でしたw 試合運びは豪炎寺よりも染岡にパスをまわす。常に染岡はパラメータUPさせてたので、キックは豪炎寺より上でしたからねえ。因みに「ろっこう」は六甲嵐というそうでw 私が何を言いたいか分かりますよね?察してくださいw ま、数ある仲間から固定のメンバーだけに偏愛を注ぐってのは私の得意なプレイスタイルですから、実用性とか気にしないッ!w


んと、まとめに入ってきてるような書きかたしてますけどね。実は「イナズマイレブン」もうこれ以上進まないというかw シナリオ上では最終章、優勝をかけて某チームと試合すっぜ!みたいなトコなんですけどね。

何回やり直してもフリーズが半端ねえw んですよw かれこれ諦めたくなくて何十回リセットを押したことでしょう。でもね、ダメなんです。フリーズするんですw 実は九章くらいからその気は出ていて(そこまでは順調)、このまま最後まで行きたいなっと思ってたんですがさすがに何十回もフリーズされると萎えるわw 進みたいのに進まないモンだから萎えて止めることにしました。

たぶん中古なのも原因かと思うんですよ。パッケの裏にテプラで丁寧に名前が貼ってあったので、推測するに小学生以下の子が使ってたソフトなんだろうと。そう考えればもう、仕方ない。誰も悪くないよ。雑多にモノを扱う時期だものw 中古を選択してるのは私なので、受け入れることにしました。

ああ…クリアしたかったなあw (以下折り返し)

≫ Read More

| 【任天堂携帯機総合】 | 01:26 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

のーふぇいと! -only the power of will-

いやいや、無事にやりきりましたよ、のーふぇいと。実績1,000まで、簡単でしたし。これが意外というか何というか結構面白かったですねえ。予想と期待を少し越えていて、大満足でございました。ざあっと感想程度書いていってみましょうか。

シールド

純粋なギャルゲーに分類するものとしては「初体験」としていますが、自分(サターンの18推奨ゲー、サクラ大戦、アガレストは除くんですってばw) ベースはサターンの時にやった18推奨をイメージしていましたのでゲームの進行としては「主人公の行動や行き先を選択する」(これで主人公のパラメータを上げたり、お金を溜めたり)、サクラにも通じるものがありますけど、イベントやCG回収なんかもその行動に左右される可能性と確率に基づくものと思ってたのですが、全然違いましたw

これがノベルゲーというやつなのか と。ギャルゲーですけどノベル要素があると。基本はざっと話の流れを懇々と読んでいくだけ。時折出てくる選択肢から(難しいものはないんですね)、各々と分岐に流れていくという。のーふぇいとは話が途中でブツっと切れたり、いきなりの急展開があったりと多少の行間を読む力が必要だったりしましたけど、経験がないだけにこんなもんなのかなっと解釈しちゃいましたw

MMRネタ

まあ、色々と非現実的なお話でして若干のファンタジーさと、話のなかに幾つもの小ネタを散りばめてあったりと、退屈もそこそこで済みました(MMRネタと集英社系のネタが多かったような?、あとは知識不足から見逃しているものもたくさんあると思いますけどw)。MMRネタはちょっとクドいですね。 キバヤシの顔を何度も思い出しましたw

統一機構

まさか平凡な高校生活から宇宙を統べる組織との戦いに話が及ぶなんて誰が思うかw 超展開すぎに付いていけなかった感を残してるのもありますけど、設定から話の盛り上げと集約には必要な要素だったんでしょうかね。

動機付けになった「バリバリ軒のうた」は劇中ではほとんど出てこない始末でしたけど、だからこそのあのプロモーションに意味があったのかと思うくらいw しかも実在するバンドの提供だったとは失礼しましたw のーふぇいとチームが創った高いクオリティの遊び心だと思ってたのでw MUSICモードではフルコーラスで聴けるので実は結構嬉しいw



例に漏れず、誰が良かったかとかそういうの もここでは書いて問題ないだろうと思うんですけど。変態だから自分。その前に、ただ一つ物足りなさを感じたのが、「胸が締め付けられる感覚」なんですよねえ。きっとそれを欲してやってみたはずなのに、それがなかった。もう、ファンタジーなので仕方ないですし、ネタが詰まってたのでそういうもんだと思って満足してるんですけど。サターンでやったPiaキャロ2のヒロイン(名前が思い出せない)のEDはすごい感動した記憶があって、俗に言う胸キュン感覚があったのをすごい覚えてまして。逆に欲しくなっちゃうよね~ってことで次の同系統ゲーム仕込んでおきましたw タグのとこに出てきますけど、まあそれはまたの機会に。

左から女性のみ
全員

特殊武装執行官(宇宙人)・幼馴染(地球人)・魔女(異邦人)・混沌の子(宇宙人) という表現で適格でしょうかねw ん、誰が良かったかの話ですね。あとはネタバレもありますので、折り返しから~


≫ Read More

| 【XBOXハード総合】 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。