桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦国無双2/爽やか無双

まあ何で今さら無双? って言われてもですねw ただやりたかったんですよ~。 きっかけは旅行で大阪城を見てきたから、ってそれだけなんですよ。ひねりも何もなくて、しかも影響されているという、やや不純なw

戦国無双2 with 猛将伝戦国無双2 with 猛将伝
(2008/03/19)
Xbox 360

商品詳細を見る


無双をプレイするのは実に…調べてみたら5年ぶりでしたよ。2004年2月発売の「戦国無双」(PS2)以来なのでした。この経歴でみていくと「三国無双」はノンプレイですね。三国志は、知らないわけじゃないんですがただ単純に日本の戦国時代の方が好きだ、という理由から。といっても決して日本史マニアではないのであしからず。日本史が結構好きだった学生時代を経ている、程度のものですw

では「戦国無双」を当時リアルタイムでプレイして、「戦国無双2」は今なのか、というところに当たると思うのですが、理由は…んん。何となくでしょうかねw とりあえず手元に無双シリーズが1本あると安定ですね。PS2の無印は手放してしまっているので、これでしばらくは落ち着くのではないかと思います。

三国無双は、機会があればとは思うのですが、色々シリーズが出すぎていて…しかもやるなら箱○が良いなあと我儘だったりするので。「三国無双5」は何かシステムに変更があるとかないとかで賛否両論あるようですが、どうなんでしょう?

幸村

大阪城の観光がきっかけで購入しているのでw プレイ武将は先ず真田幸村から開始です。秀吉ではなく、幸村からですが、何か?w まあ主人公のようですし、このまま大河ドラマの流れに沿って、直江兼続~石田光成ってプレイして行こうかな?史実に深い知識を決してもっているわけではないので、無双やってると知識がごっちゃになりそうですねw 

爽やか無双 ってのは、「無双って爽やかだよな~」って感想なだけですw 人を殺めたりしているはずなのに、血飛沫もなく欠損もなく。「敵将討ち取ったり~」なんて爽やかな選手宣誓のようですよwww 爽快感による「爽」ってのでなく、むしろ武将たちの青春白書を見ているような爽やかさも相まって、新鮮です。最初が幸村だから、ってのもあるのかな?

せっかく崩してきた積みゲがここ最近また増え始めているので、無双に関してはゆっくりやりたいなと思っております。来月は結構欲しいゲーム多いですしね。

スポンサーサイト

| 戦国無双・三国無双 全般 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラクエ5(3)/オチ?ありませんよっ

とりあえずドラクエ5クリアしました(裏撃破はなし)。時間にしてジャスト20時間強w 随分速くないですか?w PS2の記録漁ってみても24時間、SFCのはさすがに記憶ないですが。この20時間のうちプリズニャンを仲間にしようとかけた時間(2匹目放棄までの時間含む)、アークデーモンも同様(結局仲間にできずに放棄)、これ合わせたら2~3時間かけてるので20時間は切ってますね。んまあ恒例のカジノやすごろく、名産品集めはほぼ無視に近い状態ので、ってのも背景にはあるんですけどもね。

移動の遅さ、戦闘速度などストレッサーとなるべきファクターが長い時間を経て解消される、加えてDSでリメイクという手軽さにかけて、軽快なテンポへの取り組みなど成されていたのでしょうか。非常にこのリメイクには好感ですね。ただ、全体的に少し難易度下がった?ような気もしますねw

last pt

ほぼ固定に近い最終PT。まあ私の場合はいつやってもこんな感じになるんですが。SFCだとフロント3人ですよね?モンスター枠はあまりなかった記憶があるなあw しかし、今回は前述の通り「ゲレゲレという名のプリズニャン」を全力で愛でていくことにしたので、実は主人公を抜いて一番レベルが高いですw 無理せず取得した中で与えられる最強のものはゲレゲレに与えました。スピードと火力だけを武器に、打たれ弱さなどを少しでも回避するために後方に置いて少しでもカバーできれば良いかと。

あと特筆すべきはやはり娘ですか。ずっと前の記事でも触れたように、うちは「テン」「ソラ」が子どもの名前デフォなのでw 娘のソラは絶対必要ですね。「ほしふるうでわ」でスピードを最大にしておいて、攻撃・補助呪文はもちろん、「けんじゃの石・しゅくふくの杖」で回復もこなす、エキスパートです。我が家では。

息子のテンは…今回はゲレゲレに場所を取られた、といったところでしょうかw デボラが帰ってくるまではね、良かったのですが。装備に金かからないし(all 天空でおk)、オールラウンダーの表裏には中途半端さが否めなかったりと。ボス戦ではフバーハ・回復で重宝はするんですけどね、今回ははずさせていただきました。

といことであとはピピンを打撃専門A級サブにおいて、サンチョを「くちぶえ」「しのびあし」要員で置き、加えてピエールをベホマ要員で置いておけばとりあえずおkでした。適材適所とはこのことなのかw

デボラ様 に関してはあともう1回だけ記事を書いて、今回の旅の締めとしましょう。まあ、誰も望んではいないんですけどねw 折り返しで今回のデボラを除いた名場面。「ぬおおー」とかそういうのはありませんw

≫ Read More

| ドラクエ5 天空の花嫁 | 10:58 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪・神戸:旅行記

思い返せば修学旅行はとても昔のこと。今回は今までに行ったことのなかった、そして行ってみたかった大阪・神戸へ旅行してきました!それこそ修学旅行では広島や京都などはあれど、大阪・神戸は行ったことなかったのです。簡単ですが旅行記として残しておこうかなっと。

===
■6/18(金)
7:55新千歳空港発~一路大阪へ。ええ、飛行機自体が4年振りだったので、はしゃぎましたが何か?w 以前に沖縄へ行ったときもそうでしたがやはり北海道との気温差に驚きますね…半袖は勿論用意していたものの、暑いw 予想を遥かに超えていましたw あれは何ていうのでしょうか、湿度?著しく体内の水分を汗に代えて放出し、同時に体力を奪っていくですね。


一応立てていた計画の通りに動くことで決めていたので先ずは大阪・新世界へ。きっと同じような観光客が多くいるように見受けられるなか、先ずは「たこ焼」ですよねってことで、一番流行っていそうだったお店へ。私たちも札幌なので、俗に言う「観光客目当て」のお店ってのが地元に居ると分かるのですが、それが逆になると全く分からないもんで、開き直って観光客をステータスにw 人が並んでいたり、芸能人が来ました!みたいな写真が貼ってある所をチョイス。「たこ焼」→「アイスドッグ」と先ずは食べる、そして「通天閣」へ。不思議な感覚です。あの街並みにあのタワー。人の温かさを感じるような。上から見る新世界の街並みが好きでした。観光街になっているとのことでしたが、それよりも前はもっと粋な感じだったのでしょうか?…この時点で13:00くらいだったかな?また食べるか、ってことで人生初体験の「串カツ」を。

串カツ

昼から飲むビールと串カツ 何とも言えぬ至福の一時でした。行き交う人を横目に。もっと油のイメージをしていたのですが、比較的サラッとしたソースと食べて、全然重くない!むしろ美味い!美味いぞコレは!美味いんだぞ!って感想ですw


次はアメリカ村(アメ村)で買物をメインに。古着やアメカジテイストの物は大学生の時に好んで着ていて、最近は歳も重ねてきた中でメインでは着なくなっていたものの、あの雰囲気はズルいですねw 年中お祭りみたいなもんじゃないですかw 最終的にここで\10,000-くらい買物で使って(暑かったのでハーフパンツも購入!)。品定めとか鏡の前で合わせたりしていると、店員サンたちが話しかけてくる、話しかけてくるw 札幌の2.5倍くらいでしょうかw こっちでは話しかけられてもだいたい一言二言なのですが、大阪ではガンガン来ますね。まあ、大阪はそういう所ってイメージはあったので、問題なし。アメ村周辺にあった心斎橋、なのかな。OPAというビルなど他も入りましたが、札幌にも出ているショップなどは大きな違いはなかったですね。んまあそりゃそうだw ここでは「ネギ焼き」→「たまごせん」→「たこ焼」と食べるのですね。アメ村また行きたいな~


続いては彼に会いに。心斎橋~道頓堀 で合ってるのかな?優しそうなおじさんに道を尋ねながら、ゴッタ返す人並を掻き分け、「引っかけ橋」に到着。ようやく肉眼で彼に会うことができました。

グリコ看板  ヤッター!会いたかったー!

下の河沿いから見てる方が好きだったな、気持ち静かで、水面に映るネオンの光も綺麗に感じましたよ。一日歩きっぱなしだったので足も休めつつ結構ココでグリコの彼を眺めて。あとは夕食を何にしようかと相談。一番インパクトと感動の多かった「串カツ」をセレクト。本日2回目!!w 帰りにはデザートにおいしく「たこ焼」を食べ歩きしてホテルまでw

要するに「たこ焼」→「アイスドッグ」→「串カツ」→「ネギ焼き」→「たまごせん」→「たこ焼」→「串カツ」→「たこ焼」ってことになりますね。ヤッター!いっぱい食べたー!

===
■6/19(土)
この日は神戸を観光することに決めていたので、朝から私鉄で神戸へ。「何かモダンだぞ?」お洒落な空気が街を包んでいるような感じがして、大阪とは違う良さを醸し出していました。

南京町から行きますよってことで、昼飯を兼ねてブラブラと。この日は土曜日だったのもあってか、人が多かったですね~。店内奥に入るような形式の所は気軽に寄れなかったので、路面形式を多くチョイスしながら少しずつ味わうような形に。人が並んでいるところは、ほとんど店内に入って行く形式のお店ばっかだったんですがねw この一角だけは何か別世界のような感じがしました。外に出ればビル群とモダンの共生する街並み、中華街は中華街。持ち味は異なれど、大阪の新世界と同様の気持ちになれます。ガツーっと中華を食したあとは近くのスタバで休んで目指すはハーバー近辺に向かうことに。


Ciaopanicに寄りながら(独立して店舗立ってるのスゴイね!)、道沿いからメモリアルパークに。分断されたコンクリ、傾いた電燈…一部でしたが震災の被害が形にして残されていました。胸のうちに込み上げてくる物を秘めて。海を眺めながらゆっくりと流れる時間を楽しんで、遊覧船にも乗り、ポートタワーは後にしようとモザイクというショッピングモール(ですよね?)周辺を散策しました。

moss.jpg

Mossです、モス。可愛くないですか?モザイクから駅の方に向かって歩いていくとこれが展示されていました。このパターンのグラデーション配色は比較的好きで、変な観光客が2人してコレの写真撮りまくりですよw ちょっとだけ周りの視線を感じましたw これを観てSHAKALABBITSのMutronを連想したのはオレだけではないはずだ…と思うのですが。




結局モザイクではなにも買わなかったのですが、休憩で入ったカフェで食べた「デンマークチーズケーキ」が美味しかったです。横目に見える海と、モザイク自体の洒落た作りがマッチして優雅な気持ちになれるという。
本当は、夜景を観たかったのですが、時間の関係で(><)夕方の時間に入ってポートタワーに行くことに。よくよく見たら営業時間19:30になってましたが、ポートタワーは夜景観覧者に優しくないねw 勇んで買った神戸1Dayクーポンみたいの使おうと思ったのですが(このために遊覧船は現金で乗船)「今日無料だからね~」とおっちゃん。…おっちゃん!その優しさが僅かな金額であれどちょい損した感をエグってくれましたw

回転喫茶

神戸を360度回転してくれるという喫茶から…古めかしさこそあれど、意外にありそうで今までみたことのなかった回転式の喫茶(ポートタワー3F)から。地ビールかな、お洒落にBARまでとは行けなかったけど、おいしく頂きました。
本当はシティループバスってのに乗ろうと思っていたのですが、これも18時台をもって最終が出てしまっており、乗ることができずw 再びセンター街をブラブラしつつ歩いて駅まで帰りました。

===
■6/21(日)
最終日。飛行機までの時間で最も観光らしいとも言える、大阪城を観て帰ることに。実は城を観るのも初めてでものスゴイ楽しみにしていたのですが…概観は城。でも中身が、どっちかと言うと秀吉の生涯や豊臣家の歴史、大阪城のことが中心でせめて城内復元とか少しでも良いから観たかったなあという感想もあります。でも不思議と男の子の心を震わせてくれるのは確かで。帰ってきてから無性に無双が…(ry あとは関空までの時間を梅田駅周辺で「お好み焼き」食べたり、買物していたりと。

===

長文になってきてちょい疲れてきたのでw まとめ。ものっそい良かった!大阪は新世界に始まり心斎橋や道頓堀、日本橋・なんばなどかなり歩きましたが、まだまだ全然足りないなあって思うし(おいしい串カツ屋さんでもっと食べたかった!)、神戸は南京町とハーバー付近しか見れなかったのもあって、まだ半分も観光した気持ちでない。地図で見て上の方は全く行けなかったし、思い残すことはたくさんあるぞ!w 今回の旅に関してはスペシャルアドバイザーとして「ナギさん・Pinさん」にもご協力頂きまして誠に有難う御座います。大変感謝致しております。

そしてオレはまた再び同じ地を旅行するのです!絶対に!


…殴り書きを最後にします。 
①大阪ではエスカレーター、止まる人は右に寄るのですね!ビックリした~ 
②ええと、串カツ屋さん3つ行ったのですが「ソースをかける」「ソースに浸す」の2種あったように思い ます、どっちが本場なのでしょうね 
③神戸、お洒落すぎませんか?w 素敵です。「カルメニ」でしたっけ、見つけられなかったんです~(><) 次は上の方にも行ってみたいですね~ 同じく「吉衛兵」ですか、見つけられなかった~



…お、そういえばまだメインがあったのです。誰かお気づきですか?(気付かねえよw) 次また観光に行くにもこれも夢としているのでねッ!以下折り返し~。


≫ Read More

| the other side | 14:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラクエ5(2)/ネコ科とこの道わが旅

何かヤバイですw DSのドラクエ5がこんなにも面白いとは…5周目にして意外にもドキドキが止まりませんw もう国民的ゲームがゆえ皆さん周知されているものと考えネタバレしますのでご了承ください(一応デボラに関しては伏せておきますがw)

これに関しては発売時全く情報収集していなかったのでデボラ嬢がどんな絡み方をするのかですら知らなかったのですが、まだ追加要素あったのですね。新モンスターが仲間になると。へええ、知らなかった。

プリズンプリズン02

ドラクエ8からの飛び入り参加「プリズニャン」でしょうが!可愛いんだな、コレが!青年期序盤のオラクルベリーからエンカウントできるので、早速仲間にしようとマップをグルグル…意外と仲間になりにくいw 一匹目の仲間になる確率は解析上では1/16らしいので、楽勝と踏んでたのですが、ここで1時間半も浪費しちゃいましたよw 名前はプリズン

プリズニャン

ん?おかしなことになりましたねw あまりも可愛らしさゆえに名前を「ゲレゲレ」にしちゃいましたよw ええ、この段階で最後まで連れて行くことを約束します。もう君に決めた!のです。因みにキラーパンサーはデフォの「プックル・チロル・ボロンゴ・ゲレゲレ」以外にさらに4つ提示してきたので新しい中から「ソロ」にしました。…あのその中に「ギコギコ」って選択肢もあったけど、ビアンカさん、それはパパスのネーミングセンスを超えたよねwww

本当は2匹目まで仲間にしようと2時間くらい頑張ったのですが一向に仲間になる気配がないので挫折(1/64らしい)w ラインハット突入時で既にレベルが結構上がったよ…もう既に頭の中では最終メンバーも決めたのでピエールで打ち止めでおk。馬車の中にはモンスターは居ません!最初にスライムとか仲間になったけど、即モンスターじいさんのところに預けたです。ヘンリーが抜けて、キラーパンサー加入までは主人公・ゲレゲレ・ピエールの3人で頑張りますよ。誰も仲間にしてやんないもんね!

とりあえずプリズニャン>キラーパンサーはこの旅では決定とします。因みに…調べた結果によるとレベル20を超えた段階から特技を覚えなくなるらしく、後半のパラメーターアップも停滞するそうですw 愛情で、愛情を目一杯傾けて愛していくしかないのですね。よし「オリハルコンのキバ」は君に約束しようじゃないか。



桜の枝

妖精の里終了後、ベラが桜の枝をくれたのです。サンチョが飾っておきましょうね、って言ってくれた。これってPS2のリメイク時にあったかな?全く覚えてないですが「なんかあたたかくて良いな」と思ったので。青年期に入ってサンタローズが襲撃を受けた後もしっかりと家の地下に落ちていましたよ。心があったかくなるなあ。



初の予約投稿を試してみてます。きちんとアップされるのかな?w


| ドラクエ5 天空の花嫁 | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラクエ5(1)/麗しの嫁を求めて

ドラクエ9の発売も確定になった話題が飛び交うなか、間髪入れずに次のDSソフトを購入してみました。思い返せば昨年、第3の嫁登場に沸いた「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」ですw このタイミングだからこそユッタリと遊んでいこうじゃないか、ってことで。家のDSはマルチプレイなんぞできる環境ではないので、ドラクエ9は一人で遊んできちんと楽しいなら即買い(積む可能性は高いけどねw)、本当にマルチに重きを置いているなら様子見でしょうかね。そろそろしっかり情報収集しないと。

んでドラクエ5。かれこれSFCに始まりPS2と、通算では4周くらいはしてると思うので、今回で5周目になるんですかね。新要素がなければ、DSドラクエ4のようにスルーだったと思いますが、今回はスルーできない。タイミングこそ遅れたものの「いつか絶対やってやろう」と思ってたもので。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁ドラゴンクエストV 天空の花嫁
(2008/07/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


嫁論議 になってしまうとこりゃまた完全に好みに分かれて永遠の平行線を辿るのでしょうw 因みに今まではビアンカで3回・フローラで1回、それぞれ子孫繁栄をしていたと記憶しています。このままこの世界がここで完結するのであればやはり「ビアンカ」派になってしまうのが、私。

デボラ  この人の存在ありきでのみ購買意欲をそそられた!

先ずは実際にそこまで辿りついてみてからにしましょうかw 過剰反応するには早すぎるw PS2の時の記憶がほとんどないので比較材料としては乏しいものの、ゲームの進行自体がとても早く感じます。「移動・戦闘、そして染み付いた記憶」の成すところで自分比で1.3倍くらいか!半端だな!w 非常にサックサク行けてしまうのでそのテンポの良さにガガーッと進めてしまうかも。プレイ回数が増えてパーティ構成を考えるのも楽しい…はずなんですが、私の場合、ドラクエ5に関してはモンスター枠が3しかないんですね(あれ?最大8人でしたっけ?)。え?だって…

主人公・嫁・息子・娘・ピピン は最終的に必ず居ますよねw モンスターならいつも安定を求めてピエールがよく居るかな。あとは仲間になったモンスターの運次第、欲しいのが仲間になるとは限りませんからw たまには冒険心出して、変なモンスターとか連れてみたいかな。

先ずは結婚までハイスピードで進めてみてから考えよう!w

| ドラクエ5 天空の花嫁 | 17:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライス(3)/ブロンド・ハーレム

今更ですか・・・?と言われんばかりに長い沈黙を破って「幻想水滸伝ティアクライス」クリアです。購入はもちろん発売日(2008.12.19だっけ)から換算して約半年w JRPGに限ってはよくありがちなパターンで、持続性がないので他のゲームに浮気しては(もっぱら据え置き)放置。行く末は放置放棄にて積まさることがほとんどですね。しかしこれだけは積みたくなかった。

だって幻想水滸伝だしな 最終レベル57、総プレイ時間32時間。

ストーリー進行を忘れない程度のギリギリまで放置しては再開、区切りがついたら以下ループ。これで半年もかかりましたってことですよ。つまらない訳ではなくて、なんか中だるみするんですよねえ。相応の不満点がやはり挙げられるので、それを払拭するはずの幻想水滸伝フィルターがうまく機能しなかったのでしょう、個人的には。面白ければゴリゴリ行ける筈ですからね。

概要に関しては以前のティアクライス記事の通り。変わることはありませんでした。追加としてはメインを進めていてもテンポが悪いこと。一つひとつを細分化してミッション形式にしてしまうから連続性に欠けるのが否めないですね。最初のころはこれでも全然良かったのですが、緊迫性のある展開などではモチベーションが削がれがちになります。本拠地を間に必ずと行っていいほど介さなければならないのも考えものですかね。

ストーリーに関しては、悪くない。回収しきれていない伏線。「それくらい読めよ?」的な製作者側の意図もあるのかもしれませんが、優しくはないですよね。結局主人公はあれですか…アトリが言ってた彼の…(一応ネタバレ回避しときます)。とりあえず主人公もその場の感情での「やってみなきゃ、わかんねえだろ」連呼w 正義感という芯がベースにあるので理不尽な「やってみなきゃ、わかんねえだろ」は言いませんが幾ら何でもアンタw 急速に大人になったリウ含め、メインキャラがしっかりしてるのでそれで維持できてたもんでしょうが。幻想水滸伝に関しては、こんなにも主人公に感情移入できないのは初めてです(幻水3は特殊なので除く)。ドラクエと一緒で基本喋らない、主観的視点に立てるタイプのほうが、幻想水滸伝に関しては周囲との兼ね合いをみるに客観性を持たせられるので良いと思いました。

最終PT

ブロンド・ハーレム と言って置きましょうかw サポートのユーニスは落ち着いた色合いですが、主人公を除いて金髪で統一してみたよ(また変態菌が出てきたよw)。左から主人公・ディアドラ・フレデグンド・クロデキルド、サポート(右上)でユーニスです

ディアドラは完全魔法特化型、フレデグンドは機敏性と火力で攻める型。この2人はスタメン固定だったのですが、これでパーティのバランスを保ちつつ、最後まで迷ったのがクロデキルド。レベルが一人低いのが迷いを象徴してますねw クーガの幻影を追いながらダイアルフと迷っていたのですが、フレデグンドがいるならクロデキルドだろう(姉妹なので)と安直な考えから。サポのユーニスはただ好きがゆえw

相当安易に、レベルの低いキャラは数回戦闘に出せば牽引メンバーと並ぶだけのレベルになれるのですが、何せエンカウントの多さにグッタリしていたので、終盤は90%逃げてましたw しかも敵のほとんどがかなり弱いのでw そこまで編成を練り上げなくても勝ててしまうのが緊張感を完全に無くさせていましたしね。結構装備も適当でしたw

108星は多分70くらいしか集めなかったんじゃないだろうかw 必然的にメインキャラでパーティを組むことになってましたね。今回は108星集めたからといって特に何もないようなので(クリア後に調べてみた)、これでこのままフィニッシュになります。2周目は…ないでしょうw 何やら否定的なことばかりを言ってますね、私w 違うんですよ?幻想水滸伝というベースの面白さを前提においてるだけであって、幻想水滸伝そのものの良さは損なってないので、大丈夫。面白かった、と言えますから。

1・幻想水滸伝Ⅱ
2・幻想水滸伝Ⅴ
3・幻想水滸伝Ⅰ・Ⅲ(同率、甲乙付け難い)
4・幻想水滸伝ティアクライス
5・幻想水滸伝Ⅳ


と個人評価をしておきます。次世代機で「幻想水滸伝6」が発売され…ますよね?今回のティアクライスは色々な意味で6への布石として受け取っておきたいと思います。待ってます!次は携帯機は避けて頂きたいですね…ハードの限界が、もともとの良さであるソフトの面を代償にするのは勘弁ですw

さて、最後にティアクライスの偏愛キャラについて載せて締め括りとさせて頂きます。私は108星全部をゲーム進行上で見ているわけでないので、私が見た主観でのみ。異論は受け付けますw 少しだけ、ネタバレ含みますのでご注意を。

1・愛すべきフューリーロア:クーガ クーガ
2・ナースフィルター発動:ユーニス
ユーニス

クーガは絵に描いたような実直さ。天真爛漫に感情を表出させながらも鬱陶しさを全く感じさせず、むしろ愛らしさを全面に滲ませているところに好感。主人公と常に前線で戦っていたかったのですが、それは叶うことなく…。108星が揃った真エンドなら、もしや…!とも思ったのですが、叶わぬ夢でしたね。切れていなかった絆を見せた終盤はこのゲーム一番の魅せ場だったと思いますよ、個人的にね。

ユーニスは、何でだろ?一応メインに多少絡むだけで影響力はないのにw ちょっとクレイジーな医者(ザフラー)の下について、周囲とのバランスを保つ大切な役回り。他のちょうどクーガと同時期に偏愛の対象になってそのまま、サポートはずっとユーニスでした。毎ターン状態異常者を回復してくれるのですが、アンバランス回復は重宝しましたね。明確な理由うんぬんの前に好きでしたw

あの束ねた髪をファサっと下ろされたら限界ヤバイでしょうねwww

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 16:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ME/カジュアル・スペクター(2)

MASS EFFECT。世界観やシステムなどに慣れるまでに非常に時間がかかりましたが、ここに来てその楽しさを存分に味わっております。意外と難しそうに見えて、何気に進めていけばその内その世界もそこそこ理解できますし、ゲーム内に「コーデックス」なるゲーム内辞書と言えばいいか。それで補完できますので、導入はこれでOK。

カジュアル・スペクター
んや、最初はね。ノーマルで始めていたのですが、如何せんゲームオーバーが多いものでw TPSとしてよりもRPGとしてMEを楽しむべきだろう?と気付いた時には難易度をカジュアルに下げましたねw カジュアル・スペクター若しくはヘタレ・スペクターとも言う。このTPS要素の部分、普段から銃撃戦慣れされている方はどう感じているのでしょうか?なんていうか、「分かりにくい」のですよ。

敵へこちらの攻撃が当たっているのか、判断基準としては敵のライフゲージを頼りに。テク(魔法のようなもの)も画面上に行き交えばどこから撃たれているのか、いつ撃たれたのか、混雑して分からなくなっちゃうこともあります。主人公はコマンダーなんでテクやバイオ使うことはないのでまだ、自分の動きだけなら把握できるのですけどね。乱戦はまだ苦戦してますw

ME COVER

オイ!そこはオレのポジションだろ? 戦闘中はやはりカバーポジションを守りつつ…なんですが形状によっては一人しか付けないところもある訳で。自分の付いてるところに味方がいつの間にか寄ってきて場所を分捕ることもあります。阿呆かw 因みに写真の位置ではこの場所から移動することも、発砲することもできませんw 邪魔臭いと思って話しかけてみたら「今は無理だ!」「邪魔をするな!」…だと?w 頭悪すぎる…w オ マ エ が 邪 魔 な ん だ w (まあ指揮で動かせるんですが、緊迫した事態とかにこれされると腹立つんですよ)

後は皆さん、お気づきですね?エレベーターの移動は何とかならないんでしょうかw 乗り込むとそのまま身動きできなくなり、30秒くらいですか?そのまま拘束されます。変えられるのはカメラアングルだけ。コレ退屈w 既に発表されているMASS EFFECT2ではこのエレベーターも改善されているようなので安心ですね。エレベーター内で記念撮影。パーティは概ねレックスとタリを連れて歩くことが多いのです。アシュリーだとカバーポジション取り合いになるしねw

ME EV



ストーリーに関してはまた機会を改めて。展開的には結構好みだったりします。そえばボーナスディスクに付いている追加コンテンツ「星の落ちる日」ですがクリアで実績50Gですね、おいしい。あれ、最後私はパラゴン的な動きだったのですがアレで良かったのかな…なんて。ネタバレになっちゃうので、この辺で。

ME DLC

 

| 【XBOXハード総合】 | 23:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SF4(5)/大関200本勝負の軌跡

角界きってのイケメン大関 E・本田の長い戦いにようやく一区切りを打つことができました。目標としていたのはオンライン100勝と累計戦数200。特に再開からの後半は単純計算で60戦20勝くらいなので…3割強ですかw まずは以下にプレイヤーレコードから。

SF4戦績

前回の再開報告時から「戦いの先に Xbox LIVE対戦で100勝した(プレイヤー マッチでも可)。 :50G」 獲得時のものです。上記の通り、後半再開時からの戦績はグッと落ち込んでいるので、当時59%あった勝率はギリギリ50%を保つ結果となりました。因みに大半はランクマッチです。プレイヤーマッチもやってみたのですが大関の奇襲攻撃は同じ相手だと読まれてしまうのでw

これ見てると、「最多連勝数14」なんてよく取れたなあと自分でも驚き。これも全て大関の戦いで獲得したものです。もともとがケンくらいしか使えないヘタレファイターだったのが、新しい可能性の模索から始まった大関使用なのですが、何か良かったんでしょうね。非常に自虐的で力強くて。ただの力押しとも言えるのかも分かりませんがw

大関

いずれにしてもSF4に関しては一区切りとしたいと思います。実績は610Gで。まだ全キャラ出しとかしてないんですけど、イイかななんて思ったりw あけぼのフィニッシュ365回とか、トライアルとかやればもう少し取れると思うのですが、なんて言っても来月にはKOF12が出てしまうので。引きずらないように。

対戦して頂いた沢山の方々、本当に有難う御座いました。たまにオン上がるかとは思いますが、その折はまた宜しくお願い致します。…と見知らぬ不特定多数の方に言ってみる。

もう毎度のことなんで流して頂いて結構なのですがw 甲子園決勝でますますヒートアップする最強野球漫画「最強!都立あおい坂高校野球部」の作者田中モトユキ先生ですが、コミックス新刊にて以下のように。ああ、次号のサンデーでは巻頭カラーですね、楽しみだ!

田中先生  ああ、是非一度対戦してみたいものです(憧れ)

| ストリートファイター 全般 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪神×日ハム 札幌ドーム2009.05.31

※はじめに
これは北海道で阪神ファンをしている立場での綴りです。北海道=日ハムファンというパラダイムは適用されません。日ハムファンの方の閲覧をお断りさせて頂きます。



ということで!今年も阪神戦を友人と共に観て参りました。仕事の関係で5/30(土)は行けませんでしたが、結果から追えばそれで良かったかなw 昨年の観戦時は確か勝ったはず。やはり観に行った試合は勝って欲しいですよね。

試合は延長12回の引き分け試合。14時プレイボールで終了は19時と、試合時間は5時間に及びました。不思議とですけど、全く退屈せず、しかも長いとも感じなかった。結構緊迫した試合だったので試合時間には意識がいかなかったのでしょうね。安打数でいけばハムの倍近くの数を打っていたのですが、ここぞという時のタイムリーが出ない、決定打に欠けた表現するならば今年の阪神らしい試合だったのかもしれません。

ドリームアーチ こんな言葉が良く似合う金本の同点弾。勝ち越しされ、阪神応援席からは覇気が落ちかけていた矢先に飛び出したドリームアーチ。阪神ファンの夢と歓喜の瞬間を乗せて、阪神ファンの待つライトスタンドへグングン吸い込まれてくるのですよ。沸く沸く。気持ち良い。

今回は引き分け試合であれど、色々な局面が用意され、また多数の選手が起用され、嬉しい限りでした。DH/桧山進次郎が一番嬉しかったんですけどね。私の観戦時に着るユニフォームはずっと桧山だから。まだまだ頑張って、輝く姿を魅せ続けて欲しいですね。
ゲーム後半の勝ち越しチャンスの場面、代打に清水でしたが、あそこで打てば満点。打たなくても笑って許せちゃう局面でしたね。葛城…っていう選択肢が頭をよぎったのですがw 私には分かりえない事情があったのでしょう。ああやってドンドンと若い選手の育成に努めてもらわなきゃ。真弓さんも、今シーズンはそう考えているようですしね。


0531.jpg
自分の指カブさってらw


ビジター応援指定席
が今年はありました。要するにどういうことか。最低限度のマナーも守れないホームファンの観戦者がビジターの外野応援席に入れない、という制度ですよ!つ ま り。毎年申し訳なさそうな顔も全くしないハムファンが阪神外野応援席に居ない(入れない)ってことですよ。ああ、実に気持ちが良い。本当、毎年あの神経どうなってんだ?って思ってたんで。今年は本当に良かったです。周りには阪神ファンだけ。気持ちよく応援ができるのです。これって当たり前ですよね。(本当はもっと言いたいところですが、気分を害されるといけないのでw)
観戦はやはり外野席。戦況にダイレクトで一喜一憂し、その感情の表現を皆と分かち合えるから。TVで観る野球観戦の良さもかなり占める割合は強いのですが、感情の表出に関してだけは圧倒的に球状で観るほうが上。もし経験ない方がいれば一度皆様贔屓の球団でそれをオススメしたいですね。今年は、広大や平野、狩野のヒッティングマーチだけ分からなかった(新しいから)のですが、やはりヒッティングマーチは新しい選手の予習していくべきですね。

応援に必要な物は揃ってるし、年々小物が増えていくのですが、今年は特に買うものもなく。兼務で大学院生も始めたのでペンケースなど購入してみたのですが…これで¥700-ですw 正直酷いw 100円均一で買えるレベルだっぜwww

pencase.jpg

| the other side | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。