桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライス(3)/ブロンド・ハーレム

今更ですか・・・?と言われんばかりに長い沈黙を破って「幻想水滸伝ティアクライス」クリアです。購入はもちろん発売日(2008.12.19だっけ)から換算して約半年w JRPGに限ってはよくありがちなパターンで、持続性がないので他のゲームに浮気しては(もっぱら据え置き)放置。行く末は放置放棄にて積まさることがほとんどですね。しかしこれだけは積みたくなかった。

だって幻想水滸伝だしな 最終レベル57、総プレイ時間32時間。

ストーリー進行を忘れない程度のギリギリまで放置しては再開、区切りがついたら以下ループ。これで半年もかかりましたってことですよ。つまらない訳ではなくて、なんか中だるみするんですよねえ。相応の不満点がやはり挙げられるので、それを払拭するはずの幻想水滸伝フィルターがうまく機能しなかったのでしょう、個人的には。面白ければゴリゴリ行ける筈ですからね。

概要に関しては以前のティアクライス記事の通り。変わることはありませんでした。追加としてはメインを進めていてもテンポが悪いこと。一つひとつを細分化してミッション形式にしてしまうから連続性に欠けるのが否めないですね。最初のころはこれでも全然良かったのですが、緊迫性のある展開などではモチベーションが削がれがちになります。本拠地を間に必ずと行っていいほど介さなければならないのも考えものですかね。

ストーリーに関しては、悪くない。回収しきれていない伏線。「それくらい読めよ?」的な製作者側の意図もあるのかもしれませんが、優しくはないですよね。結局主人公はあれですか…アトリが言ってた彼の…(一応ネタバレ回避しときます)。とりあえず主人公もその場の感情での「やってみなきゃ、わかんねえだろ」連呼w 正義感という芯がベースにあるので理不尽な「やってみなきゃ、わかんねえだろ」は言いませんが幾ら何でもアンタw 急速に大人になったリウ含め、メインキャラがしっかりしてるのでそれで維持できてたもんでしょうが。幻想水滸伝に関しては、こんなにも主人公に感情移入できないのは初めてです(幻水3は特殊なので除く)。ドラクエと一緒で基本喋らない、主観的視点に立てるタイプのほうが、幻想水滸伝に関しては周囲との兼ね合いをみるに客観性を持たせられるので良いと思いました。

最終PT

ブロンド・ハーレム と言って置きましょうかw サポートのユーニスは落ち着いた色合いですが、主人公を除いて金髪で統一してみたよ(また変態菌が出てきたよw)。左から主人公・ディアドラ・フレデグンド・クロデキルド、サポート(右上)でユーニスです

ディアドラは完全魔法特化型、フレデグンドは機敏性と火力で攻める型。この2人はスタメン固定だったのですが、これでパーティのバランスを保ちつつ、最後まで迷ったのがクロデキルド。レベルが一人低いのが迷いを象徴してますねw クーガの幻影を追いながらダイアルフと迷っていたのですが、フレデグンドがいるならクロデキルドだろう(姉妹なので)と安直な考えから。サポのユーニスはただ好きがゆえw

相当安易に、レベルの低いキャラは数回戦闘に出せば牽引メンバーと並ぶだけのレベルになれるのですが、何せエンカウントの多さにグッタリしていたので、終盤は90%逃げてましたw しかも敵のほとんどがかなり弱いのでw そこまで編成を練り上げなくても勝ててしまうのが緊張感を完全に無くさせていましたしね。結構装備も適当でしたw

108星は多分70くらいしか集めなかったんじゃないだろうかw 必然的にメインキャラでパーティを組むことになってましたね。今回は108星集めたからといって特に何もないようなので(クリア後に調べてみた)、これでこのままフィニッシュになります。2周目は…ないでしょうw 何やら否定的なことばかりを言ってますね、私w 違うんですよ?幻想水滸伝というベースの面白さを前提においてるだけであって、幻想水滸伝そのものの良さは損なってないので、大丈夫。面白かった、と言えますから。

1・幻想水滸伝Ⅱ
2・幻想水滸伝Ⅴ
3・幻想水滸伝Ⅰ・Ⅲ(同率、甲乙付け難い)
4・幻想水滸伝ティアクライス
5・幻想水滸伝Ⅳ


と個人評価をしておきます。次世代機で「幻想水滸伝6」が発売され…ますよね?今回のティアクライスは色々な意味で6への布石として受け取っておきたいと思います。待ってます!次は携帯機は避けて頂きたいですね…ハードの限界が、もともとの良さであるソフトの面を代償にするのは勘弁ですw

さて、最後にティアクライスの偏愛キャラについて載せて締め括りとさせて頂きます。私は108星全部をゲーム進行上で見ているわけでないので、私が見た主観でのみ。異論は受け付けますw 少しだけ、ネタバレ含みますのでご注意を。

1・愛すべきフューリーロア:クーガ クーガ
2・ナースフィルター発動:ユーニス
ユーニス

クーガは絵に描いたような実直さ。天真爛漫に感情を表出させながらも鬱陶しさを全く感じさせず、むしろ愛らしさを全面に滲ませているところに好感。主人公と常に前線で戦っていたかったのですが、それは叶うことなく…。108星が揃った真エンドなら、もしや…!とも思ったのですが、叶わぬ夢でしたね。切れていなかった絆を見せた終盤はこのゲーム一番の魅せ場だったと思いますよ、個人的にね。

ユーニスは、何でだろ?一応メインに多少絡むだけで影響力はないのにw ちょっとクレイジーな医者(ザフラー)の下について、周囲とのバランスを保つ大切な役回り。他のちょうどクーガと同時期に偏愛の対象になってそのまま、サポートはずっとユーニスでした。毎ターン状態異常者を回復してくれるのですが、アンバランス回復は重宝しましたね。明確な理由うんぬんの前に好きでしたw

あの束ねた髪をファサっと下ろされたら限界ヤバイでしょうねwww

スポンサーサイト

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 16:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライス(2)/ナースフィルターオン!

もう既に気付いていました。発売日に購入したくせに現在進行は~13時間くらい。遅いよね?w 確かペルソナ4やってた時も同じ現象に出会っていましたが、カテゴリ「幻想水滸伝」から色々拝見してると自分の知らない展開が載っている!見ないようにしていても不意に目に入ってくる情報だけは免れれない…ガッカリ度が高いので、クリアまではカテゴリ「幻想水滸伝」の閲覧を自分縛りにしますw

ここでも微弱のネタバレが出てしまうかもしれませんので(本編に大きく関わる部分は折り返しにしますが)、明らかに自分よりも進んでいない方は閲覧を避ける方が良いかと思われます~ 逆にガンガン進んでいる人、「関係ないから~関係ないから~」の人はどぞ。基準はプレイ時間から参考にしてくださ~い。



ほい。ってことでどう頑張っても箱○を動かしたくなってしまう衝動に駆られながらも、何とかチョコチョコと進めています。…まあ箱○も動かしてるんですけどねw んで夜寝る前とかにDSを起動してみるんですけども

止め時が分からなくて寝られねえ!

結構良いテンポで物語が進行していくので次、次、って思ってると本当に止め時が分からなくなります…この止め時の分からなさはサブミッションの進行をも妨げてしまう恐ろしさ…イベントが立て続けに入るとそっちばっかり気になってモアナ姉さんのところ(ミッション受付嬢)行けないから!おかげで108星も集まらないんだろうな~いずれにしても1周目は直感プレイなんで108星集まらないのは目に見えてるんですがねw

んで時間取られるのが戦闘、というかエンカウント率ですかね。もう既に多くのユーザーさんの意見が出ていますけどエンカウントが若干多く感じますよ。戦闘のテンポ自体は良いのでさほど気にならないといえば気にならないんですけど。イベント終了してダンジョン戻る時とかに「すりぬけの札」(言わばリレミト)がなかったり、またたきもないんでいちいちエンカウントに遭遇しながら帰らなきゃいけないことも。育つから良いんですけどねw

よっし。後は現段階での大好きキャラでも晒すですよ。以下微弱のネタバレ含むかもしれませんので折り返し(It reads)からどうぞ。

≫ Read More

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 17:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライス(1)

(ネタバレなしの第一印象レビューを以下に綴っていくことにします。)

去る12/18(木)、ゲームラッシュのなか並み居る強敵を押しのけて自分が手に取ったのはそう、標記の通りです。「幻想水滸伝ティアクライス」です。ここに来て溺愛の箱○ではなく、むしろ放置プレイのDSに活躍の場が与えられたわけですよ。

だって仕方ねえ、幻想水滸伝大好きなんだもの

情報が出てからここまで、早かったですね。分かっててその情報開示をしてきたんだろうけど見事にモチベーションを下げられることもなく、購入に辿りつきましたよ。正直全国たくさんの幻想水滸伝ファンはナンバリングの続編を期待したいところでしょうが!その布石としてティアクライスを認識してやれば問題はなし。

プレイできる時間は今、限りなく少ないですが(年末は忙しいの)早速ファーストインプレッション行ってみましょうか。 ※捉え方は千差万別ですからね、あらかじめご了承ください。

ティアクライス

●ナンバリングを打たない意味はそこにあるのか、ってことで紋章の存在を今感じることはありません。変わりに「星の印」というものが出てきます。ただしきちんと幻想水滸伝です。音楽や世界観、感じる息吹の一つ一つが幻想水滸伝特有の「懐かしさ」を感じさせてくれます。この「懐かしさ」ってなんでしょうね?w 初めて体験する世界なのに懐かしいんですよ。幻想水滸伝の成せる「空気」の影響なんでしょうかね?

●キャラクタのデフォルメに関してはイマイチ不細工w って思いますが携帯機ですから、そこは咎めなしですかね。マップなどはうまくコマンド切り替えとバランスを取っていて、細かく作られてますよ。ダンジョンなどは奥行きが見えにくくて若干ストレス溜まりますがw 加えて移動の遅さね、誰かエルフ的なの仲間になったら早く走れるんでしょうか…特に縦軸移動!遅いよ~…

●戦闘。4人構成になったことに関しては不満の声も多くあげられているようですが、コレは同意ですかね。やっぱ仲間の多い中からベストメンバーを抽出していくのが楽しいのに、愛情かけて育てていくのが楽しいのに、もったいない。使わずに日の目をみないメンバーもたくさん出てきそうだw 戦闘そのもののテンポは速くていいです。ストレスを感じないで済みますし、そこいらの雑魚であればオートにしても問題ない。自分は結構オート戦闘使いますよ。星の印や協力攻撃を使わなくていいような敵ならね。

●本拠地・隊名。もうすでに本拠地が出てきています。まだ本拠地にしますよ!って展開じゃあないですけど、既に根城にしてますw 今回はどんな本拠地なのかな?早く全体像が見たいところです。それから隊名。出たwww オレンジ隊www やっぱこの流れは継承していくんですね。イイと思いますよw 

さてさて、物語に関しては数時間程度のプレイでは語ることができません。でもきっと奥は深くて、切なさを秘めているんでしょう…だってディルク!もう既にフラグ立ちまくりだから…あまり心を締め付けないでくれよ…

それからリウ。あれだよ、ポップだよ。ダイの大冒険に出てきたあのポップだよ。少なくとも私はそう感じたねw

リウ

完全に物語進行の鍵はリウが握っている、とそう感じている方が多数のはず。かなり序盤から色々秘めてますからね。ただ、ヘタレが勇敢に変貌を遂げるには展開が少し早い(リウの場合)。ポップの時を見てごらん。結構時間かかったよね、でもそれがポップの成長を心から喜べる良さだったろうに。リウがもしこのまま時間かけずにキーマンになったら情がそこに行かないから、スルーしちゃいかねない。それじゃあ勿体無いよ、慎重に行きましょうねw (全然関係ないけど、やはりポップといえば「ベタン」が好きだね。フィンガーフレアボムズとかじゃなくてさ!ベタン好きだよベタン。)

っとまあ、第一印象ですから雑感でこんなところでしょうか。全てを投げ出してとりあえず幻想水滸伝ティアクライスを全力で遊びましょう!!以上!

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 20:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライス 発売日決定

◎=幻想水滸伝ティアクライス  ×=幻想水滸伝ティアクライシス

だったんですね。クライシス=危機、そんなイメージで思ってましたよw れれ?でも以前の記事にはクライシスって書いてあったような気もしてたんですが、どうでもいいかw

さてさて、発売日が決定になりましたね。予想通りというか、早いです。限定・通常共に12月18日のようです。前の記事見たときに既に結構出来てる感はあったのでそう遠くはないだろうと思ってましたが、これを軸に次世代の幻想水滸伝を展開していくにはイイ時期なのかもしれないですね。ナンバリング5から結構日が空きましたし、ティアクライスよりも次の発表を待っているシリーズファンも多いはず(私も含めて)。

ティア05

『幻想水滸伝ティアクライス』は、"未来への無限の可能性"をテーマに、同じ志を持った108人の仲間たちが織りなす壮大な物語。キャラクターごとの深いエピソード、通信でのキャラクターの行き来、予期せぬストーリー展開、そしてテンポのよい派手な戦闘が魅力となっている。"百万世界"と呼ばれるパラレルワールドを舞台に、ともに戦い、ともにつながる、『幻想水滸伝』の新章だ。 (以上記事抜粋)

ティア06

派手な戦闘?幻想シリーズにそんなのなかったんじゃね?w しかもダメージ「2」って、しょぼwww 出すなら派手な戦闘のスクリーンショット使おうよ…

いずれにしても年内に魅力の多いタイトル多過ぎですね。そんなに捌けませんから。でもコレは…やっておきたい気持ちは強いです。今年はDSが豊作だ、個人的にね。

…限定版やりすぎw 普通でイイです。私はむしろ通常版が欲しいです。詳細は以下から飛んでみてください…

KONAMIが『幻想水滸伝ティアクライス』の発売日と価格を発表

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 14:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想水滸伝ティアクライシス

幻想水滸伝の新作キターっ!?…あ? 「幻想水滸伝ティアクライシス」?? あー何?そういう系ですか?まず正規のナンバリングではないことと、対応機種がDSかぁw こりゃまた波紋を呼びそうな展開ですねw

『幻想水滸伝』待望の新作はニンテンドーDS! 『幻想水滸伝ティアクライシス』

結構情報あがってますね。とは言えども既に軽い違和感を覚えているのは私だけではないはずw 

KONAMIの人気RPG『幻想水滸伝』シリーズの最新作がニンテンドーDSで発売決定。108星のリーダーである主人公や、彼と近しい仲間のキャラクター情報、生まれ変わった戦闘シーンなどがさっそく公開された。中でも、これまでのシリーズからは想像もできない、物語の導入部分は要チェック。なんと、選ばれし者たちであるはずの108星が全滅してしまうところから、ストーリーが走り出すという。これはいったい……?


と記され如何にも今までの展開とは違いまっせ!ってところを押し出しているようですが、この展開ってドラクエ6と似てね?どうなんでしょうね。最初に大きすぎるインパクトを持ってきちゃうとストーリー展開が幾つか限られるような印象もあるんですけどねw 

ティア01

とは言えどもストーリーの良さは幻想シリーズなら期待したいので、製品版を待つのか良いか。なんだかんだ言っても買うだろうしw 「自警団」「親友」「幼馴染」のキーワードがキャラ紹介で出てますけどコレってさ、基本設定は2と似てるねw

ティア02

ピリッとしない主人公w 今までの主人公は3を除いて喋らないのが特徴だった(感情移入し易かった)のに今回は喋るみたいね。強いて言えば「棒」を持ってるところぐらいは同じwww キャライメージだけを見るとなんか劣化宮崎駿に見えるんですけどw 戦闘は崩すことなく、従来スタイルでやっていくみたい。協力攻撃なんかも健在みたいですね。

ティア03ティア04



いや、どうなっていくんだろw 気になって仕方ないですね。ナンバリングで6の発表を待っていた中でいきなり番外編とも言えるこの展開w ここで感触をみて6に踏み出すのか?そんなことしなくても固定ファンの根強いシリーズなんでいきなり勝負しても良かっただろうに。それとも資金繰り?w

これまでの幻想外伝やラプソディア、カードストーリーズなどの同じ位置づけでありながら、正規の王道RPGの形を取る部分に関しては純粋に興味を惹かれる形なんですけどね。

いずれにしてもシリーズを据え置きに持っていて、携帯機で何か作品を作ったケースってあまり成功例を見ない感じもするんですけどねw 地雷な感じさえ拭えてしまえばもっと素直にこの「幻想水滸伝ティアクライシス」を喜べるんだけど…オレって素直じゃねえw

| 幻想水滸伝 ティアクライス | 10:16 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。