桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GoW:J(no.2)/抗え、己を信じろ

GEARS OF WAR:JUDGMENT クリアしましたー!難易度はハードコア、プレイ時間は10時間強くらいだと思います。前の記事でも書いた通り、CO-OPでキャンペーン全てをクリアする実績を狙っていたのでフレンドさんと合宿を…。以前にデッドライジング2の合宿をした際に辛い気持ちになって一時期ゲームをしたくなくなった記憶が蘇りつつ…クリアしてみて思ったことは結局何だかんだ言いつつもギアーズって面白いってこと!

GOWJ3.jpg

以前にも説明した「機密情報」開示については全て解除しました。…したはずなのに、リザルトでは解除したことになっていない(42/50)…だと!ちなみにCO-OPで一緒にプレイをしていたフレンドはしっかり解除されていました。何なのw

機密情報開示ではミッションクリアに制限をかけて難易度を上げるものですが(その分獲得スターが増える)、かなり難易度にムラがあります。使用できる「銃器縛り」の類は大したことないのに「視界不良」「ローカスト強化」は泣ける展開でした…

暴れ狂うブラッドマウントに踏み潰され!
荒れ狂うベルセルクに…恐怖という距離を詰め寄るモーラーに…
何度蹂躙されたことか!!


正式には小さいベルセルクの方ですけどねw 酷い時は同じミッションをクリアするために何十回もリトライしていた気がしますよね。リトライする度に戦略を立てて挑むのは面白くて、プレイ中は辛い気持ちでいっぱいだったのに、今となってみれば良かったのかと。ただ、もう1回やれと言われると大きく躊躇しますよw 

■超えられなかった3部作
というイメージは払拭できません。3部作(GEARS OF WAR1~3)がほぼ完全な形で完結してしまったことにより、今回のJは1よりも前段で描かれます。主人公はマーカスからベアードに、相棒はドムからコールに。ベアード・コールとも1~3で登場していますし愛着もあります。ただ「主人公はマーカス・フェニックスである」と染み付いてしまった脳内には受け入れ難くなってしまったんですね。あくまでも外伝という位置付けの域を抜けられないというか。

ストーリーの進行も現在と回想(証言)を繰返しながら進めていくものでイマイチ記憶に残らない内容。1~3の頃は絶妙で秀逸な吹き替えによる掛け合いが面白かったのに、基本至って真面目でその面白みもありませんでした。シナリオ進行にマーカスもドムも、そしてカーマイン兄弟も出てこないのはやっぱり辛いですね。

GOWJ2.jpg

全てが不可かと言えばそうでもありません。多少の操作方法変更やスピード感の修正誤差で体感が違うなどもありますが基本は1から完成されているシステムなので、TPSのゲームとしてはズバ抜けた面白さ。つい先月GOD OF WAR:ASでも同じことを言いましたが、安定のマンネリズムは嫌いではありません。今回は開発会社が変わっていたり色々あったようですが蛇足でもよくギアーズを作ってくれたなーと思います。

ただこの外伝的な位置づけのまま同ハードXBOX360ではもう新作は要りません。次に発表される次世代XBOXでGEARS OF WARとしてのブランドネームを更に確固にする作品を開発して欲しいですね。今回のGOW:Jは蛇足でも今までのギアーズとして受け入れられるレベルではあるので。でも勝負は次、次の作品だと思いますよ!

メインシナリオはクリアしましたが、まだGOW3で描かれなかったシナリオの「顛末」が残っているので、こちらもやります。そういや1~3までは普通にプレイしていたフレンドさんも、このJはプレイしていない方が多い印象です。Jが外伝的な扱いになっているからなのか、それとも…んが!

スポンサーサイト

| GEARS OF WAR:JUDGMENT | 19:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GoW:J(no.1)/そして安定のマンネリズムへ

GEARS OF WAR:JUDGMENT はじめましたー。発売日に買ってはいたのですが、龍が如く5やらGOW:ASやらルイージマンション2に押されて少しプレイ開始が遅くなりました。HALOと並んでマイクロソフトを牽引する世界に誇るTPSの金字塔最新作です!

GOWJ.jpg

前作GoW3で三部作を一度完結し、時系列的にはGoW1よりも前の物語を描くGoW:Jですが、今回は主人公が我らがマーカスからベアードに。ドムのポジションをコールが担います。若い設定のせいか、体つきもまだ少しスリムな姿が印象的。

ゴッドオブウォーシリーズと同様で、最初からゲームシステムが完成している感があるので面白さとしては安定そのもの。ここまで4作品、微妙なマイナーチェンジを繰り返しながらも画期的な進化はあまりないと言って良いと思われます。ギアーズはどちらかと言えば対戦に特化してゲームとしての遊びの幅を進化させ、それがプレイヤーに受け入れられてきたと思いますよね。

キャンペーンを1~2周して時々Hordeなどでフレンドと遊ぶといったスタイルの私。当然対戦もやってきましたが、ゼロ距離ショットガンでミンチにされたり、迂闊に飛び出た頭をスナイプで頭を砕かれたり…要するに悲しい経験しかないので、気付けばCo-opばかりですよw でも楽しいです。

キャンペーンはとりあえずフレンドとCo-OPでHARDCOREから開始。チェックポイントには「機密情報」が敷かれ、これを開示するかしないか選択しながら進めて行くことになります。開示するとリザルトとしての獲得スター数が増える分、ミッションクリアの難易度が上がります。

GOW機密

レッチが光るレッチ(爆発)になったり、視界不良になったり、時限到達になったり、ローカストの武器が強化されたり…色々と考えてありますね。何個か消化していくとマンネリになりそうですがw ソロHARDCOREでも挑戦してみましたが、チキン前提の私では時限ミッションが何より無理でしたので…Co-opの内に機密はクリアしちゃいたいなと。

キャンペーンの中にHordeを組み込んだチャプターがあったり、リトライの度に敵の種類すらランダム配置になったりと飽きさせない工夫は伝わってきます。武器のチェンジやグレネード投下のボタンが変わって暴発することもありますが、結局は安定のマンネリズムで私は楽しいと思います!

| GEARS OF WAR:JUDGMENT | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。