桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

RDR:UN(7)/すぐ夕飯の支度にするわね

RED DEAD REDEMPTION Undead Nightmere クリアしましたー!思っていた以上にボリュームもあって、結局8時間くらい?シナリオ追って、適度な徘徊をしてもそれくらいかかりましたね。非常に面白かったです。これ、パッケ版も出てますけどRDR本編をプレイしないでやった人はきっと魅力も半減ですね。ゾンビゲーとしては一応確立されてる感がありますけど、絶対に本編を知っていた方が面白いですよ!一応ネタバレは避けますが、最後のシーンなんて「ちょwww」って普通に一人で声に出ちゃいました。本当に最後まで期待を裏切らないんだから、彼www

RDRUN2-1.jpg
さてさて、夕飯の支度はできたのかな?

愛する家族がゾンビに感染 気付けば各所でその被害が…真相は何か、家族を救うことはできるのか?といったようなストーリーは付いてますけど、まあ飾りかなw ジョンは良い人なので各地で巻き込まれながら真相に辿り着いていくことになるんですけども、大した伏線もないまま最後にいきなり真相が降ってくる感じ。ですが、情報の全く発達していないその当時ならそうした迷信事や言い伝えの類があったのかもしれませんね。ただのIF展開じゃないようにも受け止めることはできますよ。

色んな形で登場してくる本編の人物たち。といっても二択「生存かゾンビ化」、なんですけどね。シリアスなはずなのに思わず笑ってしまうコミカルさもここにはあって、バランス良く楽しめるゲームになってると思います。ゾンビとの戦闘(街を救う、若しくは発生源を浄化する)も決して難易度は高くないですが、ちょっと手を抜くとボッコにされるので画面が赤く…特殊感染者の類も居ますのでレッドアイなどもしっかり活用して迎撃しないと厳しいかもしれません。

序盤は弾薬制限もタイトになっていて緊張感がありましたが、しっかりとミッションや街救済を行っていくといつの間にか余裕もできますね。この辺はもう少しタイトなままでいてくれても緊張感が持続して良かったのかもと思います。囲まれても近接でトリガーを引くと脳天に弾丸をブチ込んだり、口腔内から弾丸をブチ込んだり(カットイン的な演出あり)と窮地での脱出が意外と容易に出来(突破口を開くという意味合いで)、この辺も調節してくれても良かったかもしれません。

RDRUN2-2.jpg

まあ、いずれにしてもやはり本編あってこそのUndead Nightmereであると思いますので、パラレルなRDRの世界を楽しみたい方にはお勧めですね!大満足でっす!

スポンサーサイト

| RED DEAD REDEMPTION | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RDR:UN(6)/ちょっと興奮しすぎだぞ

さて。 RED DEAD REDEMPTION Undead Nightmere です!RDRのクリアからそのまま始めちゃいました!時間軸は本編クライマックスからEDの間くらいに位置していますが、あくまでも本編とは非なるお話ですのであしからず。西部にゾンビが溢れかえる、という最近では珍しくないお話ですがこれはRDRの世界にそのまま乗っかってくるとなると、またそれは巷にありふれたソレとは別物になりますよね。

興奮しすぎだぞ
家族までもがゾンビ汚染されますが自体の飲み込めないジョンは「興奮しすぎだぞ」とw そして全員寝巻きw 完全吹いたw

まだ話もはじめたばかりですが、拡張コンテンツ(話自体は独立してはいますけど)の位置付けですのでボリュームはどうなんでしょうね。たぶんそんなに長くはないんだと思いますけど、シネマティックな本編とは異なりかなり突飛な内容を扱っていますので、また違う意味で面白いですよ!

本編でも良いキャラしてたセスやディケンズも絡んできていますし、他の人物もしっかりと登場します。ゾンビ汚染されたことで彼らがどんな結末を迎えるのか、こうした部分も本編での一連の流れを知っておくとより楽しめること請け合いです!一応単品としてもパッケージ化されていて、これだけでも遊べるようになっていますが(データ引継ぎもないようです?)、本編を知っておいたほうが絶対面白いですよね。

セスとトランプ
セス、ゾンビとトランプしてるwww 可愛いwww

事件の真相を追いつつ西部を移動しながら、各地域(町とか牧場とか)をゾンビの手より救いつつ、背後からゾンビクーガーに襲撃されて死に掛けたり、伝説の生物の悲しみの琴線に触れたりと楽しいことがたくさんあります!何だよこのゲームすげえ面白れえw って所なのですが明日は「アリスマッドネスリターンズ」が発売ですね…実はもう1本ポチったのもありますけどw 先にRDR:UNやっちゃうってのも良いと思う!

| RED DEAD REDEMPTION | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RDR(5)/家族を忘るべからず

RED DEAD REDEMPTION クリアしましたー!発売日に購入してから早や9ヶ月…細々と進めてきました。プレイ時間は多少の寄り道プレイも含めて30時間弱です。時間のかかる大作と構えてしまうとどうしても後手後手にまわってしまう傾向のある私ですので、こんなに時間がかかったんですねえ。気軽にサクッとプレイできそうなゲームに傾いてしまうのは良くない癖ですw

と言ってもですね、RDRに関してはロックスターのシステムまわりになってますのでそこは割愛しますし、興味のある方は概ねプレイ済ですよね。ですが、今XBLAでは「Undead Nightmare」が半額セールをやってます(7/20までだそう)のでもしかしたらこれからRDRやるよー!って人も居ると思いますのでネタバレは避けます、極力。

RDR5-1.jpg

1本の映画を観たようだった
すごい良い意味で褒めてます。徹底的に当時のライフスタイルや思想、生活音までをも表現したのであろう、作りこまれた世界。新しい時代を迎える前の静かで、でも激しく迫り来る足音の中でどこか混沌とした世界。変化を受け入れる者と拒む者。信念を貫いた無法者はその迫り来る新しい時代の足音の中でどう生きるのか。次第に核心に迫っていく後半はシナリオだけでも惹き込む力が強く、でも辿り着くのに時間をかけるもどかしさはよりリアリティを体現しています。

非常に面白かったです。まあ雰囲気ゲーと分類されるのかと思います。箱庭は概ね技術の発達しているもの以降の時代を映したものをプレイしてきたので新鮮でした。自然の美しさ、そして生きることの残酷さを噛み締めなければならない辛さなど、今まで経験したオープンワールドよりも考えさせられるものも多かったように思います。

達成感を感じにくいゲーム だったとも思うんですよね。最後の終わり方…ああ。その前にスタッフロールが入らないなあと思ったので、これは果たすべきことがあるだろ!とあそこからやらなければならない事は一つ。それが因果。と思ってスタッフロールの入るEDに辿り着く道を探しました。少し時間がかかりましたが、新しく発生した「?マーク」を頼りに無事に辿り着くことができましたよ。グッと没頭していなければこのEDを見逃してしまったかもしれませんw だって終わりぽかったから…w まあ余談でしたw

展開上、色々なことを考えさせられながらもその当時のアメリカは本当にこういう時代だったんだろうなと噛みしめる感情があって、クリアした後もゲームをクリアした達成感というよりも、何て言えばいいのかな。そう、今みたいに複雑な気持ちが湧いているんですよね。史実ではないにしても、開拓から現在の入り口までの流れを垣間見ることができたのは大きいです。感謝、とは表現が違うかもしれませんが、こうした時代を経てきているからこそ今があるんだなあと思うような…でも、これで良かったんだと思います。文句はありません。

RDR5-2.jpg

ちょっとまとまりが悪いですけど、良いゲームでした。派手さがなくても新鮮な感じで心に残るゲームになったと思います。そして現在そのまま「Undead Nightmare」に突入しております。こっちも少し時間をかけてやることになると思いますが、次はゾンビの話ですから!楽しんでいきたいと思いますよー!

| RED DEAD REDEMPTION | 00:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RDR(4)/屍の津波,大躍進!

はい! RED DEAD REDEMPTION です。メインシナリオではメキシコを終えたところでこれからブラックウォーターに向かう所ではありますが、先日「Undead Nightmare」を使用して、オン(放浪)をつらつらとフレンドと楽しんで参りました!因みに、本編が終了するまでは「Undead Nightmare」のシナリオをやるつもりはありません。あくまでもクリアするまでのお楽しみとして取ってありますよっ。

RDR-UN

ギアーズで言うところのHordeと一緒、 「ゾンビ超過モード」 。押し寄せるゾンビを薙ぎ倒し、何波も耐え切るモードですね。これは純粋に面白いですし、本編のようにカバーアクションがほぼ要らないのでL4Dにも似た楽しみができます。本格的に腰を据えてやったわけではないので、Horde12でストップ、実績解除には至りませんでしたがコレは達成したいですねー。

グランプリ(馬レース)では、こっち3人はフレンド同士でもう1枠に外人さんを迎え入れてのレースとなりましたが、何故だか発砲なしのフェアプレイレースとなり、白熱した展開になりましたw 後半に差し掛かりフレがまさかの発砲を試みますが、何故か応戦はなく、撃たれても撃たれても健気に前に進むのでこちらも失礼になってはいけないと全力でレースをしましたが、何故応戦しなかったのかw レース中「ちょw 相手応戦しないしやめろってー!www」と大爆笑になったことは言うまでもありません。本当にあの時の方、申し訳ありません…

RDR-UN2

あとはUndead Nightmareで使用できるトマホークで協力ミッションをクリアしようとしたり、トマホークで35ヤードキル(実績:古風なミサイル)をしてる中、誰かプレイヤーさんを巻き込んでトマホーク合戦が起きたり、協力ミッション中に誰か一人を馬車に乗せない縛りをしたり(馬車で移動するチャプター)と楽しいことだらけでしたw 今、ここにどっぷりハマると他の進行中ゲーにも支障をきたしますので、我慢しますが。いやーRDR本当面白いッス!

| RED DEAD REDEMPTION | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RDR(3)/メキシコには逃げられない

RED DEAD REDEMPTION 再開しました!ちょっとテレビが直るまでの期間に、と思った時に開封起動済みで積んでしまっていたのがRDRでした。今はもう、テレビが直っているのでソニックカラーズとの並行作業になりますが、この再開を機にRDRはクリアしてしまいたいですね。

RDR3-2.jpg
砦に先乗りしたセスが死んだらどうしようと思ってハラハラでしたw セス可愛いと思うのは私だけ?w

メキシコには逃げられない 風吹く丘何も聞こえない
そんな歌を思い出して、口ずさみながらメキシコ編へ突入しました。よく向けられる言葉「グリンゴ」ってなんだろう?って思いながら調べちゃいました。スペイン圏の言葉で「よそ者」とかの類の蔑称なんですね。覗いた先の記載では「メキシコに攻めてきたアメリカ兵の服が緑色で、『GRREEN GO:出て行け』と言ったものが由来」とか何とか…何にしても理解できたのでスッキリですw

中南米を象徴するポンチョが非常に可愛らしくて、ウチのジョン・マーストンも愛用しております。ソンブレロがあるともっと良いんだけどな。って新しい土地に来たわけですから軽い観光気分です。その当時のメキシコの舞台で雰囲気を味わいながら少しずつシナリオを進めたりしております。

RDR3-1.jpg

シナリオを進める前に先ずは馬に乗って、昼夜の移り変わりを見ながら駆け抜けるのも楽しかったりします。夜に襲撃されると暗くて応戦できませんけどねwww 相変わらず小動物は狩れないというかもう狩らないことに決めました。心が軋むものw やむを得ない場合を除いてね。愛馬にしても然りで、愛着が湧きすぎるのか、性能が良すぎるのかボニーからもらったケンタッキー・サドラーが非常に乗り心地が良いのでずっと乗ってます。たぶんハンガリアン・ハーフに乗ったら実績が解除されると思うんですが、今はケンタッキー・サドラーへの愛着が強すぎて乗り換えを躊躇しちゃってますw

| RED DEAD REDEMPTION | 14:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。