桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラグナロクオデッセイ(no.2)/...AND OUT COME THE WOLVES

ラグナロクオデッセイ クリアですー。一つひとつのミッションが10~15分で終わる遊びやすさもあって気付いたら時間泥棒のパターンで遊んでいました。♂・♀の2キャラ作っていたのですが、最初はおっぱいに軍配が上がって♀(ハンター)でプレイしていましたが“いまいちしっくりこない”感があって最初に作った♂(ソードウォリアー)に鞍替え、結局そのままハンターに転職してメインで遊んでいました。

プレイ時間を見てみたら25時間くらい。後半のフレンドさんとのアドホック進行で怒涛の勢いで進めたので前半にかけていた時間が多く、終盤は勢いでクリアしたような、そんな印象ですかね。

RORANCID.jpg

■モヒカン双生児
キャラクタークリエイトの幅は決して広くありません。デフォルトで定められた幾つかのパーツの組み合わせで作ります。近年のクリエイトはデフォルトのパーツから更に自分で数値をはめて微調整できるのに対し、ラグナロクオデッセイはシンプル(それよりも更にシンプルというか簡素なのがドラクエ10でしたね)。

迷わずにモヒカンとアナーキーフェイス(しかも額にBADって書いてあるの何ぞw)の組み合わせ一択でした。昔からRANCID=モヒカン=パンクロックという偏った方程式を持っていた延長線上が今に至ると思って頂けると分かりやすいかと。偶像的には明瞭で良いんじゃないでしょうか。

誘導的にこの組み合わせになるのは仕方ないにしても(パーツとパーツが惹き合っている)、まさかNPCで作られたキャラと同じになるとは思っていませんでした。マルチプレイなどのミッションが受諾できる酒場で同じ髪、同じ顔をした兄弟に出会いました。「あれっ。これは私だぞ。」と。NPC自体多くないゲームなのにこの確率で出会うとはまあ大したものだなと。少ないパーツでも組み合わせによって幾重のパターンがあるのにな、という余談でした。

■狭いところが怖い
ソードウォリアーでチャプター1まで、ハンターでチャプター3までそれぞれのキャラでプレイしてみて分かったのは「狭いところ怖い」です。敵は数で押してくることもあるので必然と距離を取ろうとするのですが、カメラとロックオンのシステムにやや難あって苦戦しています。

自分が壁に背を向けると背後カメラが自分を捉えきれずめり込む形に(自分が見えないので何してるか分からなくなることが)。右スティックでカメラ移動を試みるとロックオン対象の変更と連動するのでカメラがブレる。これが特に狭いところで数に押されるか、中型の強ザコと戦っている時に起こりやすいのです…

RO.jpg

ハンターが90%くらいのメインでプレイしているので、敵とは距離を保ちながら戦いたい時に更に“場所が狭い”ところだと上記のような現象が起きがちで辛い気持ちになること請け合いです。全職業の中で基礎攻撃力・防御力が共に最も低いので、囲まれた瞬間に死を意識するくらいの気持ちでいなければ、私くらいの立ち回りでは気を抜いたらすぐ死んでしまいますし…(とにかく数で押されると泣きそうになる)

基礎攻撃力は低いですが、手数は逆に矢連射で多いので総じて火力は高めなのかなと逆に思うようになってきました。敵との距離に比例して遠いほど与ダメージが減るので、距離の取り方、単体に集中砲火するコンボ、複数砲火コンボなど使い分けを考えながら動いていると、一見“遠くから矢を放つだけ”に見えるハンター職も非常に楽しくあります。

基礎攻撃力・防御力が最低なのを補うために「カード」の存在があります。装備する服にはカードを装着できるようになり、そのカードには“スキル効果”が付属しています。例えば攻撃力・守備力アップ(ダウン効果のついたものもある)、ステータス異常耐性や、職業別に特化した強化項目などなど。基本的には職業カードか、敵のドロップするカードを装着しますが、これ極めて重要ですね。

攻撃力や守備力はあくまでも職業別に基礎になるものなので、カードの存在で自分好みのスタイル、また戦況によってカスタマイズできるのが良いです。服にもカードの装着枚数の制限や、スキルごとのポイント上限(良いスキルほど消費ポイントが高い)があります。装備品(服)のカード装着枚数拡張もできるので、気にいった服があればそれを着続けることも事実上可能です。

ハンターがカードカスタマイズで少しずつ強くなってきたのを実感して楽しい状態だったのですが、後半に進むに連れて非力さと打たれ弱さを実感して泣きそうになってました。チャプター2でグリズリー(熊)やウルフ(狼)に泣かされてハンターやめたくなったのも良い思い出ですわん。

ROED.jpg

結局ラストあたりはほとんどフレンドさんに便乗して(先導してもらって)クリアしたようなものです。ソロで進むにはマゾいゲームですわ、これw こうした部分も含めて討鬼伝はNPC連れていける良さを引き立てているようにも感じます。

ゲームアーツの作ったゲームなので皆さんに遊んで欲しいとは思いますが、ソロで遊ぶ分にはアクションに自身のある猛者でなければ難しいのかもしれません…私はソロだとクリアできないと思いますし、まず積むw まあ続編も近々発売されるようですし、Vitaを持っていて気軽に狩りに行きたい方には良いゲームだと思いますよ!

スポンサーサイト

| 【ソニー携帯機総合】 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

討鬼伝/三笠よ、鬼を討て!

討鬼伝 はじめました。基本的には狩りゲーの類は自分には向かないのかもと思っていましたが、この討鬼伝が高評価を得ていると風評で聞いたので体験版をDL。気付いたら累積5時間くらい体験版をやっていたようで…買いました。狩りゲーの類ではモンハン2Gを数時間で挫折。ラグナロクオデッセイはフレンドにほぼ便乗でクリアした程度で、実績としては初心者極まりないですね。同じ狩りゲーでも討鬼伝に食指が動いたのは幾つか理由がありました。

toukiden1.jpg
安定のωFORCE(無双の開発チーム)が開発してるだけあって、色々安定してますよー。

■煩雑すぎないアイテム事情
狩りゲーパイオニアのモンハンと比較されることが多いようですが、私はモンハンを途中で投げた身なので比較はできません。ミッションの出撃前にアイテム準備や、ミッション中でも局面に合わせたアイテム使用が必要になるのが狩りゲーだと思っていました。むしろそこを理解して使いこなせるようになるから面白いのだと思うのですが、私はどうも煩雑に見えてしまって…。ですが討鬼伝にはアイテムの概念が存在しない…です(素材は除く)。

回復やその他アイテム使用に相当する効果は全て、「ミタマ」と呼ばれる武器スロットに装着できる物に付随するスキルで賄います。ミタマ=御魂でしょうね。KOEIお家芸である歴代の武将・人物をモデリングした、そのミタマは200種以上準備されていると言います。

1つのミタマに4つのスキルと更にパラメータ上昇効果。これを軸にしながら武器を強化していけばミタマのスロットは最大3つになるらしいので、ミタマの数を考えただけでも無限の組み合わせができるということになりますよね。

実際にミッションへと出陣する際には状況や鬼の種類に合わせて武器とミタマを選んでおく、一緒に行く仲間(NPC)を選ぶ、出陣、だけの簡単なお仕事です。素材集めのために何周もする際などは非常にスムーズで良いです。ロード時間もかなり短いですし。

■モノノフたちよ、鬼を討て!
今まで”ミカサ”という名前を使ってゲームをするようになって15年以上が経ちましたが、今回の討鬼伝では初の漢字表記で”三笠”でプレイ開始。時代感にそぐわないようにと安直に漢字にしてやりましたw イケメンである必要はないので髷を結った禿げオッサンです。

三笠
三笠を貼ってみたけど、これじゃ分かりませんねw

メインで使う武器は初心者らしく”太刀”、サブで”鎖鎌”を使用しています。大型の鬼(ボス)は部位破壊をしながら戦うのですが、太刀での部位破壊はモーションと相まってカッコいいし、気持ち良いですよー。今のところ三章が始まったばかりで届かないところにいる鬼を体験していないですが、高い所に部位のある鬼には太刀はキツそうです。鎖鎌や双剣、弓などの高い部位を攻撃できる武器も練習しなければと思いながらここまで来ました。

モンハンやラグナをやってて思ったのですが、ソロプレイでもNPCを連れて行けるこの討鬼伝は本当に魅力的。ソロで心折れるようなこともなく、敷居としては初心者にも優しい作りになっていますよね。初穂と桜花と富嶽がお気に入りです。初穂は本来なら自分の好みからは射程外になるキャラなのに、CVが野中藍さんということで完全な”姫ちゃん先生補正”ですごめんなさい。知ってる人だけ同意してくださいw

素材回収にはソロか初穂と一緒、大型鬼戦には初穂と富嶽が欠かせません。これから色んなタイプの大型鬼が出てくると思うので、パターンに合わせて自分が戦略を変えられるようにならなきゃいけないですね。初穂と富嶽は連れて行きたいので。

toukiden2.jpg

討鬼伝で狩りゲーに遅咲きでハマる可能性も… あるでこれ。…と思ったけど満足してきたのでこれで終わりの可能性高いです(追記)www

| 【ソニー携帯機総合】 | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラグナロクオデッセイ(no.1)/ゲームアーツ反撃の狼煙

ラグナロクオデッセイ はじめました。PSVitaを購入した時に気になってはいたものの、色々と調べるうちにソロプレイへの不安が大きかったのと、ちょうどP4Gの発売時期が近くなっていたのでそのままになっていました。Best版の発売があったのといつもゲームを購入するお店でポイントが1000ポイント以上あったのでお安く手に入りましたよ。

■ゲームアーツ反撃の狼煙
私は「グランディア」が大好きです。人生歴代ゲームランキングを作るとしたら第2位に入るくらい。そのグランディアを開発したのがラグナロクオデッセイを開発した「ゲームアーツ」です。そもそもグランディア開発に関わった人がいるのかどうかも分かりませんがw ただ産みの親である宮路武さんは数年前にご逝去されてしまっております。

ガンホーの子会社になってからはオンラインゲームばかりの開発でコンシューマーではあまり名前を聞くこともなかったように思います…色々長いくだりを入れましたけどゲームアーツ開発のゲームならグランディアチルドレンは気になるわけですよ!もしもしのパズドラも盛大にヒットしているようですし、このラグナロクオデッセイも続編出るようですし、微かながらにグランディアの続編を期待したっていいじゃない!ちなみに私は異端なのかグランディアの場合1>3>2>Xの順で好きです。世間では爆死扱いの3ですが、色々問題はあれど世界観と主軸のコンセプトがすごい好きだったんですよね。

RO.jpg

ということでラグナロクオデッセイですけども、狩りゲー?ということでいいんでしょうか。有名な某モンスターハンターや某ゴッドイーターはプレイしておらず、ファンタシースター系しか遊んでいませんので比較対象をあまり持ち合わせていません。数時間遊んでみた印象だと今のところ目立った問題点は見当たりませんね。

冒頭で触れた「ソロプレイへの不安」ですが、ちょうどVitaを購入した時にラグナロクオデッセイの情報を集めていたんですね。ですがモンスターの鬼装甲の話やソロの苦行に関するような評価を見て足踏みしていたということ。今回は近いフレンドさんがプレイを始めたということを聞いたので、もうその日の内にすぐ買いに行きましたよねw

2つキャラを作って(♂・♀)それぞれチャプター1までクリアしてみました。♂はソードウォリアー(剣を使う人)、♀はハンター(弓を使う人)です。他にハンマースミス(力任せの人)、アサシン(素早い人)、メイジ(魔法使う人)、クレリック(クリフトな人)の計6つの職業がありますね。

結局お察しの通りおっぱいに軍配が上がってハンター♀ばかり使っていますが、お手軽に職業変更できるみたいですし(チャプター2-3クリア)、色々試してみたいと思っています。ハンターの場合、中遠距離からの攻撃が可能にはなるものの総じて火力が落ちるので大変です。弱と強の攻撃組み合わせでコンボが出せますが、中距離だと弱弱弱強(打ち上げ)⇒(空中)弱弱強(五月雨)、若しくは(空中)弱弱弱強(6~7HIT)か、弱弱強強(矢連射)が主体。空中での五月雨の場合発動まで時間がかかり、浮かせた敵が落下して外れることもあるので自分が最高到達点に上がりきる前に入力すると成功率高いです。まあ、地面から弱弱弱強強(打ち上げ⇒飛ばずに五月雨)もあるのですが、カッコ良さが空中から繋げる方が好きだし、2HIT伸びるので…

RO1.jpg

チャプター1のボスも慣れないせいか下手なせいか苦戦しましたw 最初ソードウォリアー♂だと1トライで撃破できたのに対し、ハンター♀では3トライ目でようやく21分かけて倒しました。部位破壊とか複数ロックオンがあるので上手く立ち回れればもっと簡単なんでしょうね。距離があるとタックルで詰めてくるので(しかも被ダメ1/3は減る)、ヒット&アウェイで時間かけましたー。立ち回り色々改良の余地がありそうです。

VitaはP4Gクリア以降、零の軌跡やカグラSVを買いながらずっとJSRにハマってきたのですが、XBOX360のJSRもDLしたので、他のソフトを遊べそうです。本当は一つずつ消化しなければいけないはずなのに、新しいゲームが増えていって困ったもんだ…

| 【ソニー携帯機総合】 | 20:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒首領蜂(ゲームアーカイブス)

怒首領蜂 たまにやってますー。ことの発端はオトメディウスの流れで弾幕STGをやってみようじゃないかと思っただけ。完全にド素人ですので、大変辛い思いをしていますwww P3PのDL版を落とす時にチャージ金額が余っていたのが本音ですけどね!

いやーしかし。オトメも私には十分難しいと感じていますが、怒首領蜂は当然さらにその上を行きますねえ。正直もう何がなんやら。弾幕STGや音ゲーに関しては一般人の想像を絶する世界でプレイする人が多くいるってのが印象ですが、このゲームを当然ノーミスとかでクリアしちゃう人もいるなんて…私には死ぬまで到達できませんw

DSC_0261.jpgDSC_0262.jpg

一応この怒首領蜂、クリアは2回くらいしてみました。「P3P」か「とらドラP」の合間に遊ぶくらいなので。コンティニューは何回したか分からないくらい、言葉の意味での数打ちゃ当たるのまんま。一応、弾幕をすり抜ける練習はしなきゃいけないと思って目を凝らして観ていますが、高確率で涙が出そうになる(瞬きの間にやられちゃうw)。

弾幕キター!→はい、ボム投下
ボムで弾幕回避できちゃうので、結局はボムに頼りきり。ボムがなくなったらそのままGAME OVERからコンティニューでボム追加を連鎖させるという素人っぷり。それならクリアもできちゃいますよねw 今度はクリアするまでに何回コンティニューしたのか数えてみようかなw

そういえばPSPでプレイするのですが、横画面の小さな縦幅では小さすぎて何がなんやら。横スクロールならいいんですけどね。なので怒首領蜂をプレイする際はOPTIONで縦画面にしてます。すなわちPSPを縦持ちw ショットボタンが上に来ますが、これ以外に持ちにくくないんですよねw ショットボタンは基本押しっ放しなので、左の十字キー操作が命。シンプルなのに奥が深いなあとSTGに感想を馳せる年頃になってきましたねえ。

| 【ソニー携帯機総合】 | 02:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PSVitaライフ、はじまる!

PlayStation Vita 購入してきました!とにかく「ペルソナ4ザゴールデン」がやりたい気持ち一心で!おそらく、PSハードを発売からこんなに早い時期に買ったのは人生初ですよ。PS1の前に先にサターンをやってましたし、PS2の前はドリームキャスト。PS3の前はXBOX360、PSPの前はDSといった具合に一番後手に回るのがソニーハードの宿命だったんですけどねw
予想に反して、Vita購入の背中を押す人も多かったのでw 一度身のまわりにあるゲーム・CD・DVDの精査を行い選定、売却して目標の30,000円強を捻出したので、持ち出しなく購入できました。加えてXBOX360のゲームも4本購入しておきましたしねwww

VITA.jpg

購入してきたのは当然Wi-Fiモデル、8Gメモリーカードにソフトは「GRAVITY DAZE」。ラグナロクオデッセイやアンチャとも迷ったのですが、現在までで一番良い評価を受けているのは間違いなくGRAVITY DAZEだと思いますし、音楽にはあの「田中公平」先生ですから!

因みに勉強不足だったのですが
中古でPSVを購入する場合、新しくアカウントを作るのが非常に面倒だということ。前の持ち主がアカウントを作成している場合、本体の初期化をしようとしても前アカウントのサインインを求められるのですが、当然パスも何も分からない訳で初期化が困難です。PS3やPSPみたいに複数のアカウントを所持できず、PSVは基本本体に1つしかアカウントを作成できないみたいです。

トロフィーもそうみたいです。本体にソフト情報を認証するらしいので、一度認証した本体以外のもので起動するとトロフィー機能に直結しないらしいですよ。中古のソフトでトロフィーを獲得できないということ。※いずれにしてもサポートセンターでの解消や、他の手段はあるようですけど。

実はかくいう私も予算上の削減を目的に中古で本体もソフトも購入したのです。ですが、上記のような現象に陥ったので、即刻購入店舗側に説明させていただき、返金を相談しました。全く同じ本体・ソフトをその場で新品購入するということで受け入れてくださったので非常に感謝しています。

結局手元にあるのは全て新品。やはり本体は特に、新品で買うべきですよねえw では、P4Gの発売まで今少し期間がありますが、PSVitaライフ楽しんでいきたいと思いまーす!

| 【ソニー携帯機総合】 | 20:23 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。