桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シャンティ-海賊の呪い-(3DS)

シャンティ-海賊の呪い- を遊んでいました。初見クリアまでに要した時間は9時間弱と、程よいボリューム感です。収集要素をコンプリートしていないので、恐らくノーマルエンド。たぶんトゥルーがあると思われますので、そのまま2周目に突入予定です。情報が入ってくるまでの間はノーマークでしたが(知りませんでした)、発売前後からこのシャンティに関する情報を目にするようになり、更にその評価の高さが気になって購入に至りました。ここ最近遊んだ2Dアクションの中では非常に面白かった作品だなーと思ったので雑感などを以下に残しておきます。



■洋ゲーなのに溢れる日本のエッセンス
実際にプレイをしてみて感じた既視感に近い感覚。悪魔城ドラキュラ(キャスルヴァニア)とゼルダの伝説がまさしくそれでした。どちらのシリーズも大好きなので、遊んでいる際にプレイヤーを包み込むような安心感と楽しさがあります。探索型のアクションに謎解きで進んでいく感覚、そしてステージを進めて行くに連れて使用できるアイテムが増えることで後ろ髪を引かれながら通り過ぎた場所も解決できる感覚がそれでした。

さらにステージ構成が一部ロックマン。トラップにかかって自爆する際のエフェクトなんてもうそのままで、笑いがこみ上げてくるようです。難易度もそこそこなので一部死んで覚える要素も含むのですが、リトライは直前からできる(エリア内の最初)のでストレスを必要以上に感じさせないのが良かったです。そういう意味ではロックマンのチェックポイントよりも優しいのですが。

2Dアクションの歴史は私が知る限りでも古いので、今の時代にまったく新しいものをやるのは難しいと思います。先に述べたような既視感がありながらも完全に”パクり”にならないようにするのは制作側の落とし込み方一つなので、嫌悪感の一つもなくこのエッセンスを楽しむことができたのは、シャンティというゲームがそれらへの愛情がしっかり感じられるからなのかなーと思います。

クリア後に開発者のインタビューを読んでみましたが、感じたことそのままキャッスルヴァニア・ゼルダ・ロックマン等の影響を受けたと書いてありました。開発者が影響を受けたもの・プレイヤーが想起したことがそのままゲーム内にダイレクトに反映されているという愛に溢れた作品であることは間違いありません。

ゲーム内のドットの打ち込みもとても綺麗で、しかもキャラクターやNPCもよく動いている。これも開発者インタビューの中でSNK作品のKOFやメタルスラッグの名前が挙がっていたあたり、もはや馴染みのあるものばかりで構成されているのが分かり、よりこのシャンティを好きになる要素が増えていく一方だなと感じています。ちなみに3D立体視も主張しすぎることがないながらも相性は抜群りで美しい。そしておっぱいも飛び出てるよ!!

アクションゲームとしての骨子、そしてグラフィックだけに留まらずBGMも素晴らしいものでした。古き良きを思い出すような”オールドライクゲームミュージックとしての印象”を大事にしているような、印象に深い・かつ頭に残りやすい音楽が気分を盛り上げます。キャラクターも日本人が担当していることもあり、日本人には受け入れ易いと思います。かと言って日本に媚びすぎているかと言えばそうでもなく、アメリカンポップさがどこかに残っている。和ゲーと洋ゲーのバランスの良い立ち位置にあるように感じます。

シャンティ

初見ゲームクリアまで達成しましたが、明らかなノーマルエンド(歯に物が挟まったような終わり方)だと思うので、回収物をしっかりと集めて再度挑戦してみたいと思います。この辺もドラキュラをそのまま継承している感じが笑ってしまう。エリア移動にもキャラクターの強化がされている状態であればダッシュや2段ジャンプ(正確には4段までできますが)ができるので一度終えているステージの移動や攻略はストレスの軽減が成されていてそこも良し。先ずは、トゥルーエンドまでやってみますか!


スポンサーサイト

| シャンティ-海賊の呪い- | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。