桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍維新(no.3)/龍が如く維新!総括

龍が如く 維新! クリアしました!プレイ時間は37時間くらい。前作の龍5は100時間超えでやりこみ要素もやれるだけやりましたが、今回はストーリー進行がメインで寄り道は進行過程に出てきたものを消化する感じで遊んでいました。毎年遊んでいる龍シリーズですが、毎回100時間単位で時間を持っていかれると他のゲームライフに影響も出ますのでw 今回は幕末史実に沿ったシナリオ構成ですが、非常に面白かったですね。やはり龍のシナリオは好きだなー。

おいなりさん
それは俺のおいなりさんだ!

■桐生さんの時代劇だよ!全員集合!
私個人的には幕末史実は本当に肝になるところしか知らない(学生の頃の日本史程度の知識)ので、史実との裏付けや整合性がどうとか…そういうものは全然気になりませんでした。龍が如くのシナリオとして、先に進めていく楽しみがありましたし素直に受け入れられたかなと。

誰が味方で誰が裏切り者、内部分裂や黒幕の正体など考え出したらキリのないのが龍が如くのデフォではありますが、今回はそんなにドス黒く渦巻くものはなかったかのようにも思います。史実に裏付けているということもありますが、今回の登場人物は今までの龍が如くナンバリングで登場した人物の総登場となっているため、誰が善で誰が悪なのか見極めやすいようになっているせいかなとも思います。製作者サイドも意識して作っているでしょうしね。

錦
役柄でしょうか、オリジナルの錦よりも全体的に目つきが悪いw

ナンバリングの過程では誰かが死ぬことを前提に置く節もあるのでナンバリング数が進めば登場しない人物もいますが、この龍維新ではそれが関係ない。あの錦も峯も、東城会に身を置きながら道を違え命を落とした仲間たちも登場します。神宮や林などの敵として登場した人物とかね。特に錦・神宮に関しては1から登場機会がなかったわけですから、長年龍が如くを遊んでいる身としては嬉しい気持ちになりました。というか男たちの祭りですw

■アクションパート
まあ、いつもの龍が如くです。ナンバリングベースというよりかは見参ベース。見参の頃から帯刀/抜刀の両アクションを使い分けることができましたので、見参の正統進化系と考える方が良いのかもしれません。現代龍のスピーディな喧嘩節ではなく、時代龍はやはり時代背景に合わせた刀を用いることに重点を置いたアクションになっています。ちょっと飛躍して言えばSNKでいうところの飢狼か侍魂かみたいな感じ?

私は素手/一刀の切り替えで遊ぶことが多かったです。素手時の受け流しが無敵時間付きの素敵仕様になっていて、対1のバトルだと非常に効果を発揮します。相手が銃でさえなければ受け流しを攻撃の起点にして戦えますしね。一方、その他2つの型である短銃/乱舞は触った程度であまり追求しなかったのは勿体無かったかなーとも思いますが。

大撲打

■あとがき:次世代龍が如くの布石には
一番の最初の記事にも書きましたが、龍見参がPS3の最初のタイトルでそのシステムまわりが以降のナンバリングにも活きてきたわけですが、今回はPS4版の発売があり期待もしていました。今後の龍が如くの流れがどうなっていくんだろうという。

ただ今回はロンチという責任を背負った状態…で、しかもPS3とのマルチ発売でもあったので結果はいつも通りの龍が如くでしたね。逆にシリーズファンからはいつもの龍が如くとして安心もあったわけですが、次に出るだろうナンバリングはPS4になるでしょうし、その期待感と期待に応える出来はやってもらわなければいけないハードルになるでしょうね。

乱発と言われても仕方ないだけソフトを発売していながら、結果期待は裏切らないソフトを作ってくれただけに次へ次へと期待は高まります。それが逆にプレッシャーに成り得るのも理解はしますが、これからも確固たるブランドを守るための壁だと思って頑張っていただければなと思います。応援しています!

スポンサーサイト

| 龍が如く 維新! | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍維新(no.2)/桐生と遥のアナザーライフ

龍が如く 維新! ですー。少しずつですがしっかり遊んでいます。プレイ時間は30時間を超えようかというところでストーリーも第十二章まできました。前回の龍5はしっかりとやり込み要素も潰しながら進めていたのに対し、今回は物語メインで進めています。目の前に出てきたサブを消化するくらいで、完全消化というスタイルは今回は取っていません。やり込み要素の量が膨大すぎて…

維新あなざ2

■遥とのアナザーライフ
今回の物語は遥の絡みがありません(少なくとも第十一章まで)。その分のアナザーライフとして遥との和やかな生活を満喫することができます。野菜を育てて売りに出したり、犬や猫、鶏と触れ合うこともできます。収穫した野菜を使って料理を行えば(ミニゲームあり)、メインプレイでの回復アイテムにもなります。

基本的に生活の全てが何かしらの形でメインプレイに反映されるようになっていますので、無駄な時間にはなりませんし有効に活用するべきかと思います。ただメインを放り出してまでずっとアナザーライフだけで遊んでいられるだけの中毒性を持つかと言えば…少し乏しい印象もあります。

■遥との関係性
借金を抱えたまま不慮の事故で逝去してしまった両親と残された家、そして遥。その借金の肩代わりを受け持つ桐生という設定で繋がる二人ですがナンバリングで結ばれた強い絆とは違い、ここの希薄さが目に付きます。アナザーライフという展開に強引に持っていくためのこじ付けであると考えた方が妥当ですねー。

先ほどの通りで物語進行に深く遥が関係してこないので、ムービーすら存在しない始末。友好度を上げて行く事でいくつかの「和みイベント」(ボイス付き)がある程度です。二人の距離感が急速度で発展していく違和感を覚えつつ、スピンオフでの二人の絆を描く難しさを感じました。

維新あなざ1

■遥によるモチベーション
過去スピンオフ含む作品の中で遥へのモチベーションが一番低いのが龍維新です。その分本編に力を割いたと思える点もあるので良し悪しですが…。さすがにちょっと残念かな?やるべきことを作業的にこなしてしまったらアナザーライフを出て本編に戻ってしまうことが多かったです。

時間の経過に合わせ、自由行動になる度にアナザーライフに戻って野菜を収穫して、犬猫と遊んで、料理をして、また本編に戻って…を繰り返すだけでした。野菜の収穫数などの細かい達成すべき作業もあるのでコンプを目指す人にはやることも多いと思いますが、これを諦めてしまった私には少し寂しい出来でした、とそんなお話ですw

| 龍が如く 維新! | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍維新(no.1)/かつて日本には、英雄がいた。

龍が如く 維新! はじめましたー。龍の番外編としては3作目(PSPの新章は除く)、時代劇モノとしては見参以来の2作目になりますねー。今回は2月22日に発売されたPS4版とのロンチでもありますが、私が購入したのはPS3版になります。基本、ナンバリングの龍が好きなので今回の維新に関しては過度な期待もせず遊べるかなっと思っています。

龍維新
安定の特典CDつき。まだ聴いてないですけど、収録曲を見る限りオッサンオールスターズはなさそうでガッカリ。

■試験石?
PS3が発売された時に初めて発売された龍は見参だったことを考えると、新世代のハードで出す最初のシリーズは番外編ということになってます。龍見参の後に発売された龍3も見参のシステム周りを流用する形で形成されていったので、今後のシリーズ展開には重要な位置付けにはなると思います。

逆にPS3で購入した側としては、PS3だけで6本目の発売になるので今までの集大成的な位置付けでなければ困るという考え方もできるのですが、PS4を購入していないのでどちらとも言えないんですよね。PS4に関しては本体の発売とのロンチなので牽引力も必要になってきますが、PS3の見参の頃と比べると本当に大きくなったタイトルだなーと思ってしまいますよね。

■現代龍と時代劇龍
同じように見えてもアクションの根幹の作りは同じでも細かいところは調整されています。時代劇龍が現代龍と同じように喧嘩流アクションを繰り出しても面白くないですし逆も然りですよね。殺陣アクションとしては見参の時のアクションがしっくりこなかったこともあって、やや心配もあるのも正直なところです。

少しだけプレイしてみて、ヒートアクションが見間違うことなく使いまわしだったのは予想の範疇で笑うしかありませんでしたw まだこれからアクションの型も増えますしこの先に期待です。そういう部分も含めて龍が如くっぽいと言えばっぽいんですけどね。

維新

日本史は好きな部類でしたけど、この辺の時代背景はそこまで詳しいわけではありません。史実とどこまで重ねたりするのかは分かりませんが、龍の特色の一つでもある人間ドラマに興味があります。そして遥とのアナザーライフを楽しみにプレイを開始しますー。そういえばプレイ開始してからのOPロールには遥の名前がなかったような気がします。本編と完全に区切ってしまうのかな?とりあえず出演はするということは確実なので一安心ですね。

| 龍が如く 維新! | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。