桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2010 発表!!

さて、今年最後を締め括るのは当然、 ゲームアワード2010 です!ノミネート作品は28作品、ノミネート基準は「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」です。ノミネート一覧は■こちら■となります。

●09年の12月から10年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート

参加者は昨年までの人数にプラス3名の方が参加されたということで、ますます盛り上がって来ましたね!いつもの皆さん!(ナギさーーん!)そして「らくがんさん」「Bosatuさん」「霧月 蒼海さん」、直接のご挨拶はまだしておりませんが宜しくお願い致します!

それでは早速行きましょうか! LET'S ROCK!!


第10位:「ポケットモンスター ホワイト」(NDS)
完全新作のポケモン、しかも今回はシナリオクリアまでの間は出現するポケモンも全て!新しいポケモンになっていて新鮮な気持ちを保ったまま遊べるようになりました。1匹のポケモンに複数のタイプが付くようにもなり、相反するタイプを持ち合わせたりすることもバトルを短絡化させない仕様になっていて、難易度をグッと上げたように思いますね。幅広い層と新規層の獲得を図ろうとする決して媚びない内容は評価に値するものかと思います。まあ、昔ほど熱心にはまり込むことがなくなったので無難なこの順位になりました。

第9位:「THE SABOTEUR」(XBOX360:海外版)
ナチスの支配下におかれた巴里の街を描いた復讐劇。ゲームシステムとしては真新しいものは決してなく、不可のない良作といった印象がクリア後にあったのですが、今思い返してみると心に強く残っている。またやりたいと思わせる作品だったんだなと改めて思えたので。色彩や音楽、雰囲気が独特のものを持っていて、またバストが露わな女性たちを堪能することができて!オトナのためのゲームでしたね。ただ、テキスト量が多くストーリーを追うつもりで辞書片手にプレイするのは疲れましたw 先ずないと思いますが、国内版出たら買います!

第8位:「MAD WORLD」(Wii)
ハード&ファンキーポップ、バイオレンス!モノクロの世界に色を添える血の赤!圧倒的なバイオレンスにSR2を髣髴とさせるクレイジーな殺り方。初見の衝撃は大きく、興奮を抑え切れなかったものです。しかしゲーム全体として見ていくと後半に進むにつれてマンネリ感が否めず少し勿体無い気もしましたが、こういった点を改善しつつ次回良い物を作る糧にして欲しいと思うのですが…爆死だったとの話もありますので、ここまでなのかな?w しかしWiiでこうしたイカれたゲームが増えてくれるのは嬉しいことだと純粋に思いますけどね。

第7位:「DEAD RISING2」(XBOX360)
全体的に保持の姿勢が強かった、デッドラの新作でした。マルチでの展開や世界に目を向けすぎて前作の評判を守ろうとしすぎたんじゃないかなと、今では思えますね。安定して面白いことには変わりないのですが、まとまり過ぎたかな…ゲームの持つ独特の緊張感も、前作より薄れてしまって生存者は強いし、サイコは怖くないし。主人公チャックもフランクさん程のカリスマ性を持たずに居たことが残念。ゲームとしての面白さが完成されてしまっていたので、十分に楽しめる作品なのですが、残念な要素も多かったかもしれません。CASE WESTは来年遊ぶ予定ですが…フランクさん楽しみッ!

第6位:「ソニックワールドアドベンチャー」(XBOX360)
息を呑み、息を漏らすほどの高速で美しい演出を体感できる傑作アクション。なかなか安定しないソニックシリーズですが、この作品は評判も非常に良く(昼ソニ)名作と呼ばれる所以をプレイして納得できます。私程度のスキルだとおびただしい緊張感と瞬きすら怖くなるほどの繊細な動きを求められる局面もあるので、得られる快感と引き換えに相応の疲労感を代価にしているようなw ウェアホッグやラスボスの球体移動などちょっと必要なかったかなと思う要素が惜しいです。もう一回言いますけど、得られる快感は大きいですけど、相応に疲れますw

第5位:「悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair」(XBOX360/XBLA)
2Dドラキュラを複数人で楽しむという今までありそうでなかったシステムを全面に押し出した配信ゲーム。やることは単純なのに、レアのゲットに矛先を向けてしまうと抜けられないw 野良でもフレとでも十分に楽しいゲームでした。特にレビューとすることもないくらいシンプルながら高い中毒性を持ち合わせている傑作でしたね。追加コンテンツは期間が開き過ぎたために現在もまだ手を出していません。もっとできることが増えたらやりたいなと思うんですけどね。たぶん今年だと一番プレイ時間の長かったゲームじゃないでしょうか(60時間弱)。

第4位:「ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園」(XBOX360)
糞仕様と名高い、ロード、フリーズ、音ズレに耐えつつ、それを払拭するできるほどの楽しさがこのゲームにはありました。パッチが配信されるまえに3周する快挙(自分の中で)を成し遂げたのも良い思い出です。全体的に意図的にまとまりのない世界観、展開。どれを取っても至高のB級で私は大好きです。いつも予想の斜め上で魅せるネジの外れ方が好きだったので、2よりもこちらのが楽しめたと思います。2はアクションに特化しているので、このゲームに何を求めるのかによって評価の割れるシリーズでしょうね。私は続編がやりたいです。そしてシルヴィアにまた逢いたいですw




第3位:「New SUPER MARIO BROS. Wii」(Wii)
安心・安定。世界の誰もが信頼しているゲームの代名詞マリオ。説明が必要ないと思いますので割愛しますが、シングルでも面白いですし、誰かと一緒にやるあのパニック感も計算されてて良くできてますよ。ただ、難易度が高いと事前に言われてた割りに拍子抜けしたのが勿体無かったなあ。でもスターコインコンプまでしっかりと楽しんで遊べたので文句の付けようはありません。また、いつでもやりたいと思える必須の作品ですよ。…あ、シングルだとルイージがプレイアブルにならないのだけは許したくないw

第2位:「GOD OF WAR3」(PS3)
究極!圧巻!アクション、グラフィック、残虐性。あれだけ完成されていたシリーズが遂に満を持して次世代機で展開。やっていることは同じはずなのに、予想を遥かに凌駕する作品でした。アクションゲームの最高峰と呼ばれても過言ではない数少ない名作中の名作でした。あまりにも面白すぎて今年プレイしたゲームの中では最短でクリアを。12時間程度でしたが寝る間を惜しんで2日で駆け抜けてしまいました。これ、必ずまたやりますが可能だったら海外版でやろうかとも思ってます。Z指定ながらも奇しくも規制がかかってしまった点やアフロディーテ様の…w

第1位:「VANQUISH」(XBOX360)
今年一番心が折れる直前まで追い詰められたゲーム。自分のスキルを超える高い壁を突破すると、そこに待っているのは感動の一言に尽きますってば。1周だけでやめていたらこの評価には成り得ませんが、本気で泣きそうになりながらクリアしたハードと、その後の恍惚感しかないカジュアルオートがあったからこそ、このゲームは今年一番面白かったと思える作品になりました。現実的にその上は私には困難を極めるのでやりませんでしたが、非常に大満足!感謝ッ!


もう一つ、今年はどうしてもラズベリー以外の賞を作りたかった。 「特別賞(仮)」 です。アワードに反映させるのが難しかった、ゲームという独自のシステムや概念をあまり用いていないからこそ他のゲームと同じ枠内にいれられなかったので。ゲームであることには変わりないんですけどね。

■「特別賞(仮)」:
メモリーズオフ6 ~T・wave~(XBOX360)
メモリーズオフ6~NEXT RELATION~(XBOX360)

ギャルゲー元年として迎えた2010年ですが、メモオフ6は初めて経験したギャルゲーとして深く深く印象に残りました。ノベルゲーとしても初めての経験でしたので筆舌に尽くしがたい何かがこのゲームにはありました。2本で1つのシリーズを構成しているとも言えるので(本編+ファンディスクの様な)今回はこのメモオフ6をアワードに刻み付けようという想いがありました。ということでメモオフゆびきりは出るであろうファンディスクを待ってから最終評価になると思うので、今年の選考からは外しましたよ。ん?のーふぇいと!のが先だよね?っていうのは忘れてくださいw

さて、そしてラズベリー賞です。文句なしの決定でしたがそれは「くにおくんの超熱血!大運動会」(NDS)ですよね。我々のファミコンの代表格にもなれるくにおくんシリーズが、あの美しい思い出、栄光がこんな形で汚されるとは。糞駄リメイク。買う前から分かってましたよ、それでも踏んだ自分にも責任はありますけど、やっぱ許せないw サントラがあっただけ少し救われた程度w

===

はい!ということでゲームアワード2010の発表でしたー!書き疲れたんだぜw 今年もゲームに良くも悪くも振り回されたような1年でしたね。結局自分の生活にゲームがどれだけ密着しているのかがこうして記事を書いていると実感することができますね。今まで支えてくださった皆様のおかげでまた今年も1年間、乗り切ることができました。本当にお世話になり有難うございました。また来年も宜しくお願い致します。これにかえて感謝の言葉とさせていただきます。

さて来る2011年、皆様にとって素敵な一年になりますように…良いお年をお迎えくださいますよう…

スポンサーサイト

| ゲームアワード2010 | 18:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームアワード2010ノミネート作品

よっし! ゲームアワード2010 が今年も開催されますよ!何だかんだで振り返ってみたら2007年から参加しているこの企画。今年で4回目を迎えることになりました。ナギさん・直さん主催によるこの企画も年々参加者も増えて賑やかになって嬉しいですね!発表は除夜の鐘が鳴り終わるまでですので、参加される方はまだ間に合います!今年は副部長の直さんの所「無気力人間直のゲームライフ」までGO!!

●09年の12月から10年の12月までにプレイしたゲームのランキング
●ゲーム1本につき一言、思い出、感想等のコメントを記入
●ランキングは1~5位、1~10位 等、自由に決めてください
●締めで、ラズベリー賞を、あれば何か一つノミネート


上記を基本項目に置くこととなります。私の場合、形はどうであれ「自分がどこまで納得してゲームをプレイしたか」。基本はEDを迎えたものとしますが、クリアの基準は自分で定めます。一昨年はノミネート12作品、昨年は17作品。今年は…28作品!!…あれ、結構多いなw 雑食すぎたかしらw 29作品は以下の通りです。

01:New SUPER MARIO BROS. Wii(Wii)
02:THE BEATLES ROCKBAND(XBOX360:海外版)
03:GUITAR HERO VAN HALEN(XBOX360:海外版)
04:くにおくんの超熱血!大運動会(NDS)
05:THE HOUSE OF THE DEAD OVERKILL(Wii)
06:ファンタシースターポータブル2(PSP)
07:MAD WORLD(Wii)
08:Sonic&SEGA All-stars Racing(XBOX360:海外版)
09:THE SABOTEUR(XBOX360:海外版)
10:GOD OF WAR3(PS3)
11:龍が如く4(PS3)
12:ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園(XBOX360)
13:サクラ大戦 君あるがため(NDS)
14:のーふぇいと!-only the power of will-(XBOX360)
15:イナズマイレブン(NDS)
16:ソニックワールドアドベンチャー(XBOX360)
17:メモリーズオフ6 ~T・wave~(XBOX360)
18:メモリーズオフ6~NEXT RELATION~(XBOX360)
19:メモリーズオフ ゆびきりの記憶(XBOX360)
20:悪魔城ドラキュラ Ⅹクロニクル(PSP)
21:DEAD RISING2(XBOX360)
22:ポケットモンスター ホワイト(NDS)
23:戦国BASARA2 英雄外伝ダブルパック(Wii)
24:VANQUISH(XBOX360)
25:ノーモア★ヒーローズ2 デスパレード・ストラグル(Wii)

26:SHADOW COMPLEX(XBOX360/XBLA)
27:悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair(XBOX360/XBLA)
28:DEAD RISING CASE 0(XBOX360/XBLA)


以上!28作品です。今年は無駄に過去に何度も遊んでいる筈のサクラ大戦フィーバーが起きたり、心が折れてゲームを放置する期間があった割りに捌いた本数は過去最大というw 現在進行中で翌年に持ち越しになるものもありますし、積んだまま放棄したものも含めるともっと遊んでいることになりますね…発表は12/30か12/31を予定しています!蛇ッ!!

| ゲームアワード2010 | 23:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。