桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SR4(no.3)/SAINTS ROW FOREVER!!!!

SAINTS ROW4 クリアしました!クリアまでに要した時間は約30時間、ゲーム内達成度は87%でした。本当はまだ色々とやりたいこともあるのですがGTA5の発売となってしまったので、一旦の区切りとします。とは言えメインミッションをクリアするだけなら15時間前後あればクリアはできると思います。サブミッションをこなしながら、チャレンジのやりこみ、収集系なども適度に行いながら進んできたので“程良いか若しくはやや物足りないくらいのボリューム”だと思います。

SR4クリア
クリア後、世界にも陽が指すようになりました。ディルドーバットを持ってパチり。

■大統領のあるべき姿
そう、今回セインツのボスは大統領です。大統領になったとはいえども、それらしい政治的な話は出てきません。エイリアンの突然の襲来から、自分の国を守るために戦うのです。何と勇ましい姿ではないですか。そんな大統領も…

気さくに全裸で街を散歩したり
ハリケーンを巻き起こして破壊を伴いながらダッシュしたり
ビルを駆け上りながら大空へ飛び出したり
特殊武器で国民を踊り狂わせたり


もはや全てが大統領の所業によるものです。エイリアンの強襲より酷いことしてるんじゃないかって思うので“所業”。それでこそのセインツだなーと再認識するわけです。結局は自分たちの世界を守っているわけですから。

SR4ジェネ
だけどしっかり世界は守るんや!

■狂いゆくセインツの定義
定義、というよりかはセインツってギャング同志の抗争の中に“現実起こり得そうな範囲で限界まで馬鹿になる”という観点があったと思います。GTAとの比較対象に置かれながらも2で突出した馬鹿ゲーへの転換を図り大成功。3では全体的に遊び易く丁寧な仕様になったことで馬鹿エッセンスは減少したものの、十分な傑作でした。

そして色々と苦難を乗り越えて発売された4ですが、これもまた十分に楽しむことのできる傑作になっていると私は思います。ただし“ベクトル転換に誤魔化されている”感はやや否めなくなっています。

宇宙人の襲来や人間を卓越した超人スキルの数々(ミュータントレベル)、向いた“馬鹿の矛先”が現実世界と離れてしまったことにより、“ゲームという仮想空間に落とし込めるリアリティ”に欠けたとも評価することができます。馬鹿さ加減を非現実的な方向へシフトさせたこと、それを良しとするか否かはプレイヤーの判断に尽きるかとは思いますけども。総じて、色々含めてセインツらしいと言えばセインツらしいんですけどね。

SR4ベルト

今作の中には色々な作品へのパロディ(オマージュ?)が全面的に押し出されています。音速でコースを駆け巡るさま、段ボールの中に隠れながらステルス、古き良きドットで描かれた2Dベルトスクロール等、むしろ堂々とその要素を取り入れてくるあたり“清々しい”という言葉に尽きるのではないでしょうか。GTAのパクリと言われることもあったセインツですが、更にRIOT ACTやPrototypeを加えてきましたし、こうした突き抜けた姿勢が“らしさ”を確立してきたとも言い換えることができるのかもしれません。

■集大成
作品のフォーマット自体は3をベースに、もとい流用してるので映像技術やグラフィックの一新はほぼ無いというところ。同じオープンワールドの中に新しい遊びを追加してきたと言うのが適切かもしれません。

私は1は遊んでいませんが(購入して所持はしてる)、2・3とセインツにも歴史があります。積み重ねてきた歴史、変わりゆく人間模様…今回は非現実的な空間を舞台にしているので、懐かしのあの面々が作品に色を加えます。もはやお祭り騒ぎになっていますw 残念ながら英語の解読は困難なので理解に乏しい面もあり明確に言うことはできませんが、懐かしいと思うと同時に“一つの区切り”を垣間見たような気がしました。

現行機ではもうセインツは発売されることはないと思いますが、これから先このシリーズがどう展開していくのか非常に興味深くもあります。ある意味テーマ的には到達できる高みには届かせてしまったような気もするので、人物構成や舞台・目的など一度原点に戻し一新するのも十分にアリだと思います。

矛盾はあるかもしれませんが、“ゲームの中に落とし込めるリアリティ”を楽しませてくれる作品でありながら、“ゲームとして楽しいと思える要素”を存分に落とし込んでくれているという点に関しては、私はこのSAINTS ROWシリーズが大好きなので次回作へ既に期待を持ってしまいます。

スポンサーサイト

| SAINTS ROW4 | 17:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SR4(no.2)/大統領の全裸スカイダイブ

SAINTS ROW4 ですー。最近ゲーム以外が忙しいこともあり思うように時間が取れてはいませんが、プレイ時間が24時間を超えたあたりです。ゲーム内進行は70%くらいですかね。英語が読めないストレスも最初だけで、特別シナリオ進行を進めていなければ徘徊するだけなので気にすることもないですしね。安定のセインツロウ、かなり面白いですよ。

SR4DIVE.jpg
全裸でスカイダイブする大統領。

サブミッションを中心に進めることでゲートの解放やスキルの追加・アップグレードが可能になるなど、先に進めていくに際して有効なことが多いので先に消化をしています。スーパースプリント(通行人や車を弾き飛ばし、柵や金網なども破壊できる音速ダッシュ)はサブミッションをこなすと最終的にスタミナを使わずに無限ダッシュできるようになります。

スーパージャンプもどこまでアップグレードできるようになるのかは分かりませんが、現在でジャンプ力・滑空スピード・壁昇り走りともに強化できるので、スプリントと合わせたら移動に関してはストレスフリーです。ファストトラベルよりも爽快感を伴う分、最高かもしれませんw

従来通りバイク・車・ヘリ・戦闘機などの乗り物も健在ですし、耐久強化やニトロ搭載などのアップグレード、配色やパーツ載せ替えなどのカスタマイズもできます。が、超人スキルのおかげで使用頻度が落ちてしまいます。これは最初どうだろう?と思ってはいたのですがスプリント&ジャンプに飽きたらきちんと乗り物に乗りたくなる不思議があるので、気分によって使い分けるようにしています。

前作3ではホバーバイクから全裸空中散歩が大好きだったのですが、今回はスーパージャンプのおかげで空の高い到達点まで容易に行けるようになってしまいました。エイリアンが乗ってくるホバーバイクを奪えば良いのかな?欲しいのですがまだ手中にはありません。先程の通りでスプリント&ジャンプに頼っていると、乗り物に乗りたくなるんですよねぇ。それに原付も見当たらないし…削除されたのか、まだ見つけられていないだけなのか。もう少し探してみますよ。

■“大統領が”というシチュエーション
今までは“ギャングの所業”という物の捉え方から、“大統領の所業”に変わりました。やっていることが同じなのに、角度を変えて物事を見るだけで世界は大きく変わります。発売前には“大統領が全裸でスカイダイブ?”のようなトレイラーが出ていましたが、まさしくそれ。この“大統領”視点についてはゲームクリア後の総括で触れるべき項目かと思いますので、導入の部分だけお伝えしました。

SR4SUIT.jpg
2と3のショーンディと。

たまには大統領らしく、デフォルトスーツに身を纏ってお仕事もします。基本“全裸”・“ニプレス”・“大統領スーツ”のどれかでいることが多いです。3からコスの大きな変化はないので、試すことが減り全裸頻度が上がっただけです。まあ、それ(全裸生活)をやりたくて海外版を買っているわけですから問題はありませんね。

シナリオは、感覚で大体掴んではいるのですが過去シリーズで色々とあった仲間たちが、そして敵(対立ギャング団)たちが…んが!とにかく“電脳仮想空間”を舞台にやりたい放題な展開となっています。ピアースとミッションを行っている時に、車で移動する際にボス(自分)とピアースがカーラジオから流れる音楽に合わせて歌うシーンがありますが、もうね微笑ましくて完全に萌えましたよね。やっぱ仲間あってのセインツだよなーと。

ゲーム自体は後半から終盤に差し掛かるのかな?という進行度で来ておりますが、GTA5の発売日も近くなってきましたので、一旦区切りを付けなきゃいけないかもと思い始めています。メインはできるだけ最後に収集物の回収(clustersやaudio log等)をしながら敵対勢力(flash point等)潰しつつ、取れる実績も狙いながら…ちょっと終わらせちゃうのが寂しくもあるんですよねえ。

| SAINTS ROW4 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SR4(no.1)/ENJOY NUDE LIFE RETURNS!!!!

SAINTS ROW4 はじめましたー!発売日が8/23だったのに発送遅れがあり、手元に届いたのは2日前という…。今回は日本語版のリリース予定はあるものの、正式な発売日も未定なままなので同時購入による日本語補完はできませんが、安定の海外版(アジア)で帰ってきた全裸生活を満喫しますよー。

IMG_0304.jpg

THQの倒産により、当時開発情報の出ていたSR4も無事に発売されて本当に良かったと思います。3は物議も醸し出しましたけど(私は好き)、4は海外スコアも上々のようで期待も高まりますよねー。買うのは確定だったのでプロモーションとかほとんど見ませんでしたけど、”大統領が全裸で宇宙と戦う”認識だけ持ってましたw ギャング抗争はどこに行ったというねwww

テキストも全部英語なので当然のことながら理解は困難ですが、またも辞書を引きながら単語と映像で大枠の理解だけしながら進めています。大統領になったセインツの主人公(自分)と地球を襲撃したエイリアンとの抗争。宇宙と仮想空間の地上(今までのスティールポート)との行き来で話が進んでいるようです。(間違ってたら優しい方、誰か教えてくださいw)

■特筆すべきは超人化したスキル
今までから一新、スキルで超人的なスキルを身に付けることで最初からチートさながらのアクションが楽しめます(チートも存在するようですが)!車やバイクを凌駕する音速のスプリント、ビルを飛び越え宙に舞うダイブ、氷や炎を操るエレメント…何ゲーだったんだか忘れてしまうほどの超展開ですがこれがまた面白いんですよねえ。

全体的に3のベースを活用しているので、粗方知っている街に新しい遊び方を付加した感じ。PrototypeやRIOT ACTと比較されることもあるようですが、元々のセンイツの面白さがある分、RIOT ACTを遊んでいたときより面白いです(Prototypeはプレイしてないのです)。とりあえず街を徘徊するだけで楽しいですよ。箱庭を褒める時には月並みな言葉ではありますが、これが本当なんですよね。

IMG_0295.jpg

キャラメイクには2度作り直した挙句に、3のレシピをお借りして結局今の形に落ち着きました。3の人物レシピは攻略サイトさんから参考にすることができます。基本ベースが同じ分、多少狂ったにしても整っていますので。2⇒3で劣化した衣装コーデもそのままではありますが、基本全裸で進むことが多いのであまり気になりません。たまに服を着せたりもするんですけどねw

プレイ時間は7時間を超えて、進行度10%ちょっとです。まだまだこれから楽しんで遊んでいきたいと思いますよー!

| SAINTS ROW4 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。