桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超熱血行進曲/輝く思い出が穢される前に…(2)

相当な地雷臭と相当の期待感を込めて購入した 「くにおくんの超熱血!大運動会」 ですが、私には無理でした…w 受け容れることができないのです…いちおう、「ねっけつ」「はなぞの」「れんごう」「れいほう」とデフォチームの大会制覇はしたのですが(今作は予選大会→本選大会→決勝大会と3つ勝って始めて優勝となるのです)

くにおくんの超熱血! 大運動会くにおくんの超熱血! 大運動会
(2010/02/04)
Nintendo DS

商品詳細を見る


何だろう?もうやめて!思い出を汚さないで! ってw あの古き良き、シンプルで熱くなれるゲームではありませんでした。懐古主義だと言われても、きっと同世代の方であれば超熱血をやってみれば同じ気持ちになれるのではないかとさえ思ってしまいます。ゲーム自体は「くろすかんとりー」「しょうがいべや」「かきぬきかくとう」はFC版と同じで、DS版は「おたからごうだつ」だったかな、この4種になるのですが、原作に忠実なのではなくて全てアレンジメントされてるんです。糞アレンジメントがな!マップは懐かしい雰囲気を残して一新、キャラグラも3D化。時代を超えて進化するはずでした…

時代を超えて進化したのは、何だ? 見栄えを現代風にすれば、古参プレイヤーは満足するのか?違いますよね。あれだけ愛されたゲームなんだから、その今は無きテクノススタッフに敬意を表するべきだった。版権を持った会社、販売した会社、もっと大事に扱って欲しいと思います!

操作性の悪さ、当たり判定の曖昧さ(攻撃がFC版はライン移動感覚で横に当てるだけだったのが、360度に向けて攻撃できるようになったのですが…)も、このゲームが面白ければ笑って許せたと思うし、本来精密な操作性を求められたゲームじゃないですしね。ただそのストレスが先行して、懐古補正と相まって拒絶反応が出てしまった…w 

良かったのは、音楽。昔の音楽をそのまま現代風に録りなおしたもの+追加分なので特典のサントラにも満足してます。それから全体的なお祭り+何でもアリな感覚。これも残っているのに、何故か馴染めない。追加キャラやチームエディットもあってやりこみも小さいながらに準備されているのに。

ああ、そうか。思い入れが強くて、しかも過度な期待を寄せていたからか。 そう思うことで自分の中では完結しましたw ただこうやって記憶以外にも受け継がれていくシリーズ、新規ファンが獲得できることは望ましいこと。私は、無理でしたが興味があるな、程度の方はプレイされてみる価値はあるのでは?と思います。発売後の評価もボチボチで悪すぎる、ってことはないようですよ。

でもコレに限らず、たまに出てくる劣化リメイクは嫌いですwww 最近そういうのも増えましたよねえ…



はい、ここで問題です!!w キャラグラフィックの一新に伴って、もう既にこれは誰だ?的な感覚に陥ることもw 下に2枚の画像を貼ります。誰でしょう? まあ、原作に親しみのある方がそのギャップに「ちょw」ってなれればOKですw

【問題1】この人は誰でしょう?
q1

【問題2】この人は誰でしょう?
q2


正解は、一応折り返してみるよw

≫ Read More

スポンサーサイト

| くにおくんシリーズ 全般 | 21:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超熱血行進曲/ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 それは少年たちの青春(1)

「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」 はい、ゲーマーの皆様であればこれにビビッとこないわけはないでしょう。私も例外ではなく、少年時代をこのダウンタウンシリーズで遊んだ思い出が、今も褪せることなく残っています。この度この「(以下)熱血行進曲」がDSでリメイクされると受けて思い返してみましたよ。

くにおくんの超熱血! 大運動会 特典 熱血高校オリジナルサウンドトラック付きくにおくんの超熱血! 大運動会 特典 熱血高校オリジナルサウンドトラック付き
(2010/02/04)
Nintendo DS

商品詳細を見る


私は「熱血行進曲」と呼ぶ派ですが、「大運動会」と呼ぶ風習もあるようですね…もう定着しているので逆に「大運動会」だと違和感を感じますが…w いやあ、もうどれだけ遊んだとか、分かんないですよね。調べてみると発売が「1990年10月12日」ってことなので、もう20年前じゃないですかwww ああ、私も少なからず歳を取ったもんだなあと思うのです。近所の年上のお兄ちゃんたちとやったりとか、学校の友達、幼馴染とか、現在に至る友達とか、遊んだ交遊記録すらも幅広すぎて思い出せません。その遊ぶメンバーによっても独特の遊び方、暗黙のルール、禁止プレイなどがあって遊び方もメーカーの提供されたものを超えて、長く広く自由に遊ばれたことでしょう。

超熱血01超熱血02
もうこのスクリーンショットの段階でダメ臭がプンプンしますけどw

それがリメイクですと!!しかもテクノスは倒産しているので、アトラスの時代を更に経て現在はアークシステムワークス。アークに限らずと思うんですが、原作を超えることは絶対にできないでしょ。だって神作すぎるし、皆に根付いた思い出補正が強すぎる…あれはファミコンでやるから、あの雰囲気だから良かったのだと思うんです。しかも追加要素込みのベタ移植ならともかく、(くにおコレクションで出てるっけ)3D化しちゃうものだから。でもやってもいないのに、否定ばっかするのは良くないので…

買っちゃいます!予約特典にサントラ付くし!!w 完全に思いつきで決めたので、店舗予約に行く暇もなく、amazonで買うことに。だってサントラ欲しいし!今でもあの名曲たちはいつでも思い出せる。でもどうでしょ、たぶん原曲ではなくて、今回の「超熱血行進曲Ver.」だとは思うんですけどねw もうゲーム買わないとか言ってたのに、本当ゴメンナサイ。代わりに少しゲーム売って資金を作るから…


以下、折り返しでシリーズの思い出を少しだけ…

≫ Read More

| くにおくんシリーズ 全般 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。