桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.8)/夢、叶えし者 総括

龍が如く5 夢、叶えし者 クリアしました!クリア時間は110時間弱、難易度はノーマルです。今までPSPを除く全ての龍が如くをクリアしてきましたが、ここまでプレイ時間が長かったのは今回が初めてで、それだけ面白かったと言っても過言ではありません。たぶんストーリーだけを進めるのであれば40時間くらいでクリアはできると思いますが、今回目に付くやり込み要素はやってきたと思うので、時間がかかったという感じでしょうか。

龍5総括1

■龍が如く史上、最高の出来
だと思います。本当に面白かった!不朽の名作シェンムーの影を匂わせながらも鮮烈なデビューを果たした1、当時次世代機のPS3に合わせグラフィックのみならず、全体的な形を作り上げた3、そして最高の出来となった5。個人的には奇数ナンバリングが龍が如くでは名作が多い印象です。個人差はあって当然と思いますが、個人的には5>1>3>2>4(見参・OTEはとりあえず含めない)かなと。

今までは1年スパンで発売されることの多かったシリーズで、システム上の流用が目に付いて仕方ないほどでしたが、今回の5に関しては通常よりも開発期間が空いたことと、「システム上の流用」ではない「基礎を残しながらの進化」と感じられるようになっていたのが好感触です。5をプレイし始めてから、4を起動してみたのですが全体的なモーションは同じでも挙動の重厚感や間などマイナーチェンジをしっかりと感じることができました。

龍5総括3

特筆すべきは「アナザードラマ」だと思うのですが、今までの記事でも書かせてもらったように、「ミニゲームと呼ぶには勿体ないくらい」よく作られた本編に直接関与しない部分が本当に良い出来です。桐生=レースゲー、冴島=狩りゲー(TPS)、遥=音ゲー、品田=野球ゲー。程良く練り込めば単体のゲームとしても成立させられるんじゃないかと思うくらいに手抜きなく作ってあると思います。(それぞれの詳細はカテゴリの別記事内でご参照ください)

龍5総括2

嗜好で好きな要素が盛り込まれすぎているのも、個人的には評価せざるを得ないと言っても良いとは思いますがw 本編の進行を妨げるものでもないので手を出さなくても良いのですが、結構なプレーヤーさんがこのアナザードラマを遊んだのでは?と思います。特に冴島編の狩りは評判が高く、下山できずに月見野に行くのが遅れた人も多いと思いますw 遥編では殴る蹴るのバトルがない分、全て音ゲーが絡んできますが…音ゲーとしての難易度は低すぎるくらいなので一般層に受け入れやすくなっている分、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。任侠道から一転、アイドル路線のノリなので「雰囲気に合わない」と思う人もいそうですが、遥を1から長年見ている人はそんなこと思わないですよねえ。「ああ、大きくなったな遥」と子育ての感も極まることでしょう。あの子は本当に大きく、そして芯のぶれない強い子になったよ。亡くなった由美に見せてあげたい

龍5総括6

■夢、叶えし者
物語の核心は「夢」です。あまり青臭いことを言うつもりもありませんが、龍が如くのようにシナリオに重きを置くゲームで且つ「人情」といった側面を重要視する作品ではこの「夢」は非常に縁深いテーマとなりました。

夢の代償 という言葉が当てはまる、時に切なく犠牲を払い、しかし夢へ強い信念を持った人間たちの織り成すドラマは…泣けましたw 龍が如くで泣いたのは3の力也以来2度目でしたねえ。力也の時は号泣、今回は品田でホロリと来て遥・桐生でぶわっと。

一つの「夢」を起点に分岐し、幾重にも重なる人々の想いは必見だと思いますよ。そこには主人公としての覇気を申し分なく発揮する桐生という人間の魅力も関わり、ラストにはもう少年漫画を彷彿とさせる燃える展開も重なってきます。4でもかなりラストは熱い展開でしたが個人的には「夢」という青臭さも相まって5の方が断然好きです。

龍5総括5

1では錦が、2では郷田が。倒すべき敵として勧善懲悪の見せ方に近い形で出現していましたが、3以降は伏線裏切黒幕上等でこじれにこじれ、予測できない展開が多くなりました。5のクライマックスでせっかくの燃える展開があるのなら、最後倒すべき敵はある程度事前に分かっていた方が良いのかもしれません。5の最後のボスは色んな意味で必見です……

総評としてはこんな所でしょうか。語られなかった後日談、回収した伏線も半端に掬いあげただけで顛末が分からない等抱え込んでいる素材を大きくしすぎただけに、どうしてもまた次が気になって仕方ありません。次回以降への色々な伏線は張られているとも解釈することもできますし…

龍5総括4

龍が如くをそれぞれのナンバリング単体で捉えるのではなくて、通して桐生一馬の物語だとして見てみると今回は大きな折返しに入ったと予想解釈をすることはできるんですよね。東城会から自分の持つべき家族を持って、そして離れる道を選んだ今回。変わらず不安定なままの東城会や幹部たち(色々漬け込まれすぎw)。東城会復帰か決別か。クライマックスでの「遥の言葉」はどちらにも受け取ることができそうですので、その顛末を見届けるまでは龍が如くは終わってはいけないと思うのです。

次回作があるとすれば年末か、翌年春くらいがいつもの展開ではありますが…今回をベースにしたシステムの使い回しは1回だけならやっても許せると思うので、続きの話を早く!見せたってや!馬場ちゃん!

スポンサーサイト

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 21:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.7)/第四部 品田辰雄

龍が如く5 夢、叶えし者 ですー。総プレイ時間が92時間を超えて第四部クリア、物語はついに全てを収束する最終部へ突入しました。第四部では「品田辰雄」が新主人公となり、事件の核心を「野球」という極道とも警察とも違った、華やかな側面から追うこととなりました。

品田炎

龍4では桐生・冴島・秋山の他に飛び道具(色モノ)として芸能人起用のダニが主人公となっていましたが、あれでは今後物語が続く仮定の中ではあの先機能しませんよね(大人の事情で出演できなかったりとか)。今までもやってきたように脇役・敵役か若しくは声の出演くらいにしておけば良かったのに(そういう意味では3の藤原竜也が珠玉だった)。ダニは警察側の人間だったので、龍が如くで織り成されるシナリオの中では関与しやすい立ち位置だったのに対し、品田の「野球」はどう絡んでくるのか。かなり興味もそこにありました。ただ単に「野球が大好き」ということもあるんですけどねw

第四部を終えてみると、人に夢を見せることができる「華やかな夢の表舞台」「渦巻く陰謀の裏舞台」との兼ね合いの演出がなかなか上手だったと思います。極道や警察に野球を関連付けるには「それ」しかないか、と思いながら。でも野球はそんな世界であって欲しくないと少し複雑な気持ちにもなりますね(フィクションではあるけど)。

ただ表舞台と裏舞台の両極があるからこそ、「純粋に野球に賭ける想い」は見えにくかったりするんですよね。当人たちは野球に賭けた想いを背負ってプレーしているのに、取り巻く環境がそれを見えにくくさせちゃうというか。だから甲子園なんかはプロ野球の世界よりも、人々の胸に感動を呼びやすいのかなって思ったり。「純粋に野球に賭ける想い」がより具現化されたようなものですからね、甲子園は。

たった一度の打席、たった一球の勝負も全てはドラマを生み出します。野球に賭けた想いがあるから。そんな熱い想いをまるで野球漫画のように描いた第四部ですが、氷室さんが魂を抱いてしまうくらい、野球バカで純粋で熱くて良い話でした。品田に再登場の機会があるとして、これだけの野球の話を見るのは、もう無理かなやっぱ…。あるとすれば…。

新乳シャイン
哀川翔さんと「新乳シャイン」を訪れたりしました。

さて、品田に関してですが。アクションは桐生・冴島・秋山とも異なる「武器使いタイプ」になりますね。通常だと○ボタンで投擲になりますが、品田の場合は武器別固有アクションになります。武器のタイプによってモーションも変わりますし、有効範囲も違うので局面に合わせて使い分ける楽しさがあります。ワークス上山(武器屋)をそこまで真剣にやっていないので、種類は限られてきますが、色々な武器を試してみたくなる、興味を刺激するよい出来具合です。ただし野球人なのでバットを殴る用途には使いませんよ。ドスを持った時の固有アクション、ヒートは完全に人を殺めることのできるレベルですねw

品田ミート

アナザードラマ・サブミッションも全て野球に関するエピソードになっています。龍1の時からバッティングセンターは存在していたので、それをベースに拡張した感じ。ミートカーソル概念が存在し、○×△□の4ボタンで分割されたミートポイントで来た球を弾き返すというもの。投げられた球は予測位置としてミートカーソル内に色付けされるので、要は予測位置と合ったボタンを押すだけという寸法です。

パワプロやプロスピ経験者であればミートカーソルを動かして打つのが普通になるので、龍5みたいなストライクゾーンを網羅した(○×△□の4分割)ミートカーソルは最初違和感を覚えるかもしれません。なまじ網羅している癖に普通に動かせますしね。私も最初はミートカーソルを動かして○ボタンのミートポイントで打ってました(しかもカーソル移動遅くて打てない)w 熟練度が上がってくるとミートカーソルの大きさも大きくなるので、球筋と球種さえ見えれば簡単に打てるようになります。これらができるようになると「ヒートアイ」(スローモーションで球が見える)はほとんど必要なくなるという展開…

変化球
アナザーの進行は大方バッティングセンター内で完結するものがほとんどですが、いろんな人や話が出てきます。巨●の星をパロった話や、変化球を駆使する小学生の話、4番を打ちながらカットの技術に葛藤する高校球児など。

小学生だと投げ方に癖がついたり、身体発育途中だと肘が壊れてしまうために小学生には変化球を投げることを教えません(それでも見まねで投げれてしまう子はいますが)。ヒットやホームランを打つことが花形のバッターにとって、若く打ち気の勝る強打者はカットの重要性に納得できなかったり(勝負球を絞ったり、投手を疲弊させたり、心理戦を面白くしたりと色んな意味がありますからね)…結構野球に専門的な部分まで食い込んで話しているのでプレイしている方としては最高に面白かったです。

さて物語は最終部に突入しました!ここまで第一部~四部に93時間かけてきましたが、おおかたやれることをやってきたので、最終部でしか発生しないイベントなどの消化以外はストーリーの進行がメインになると思います。ここまで物語の核心に触れるピースが揃った程度にしか過ぎないので、どう展開するのか楽しみですね。

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.6)/第三部 澤村遥・秋山駿

龍が如く5 夢、叶えし者 ですー。第三部澤村遥・秋山駿まで終わりました。ここまでプレイ時間は75時間弱。一部ごとに25時間くらいかかっている計算なんだけどw 龍5の目玉として、あの遥が主人公として使用できるということでかなりの期待をしていました!龍1では当時まだ11歳、100億を巡る極道の抗争に巻き込まれ、拉致られたり拉致られたり拉致られたりしながら大人になっていきました。本当に娘の成長を見守るかのような錯覚を覚えるほど、「桐生と遥の歩んでいく人生の軌跡」を見るのは楽しいものです。

遥秋山

桐生の元を離れて大阪でアイドルを目指す遥と、時を同じくして大阪でスカイファイナンス大阪支店出店を目指す秋山。遥に誰か相応の保護者を付けるとするならば秋山が妥当なのは言わずもがなですね。逆に極道の中で生きる冴島でも面白いかもとは思いますが、カタギでまともな人間と言えば秋山ですね。ダニ(龍4)はダニだから論外、新主人公の品田もまだ分からないことが多いし。成るべくして成ったと言える組み合わせでしょう。

同じ第三部に主人公が二人おかれていますが、比重に重きを取っているのは遥がメインですね。アナザードラマも遥のみで秋山には存在しません(秋山のサブストーリー内では金融にまつわるエピソードも含まれていますが)。

アイドルヒーーート!
遥のアイドルを目指す過程では「ダンスバトル」(通常の戦闘に準ずる位置づけも、全て任意で開始可能)、「ライブバトル」(イベント戦)のバトル系に属するものと、アイドルとしての活動(握手会、テレビ出演、インタビュー、イベント出演等)の中で経験を積むものに分かれ、育成をしていくことになります。

Pリーグ

「これ面白いんだよ…」基本同じことを繰り返すだけなのに、遥の育成が楽しくて仕方ありませんでした。ゲームを買うと付属してくる「龍うた」の中にも劇中歌で使用される「KONNANじゃない!」「lonliness loop」「キミハイルカラ」もそれぞれアイドルポップ、ダンスナンバー、ミディアムバラードと王道パターンを的確に捉えた良曲でかなり聴けます。「龍うた」持ってる人は真剣に聴くべき!私は聴きすぎて軽く口ずさめるレベルだ!

そんなアイドルマスターをリズムゲーにした秀逸な遥編ですが、楽曲ごとに流れてくる譜面が一緒なのが惜しい!EASY・NORMAL・HARDと難易度を3つ設けてはいますが、同じ譜面の中でGREAT数(タイミング)・コンボ数・総合ランクが難易度によって達成基準が異なるという仕様。アナザードラマでここまで作りこんでくれているので、これ以上を望むのは難しいかもしれませんが、出来が良いだけに勿体無いと思います(←かなり評価しているということ)。正直遥編だけ単独で拡張して別にソフト販売したら買うレベル!

Dバトル

同様にダンスバトルの楽曲もEASY・NORMALが難易度低すぎるのでHARDの譜面でもっとジャンルがあれば…ボタンを押すだけでなく、上下左右の該当箇所に十字キーを入力するのも一定のリズムを狂わせて楽しいんですよ。リズムを刻みながら目で別のレーンを追いながらボタンの数と速さで押さなければいけないリズムを把握するのです。いや、本当遥編は良くできてる。龍が如くの中にこれがあるだけでもはや完全別ゲー。すごい。

エアストライク

龍4・龍OTEと主人公を飾ってきた秋山は今回は多少の脇役感(遥のサポート)をみせながらもすごい存在感。もう龍が如くには欠かせない人物になりました。遥を巡る話の本筋に介入しながら、遥と役割分担が明確にされていて、ずさんな扱いの感じを一切みせません。

軽快な身のこなしと蹴技はますますパワーアップし、もはや人の身体機能を超えた動きをし始めますw 絶技エアストライクは…宙に浮いてるよねwww 天啓で覚えるダブルジャグラーもコンボ派生から簡単に敵を巻き込んでくれるので、かなり気持ち良い。ザコ殲滅では爽快感は秋山が一番あるかもしれませんね。秋山に割り振られた時間が他の主人公よりやや短いので、秋山だけレベル15のまま終わってしまったので、最終章で20にしないと。今回はレベルキャップの開放までやりたいなーと思うのです。それだけ楽しい。

さて念願の遥編を終えて、次は 念願の野球編 (品田)へ。桐生さんにススキノに遥に野球。好きなものばっかり詰め込まれすぎて怖くなるくらい嬉しいですw ダニ(龍4)と違い、しっかりと作られた主人公のようなので果たしてどんな展開になるのか、楽しみが止まらないです!75時間楽しみっぱなし!

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.5)/第二部 冴島大河

龍が如く5 夢、叶えし者 です。プレイ時間は50時間を超えてようやく第二部の冴島大河編をクリアしました!念願だった月見野(すすきの)も満足するまで堪能し、いよいよやることがなくなったのでシナリオを進めようじゃないかということで。冴島編は網走刑務所に居る時間も比較的長いので前半にシナリオを集中的に見ている分、後半のフリー移動がかなり長く楽しいです。そう、あのシリアスなシナリオがあると頭では分かっていながら。

さえじま

前にも書いたように、今回は音楽の使い方が以前までよりかなり効果的に使われているので感情のコントロールが容易にしてやられている感が強いです。良い意味でですよ?第二部終盤はもはや泣かせにくるのかと思ったくらいに。氷室京介の歌声がやけに男臭くて、展開に華を添えていましたね…ああいうの弱いですw

今回は冴島と兄弟である真島兄貴の動向が事件の発端の引き金になる分、龍1から積み重ねてきた年月が長いほど(1からプレイしている人ほど)感情の移入も深く、かなり目が離せません。そう考えると真島兄貴にはアナザーではありながら龍OTEで伏線になるための伏線を張っていたような、そんな気がしませんか?

またぎ

冴島編ではアナザードラマでは マタギ(狩猟) が中核を担います。これ!かなりの高評価を得ているようで、実際かなり面白いです。このアナザードラマを無視すれば月見野にすぐ行けるのですが、月見野に早く行きたい気持ちを抑えながらマタギにどっぷりハマれる出来となっています。先に龍5をクリアした友人も言ってましたし、どこかの飲み屋のトイレ意気投合してこのマタギの話をしていたお兄ちゃんたち(アメフトやってるっぽい大学生)などw 身近な所でもマタギを楽しんでいる人が多いようです。

一定範囲決められた雪山の中で、極寒の大自然と戦いながら熊・鹿・狐・兎・鼬を狩るもの。龍OTEではなくバイナリードメインで得たTPSのノウハウが軽く活かされているなあと感心してしまいました。罠を張ったり、獣に気付かれることなく接近し猟銃を放ったり(ヘッドショット必須)…たまに熊は拳で倒しますけどねw 一度にやれることをやらせてしまうと飽きが早いので、アナザーストーリーの進行と共に雪山の開放部分を増やすのも上手。メインとは一切関係のない部分になってくるのによくここまで作ったものだなと。

さえじま2

月見野に関しては前回も触れたのでここでは割愛にしますが、第一部同様やれることは地図集めを除いて(残り3枚が見つけられない)全てやり尽くしました。同じようにアナザー・サブ・天啓・キャバクラ・グルメマスターなどなど。中でも雪まつり会場、大通り公園での「雪合戦」は難しかったですw 一騎打ちのデスマッチは問題ないのですが、4人乱戦のバトルロイヤルは…何度も優勝を逃しホゲェとなったもんですw 

FPSライクに雪合戦をするだけなのに、基本カバーアクションもないですし、遮蔽できる場所と思っても背後左右はガラ空きなので常にミニマップで相手の動向を伺いつつ動くしかない。逆にリアルで難しいなーと思いました。FPS慣れしてる人はサクサクやれるんでしょうかね?

とまあ念願だった月見野を終えて、またしても念願だった 澤村遥編 に突入です。1の頃から娘のように愛でてきた遥もついに大人の階段を登り始めています。今度は大阪・道頓堀!乞うご期待ッ!

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍5(no.4)/「好きですツキミノ」

龍が如く5 夢、叶えし者 まだまだ遊んでますよ!というかまだ第2部後半なので、全体の半分にも届いてないのですがプレイ時間は50時間目前です…これは100時間コースなのか…?今遊んでいる第2部、冴島編の舞台はそう!札幌すすきの!一応網走も出て来ますが、監獄のみなので再現というレベルではないです。

NIKKA.jpg
有名なNIKKAのおじさんの看板が見えるすすきののネオン街。実際によく行く街がこのように再現されているのは感動を覚えますよね…。きっと神室町が再現された時も東京の方は感動したんだろうなー。実名での協賛がない点に関しては、看板のほとんどが同じ名前ではありませんが、この景観は一緒です。

市電
すすきのの中心と大通りからの2箇所を始発にした市電の乗り場。残念ながら大通り側の乗り場はカットされてしまっていますが、すすきの側は再現されていました。券売機はなくなっているものの、市電の車体のベースカラーからかなりの再現度!市電沿線は札幌の全てを走っているわけではありませんが、昔はこれに乗って通学してたんですよねえ。平均7~10分間隔でそれぞれの電停に到着するように走っているので、沿線に住んでいる人はよくお世話になるものです。廃線にならなくて本当に良かったよね。

東宝公楽
すすきの旧東宝公楽付近。右手に見えるカラオケ館は実在の位置そのままです。昔はここがセガのゲーセンだったのでどちらかというとそっちを旧風景を再現して欲しかったですが、仕方ないかも。ちなみに1週間前にこの付近で飲んで、このカラオケ館に二次会で入りましたぜ。

そしてここから少しずつ大人の真の歓楽街の姿が見え始めますw 南・南東を中心に風俗店など多く存在し、飲み屋と合わせて真のすすきのは完成するのです!なぜゲーム内にそこを再現しなかったんだー!ちなみに私たちがいつもライブをさせてもらっているライブハウスさんもここより南東に行ったところにあります。この辺りはライブハウスの数も多く、本当色んな文化が存在する素敵な街。

狸小路
アーケード街になっている狸小路内部。実在の3丁目・4丁目が再現されていますが、ドンキホーテ側のこっち3丁目はなかなかの再現度。ドンキより奥に見えるこの景色は店舗名など違えど、ゲーセン(TAITO)やクレープ屋さん、靴屋にアジアン雑貨(マライカ)など並びと系統がかなり似通ってます!札幌駅で買い物をするのが主流になる前は、狸小路でよく買い物をしたものです。

写真はゲーム内の月見野のものですが、これは冗談抜きにどこに何があるか初見でも分かる嬉しさ。都合上配置が変わっているものがあったり、本来そこにはない実名店が配置されていたりと、ゲーム化する上での都合を考慮してもこれは嬉しいでしょ!街の構図も狸小路からすぐ大通り公園があったり、テレビ塔が西に寄ってきていたりとしますが(いい意味で良い所だけ凝縮させた感じ)、うんうん。

セイコーマート(こっちにあるコンビニ)の地味にリアルな店内とか、店内放送とか。札幌で一番美味しいラーメン屋は「すみれ」ではないけど食べたことのあるラーメン屋があったりとか(スープカレーも然り)…もう色々何か楽しいんだよ…

この時を待っていたんだよ!
楽しい!私たちの街を再現してくれてありがとうございましたッ!

| 龍が如く5 夢、叶えし者 | 14:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。