桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PXZ(no.4)/ふたりはさくら色FOREVER!

PROJECT X ZONE です!クリアーしました。SRPGとしてはもう何年ぶりかも分からないくらい久々に…達成感が半端ない状態ですw クリアータイムは86時間14分、寝落ち時間を含んでのプレイタイムになりますが、結構かかりましたねえ。クリア後にレビューなんかを見てみると60時間くらいの方も多くて、その差の20時間強を私は何をやっていたのかとwww 下手なんでしょうねえ。

主人公2
主人公1
まさかの主人公下ネタ展開w 美依はおっぱいに救われたと思う。

想像以上に面白かった というのが率直な感想です。SRPGを普段からやらない私にとってはシステム面などSRPGとしての質基準が分からないので、非を打つべき点が分かりません。シナリオの水増し感は感じとれたものがありますが、お気に入りのキャラクターの動きを見ているだけで楽しかったですし、前の記事にも書いたようにクリティカルヒットの音が心地良くて、長い戦闘もそこまで気になりませんでした。

■不死鳥かと思う程の蘇生率
一定のところまで話を進めると、ボス格の敵も一通り出揃います。サクラ大戦で言えば殺女やシゾー。オリジナルだけではなく、各作品の敵が出てくるので、知らない作品であっても少しの世界観を垣間見ることができるのが嬉しかったように思います(特に戦場のヴァルキュリア3)。

薄いシナリオの中でも少しずつ核心に触れながら、「戦っては逃げられて」を繰り返すのですが、シナリオの後半では完全に撃破するイベントも見てるのに…ラストでまた復活するのですw しかもただの駒扱いなので、HPと攻撃力の高い敵と何回も戦わなくてはならないというね。ボス級だと必殺技も使ってくるので厄介でしたw 

最終話の1つ前からこのパターンになるので、所持数限界まで溜めきったHP・XPの回復アイテムを乱用して最後は乗り切りました。シナリオの後半まで、キャラ固有スキルで回復を担当できるのでアイテムはあまり使わなくても進められますしね。TOVユニットの「ナース」、エリカ&ジェミニユニットの「エヴァンジル」が全体30%回復なので重宝しますよね。

■各作品への愛情
PXZ記事内でも触れた件ですが、キャラクターの動きの一つひとつが原作に準拠しているので、知っていれば知っているだけ見ていて楽しいと思います。綺麗に打ち込まれたドット絵も、最適なカットインも、何度見ていても飽きませんでした。制作側は多少なりとも

メインを張り続けた 「大神&さくら」ユニット は当然目にする回数も一番多かったのですが(最終レベル58)、全然!飽きなかったです。もっと見ていたかったくらいw このゲームの良さはここに尽きるのかもしれませんね。

あやめさん
サクラ1はPXZ内でも扱いが大きくて、嬉しい限りでしたね。まさかの大神&あやめリターンズ!

逆にあまり知識のなかった作品でも興味が沸いたりするなど、見識が広がる機会となって良かったと思います。立ち絵の掛け合いも意外と面白いものも多く、多くのキャラクターを出演させる中で個性を埋没させない程度になっていて関心させられました。知らないキャラクターのことを知れる、そんなスパイスが嬉しくなりますね。

■クロスオーバー
私の中では作品間の垣根を越えた「クロスオーバーはあった」と思います。色々とキャパ上の問題もあるでしょうが、ソロユニットとの掛け合いしか戦闘は見られませんでしたが、上でも少し触れた立ち絵上での絡みがそれ。あれだけの人数がいれば個性も分類されるもので、その括られたキャラクターたちがそれぞれのデフォルトとしての役割(性格)をしっかり果たすことで個性を埋没させないようにしてたのがお見事でした。

■PXZランク王国
では最後の締めに、PXZユニットの勝手にランキングを付けて終わります。シンプルにどのユニットが好きだったか、重宝したかという見方で。

■5位:風間仁&シャオユウ(from鉄拳)
バーチャ、スト4、鉄拳と各メーカーの格闘ゲーム勢の中から唯一プレイをほとんどしたことがない鉄拳から。キャラ云々よりも、手数の多さで敵を浮かす位置がキャラの等身と同じ高さでクロスヒットの繋げやすさがあったり、単純な火力が高くて重宝しました。ソロユニットはジュリメイン、最終レベル55。

■4位:フランク&レイレイ(fromデッドライジング・ヴァンパイア)
おなじみデッドライジングから皆が大好きフランクさん。ダイナマイト刑事のブルーノさんと「おっさんペア」という組み合わせも見てみたかった気がするのですが…鉄拳ユニットよりも更に安定して敵を固定する攻撃が多く重宝。さらにネタの宝庫であるデッドライジングの要素をたくさん加えてあって見ていて楽しかったです。スピードの遅さが唯一の欠点ですね。ソロユニットはバツかアーサーメイン、最終レベル54。

■3位:エリカ&ジェミニ(fromサクラ大戦)
サクラ大戦、素敵。行動順も安定して早く全体回復のエヴァンジルだけでなく、特攻隊長としてもいい動きをしてくれました。普段生身で戦わない人たちなのでモーションがどうなるか心配しましたが作中の様々な動きも取り入れてくれて良かったですね。エリカの「おはようボンジュール」とかw ソロユニットはうららメイン、最終レベル53。

■2位:ハーケン&神夜(from無限のフロンティア)
予備知識ゼロからのスタートながら、神夜のおっぱいが正義。カットインではしっかりと弾むおっぱいが、正義。性能的には可もなく不可もなくといった印象ですが愛情の偏りがゆえに信頼を寄せていました。ハーケンスキルの射程+1で反撃をもらわない位置からの攻撃など戦略の要になることも。ソロユニットは固定なし、最終レベル54。

■1位:大神一郎&真宮寺さくら (fromサクラ大戦)
ゲームの購入動機にすらなったこのぺア。説明は要りませんねw ガード破壊力の低さをソロユニットのイムカスキルでカバーし、非常に多くの敵を撃破しました。新録ボイスももっと聞いていたいくらい。正統続編の見込めない今、色んな所へ出張する形でも良いのでずっと大神とさくらを見ていたい…好きすぎて辛いとはこのこと。最終レベル58。

リボルバカノン
サクラオール
シャノワール前でサクラ大戦イベント大詰めへ

作れるなら、PXZの続編か系譜上の新作をプレイしたいですね!SRPGを無事クリアした補正も相まっていい思い出が残っています。万人におススメできる、まではいきませんがハマる人にはハマる良いゲームであったと思いますよ!

スポンサーサイト

| PROJECT X ZONE | 13:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PXZ(no.3)/ふたりはさくら色

PROJECT X ZONE ですー。プレイ時間が47時間を超えました!と言っても布団に入ってプレイすることも多いので、充電器に繋がっている状態の寝落ちの時間も含んでいます。展開は30話までクリアしましたが、後半に入ってからは1話クリアするのに90分以上かかっているので、純粋なプレイ時間も長いですね。

DSC_0549.jpg
全体的に浮いてるうららさんw

さて、中盤以降というもの仲間も既に揃ったと思うので(ソロユニットとペアユニットの数が一致しました)、展開は佳境に向かう…と思っていたのですが、これがなかなかどうしてw ボス倒す→逃げる→再出現→ボス倒す→逃げる…を繰り返しているような、そんな状態です。

ステージ途中での敵の増援はもはやデフォルトで、その数も結構多いです。それを駆逐していくのがゲームの大半なのでもはや作業化…と言いたいところなんですが!違った!これ、楽しい!その敵を延々と倒す作業が楽しいんだ…

■脳を刺激するクリティカルの音
少し鈍さを含んだ「コーン」「コーン」という音。クリティカルヒットの音です、これが気持ち良い…クリティカルヒット時はダメージ数が黄色で表示されるのですぐ分かるのですが、通常のヒット音と違って「コーン」という音がします。これ!気持ち良い…

攻撃パターンは最大5つでボタン+↑→↓←の組み合わせという限りなくシンプルなもの。各々に攻撃の入射角があって、それが浮いている敵とピッタリ合うとクリティカル発生という仕組みのようですが、ほぼキャラの等身と平行に入射角があるので、敵の落ち際を狙うと高確率でクリティカルを狙えます。ソロユニット(支援タイプ)は画面外から入ってくるのでボタンを押してから攻撃するまでのタイミング、キャラ別に攻撃の入射角も違うので要観察ですが。

敵にも大きさ・重さの概念があって浮き方は攻撃モーションとよく見合わせなくてはいけません。補助的に浮き加減を一定にするスキルを有しているキャラもいるくらいで。コツが掴めるようになると、クリティカルを狙える率も大幅に上がります。

最大5つの攻撃パターンも決められた動きしかしないので、指に馴染んでくるとあとは気持ち良いクリティカルの音を聴くだけ。これ、リズムゲーの要素あるで(ガチ)。独特の捉え方だとは思うんですが、きっと分かってくれる人もいる…はずw 「ゼファー&リーンベル」のようにヒット数の多いユニットだと尚のこと気持ち良いですよ!

■ふたりはさくら色
初志貫徹、変わらず「大神&さくら」ユニットが全てにおいて優先されています。アタック数が一番多いユニットですが、装備やスキルで飛躍させた攻撃力(全ユニット中1位)も敵のシールド(敵によって一定数の攻撃を当てると破壊できます)に阻まれるとその分損しているということ。

DSC_0563.jpg

今までは「トロン&コブン」か「うらら」をソロユニットで割り当てていたのですが、ここに来てシールド破壊の重要性と効率化を目指して「攻撃時にシールドを破壊できるスキル」を唯一有している「イムカ」(戦場のヴァルキュリア3)をソロで割り当てました。

これにケン(ストリートファイターシリーズ)等が有している「初段クリティカルのスキル」を使えば、エースのターンを有意義に使えるということですね!気付くまでに40時間以上かかった私は…w

■伏兵セルベリア・ブレス
DSC_0562.jpg
一番左がセルベリアさん。やべっしゅw 本気で気になる…

モリガンや神夜の豊満な乳に釘付けな人も多いと思いますが、セルベリア(戦場のヴァルキュリア3)のソレもすごいように思います(真剣)!敵キャラクターなのでカットインなどは現在のところ確認できていませんが、バストアップの立ち絵を見ているだけでもゴクリ。ググってみたらやはりそういう位置付けなのか…

「戦場のヴァルキュリア3」やりたくなってきたじゃんか…

| PROJECT X ZONE | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PXZ(no.2)/不死桜に浪漫の嵐!

ややご無沙汰しておりました。色々ありますがギリギリで元気ですw ゲームはしていますが、如何せん自宅のPCが故障しているので更新頻度が落ちています…。こんな所でも足を運んでくださっている方、本当にありがとうございます。

ということで PROJECT X ZONE ですー。プレイ時間が30時間を超えました!(一部寝落ち時間含む…かも)シナリオとしては第25話「不死桜に浪漫の嵐」までクリアしたところです。

DSC_0523.jpg
騙されたッ!w

ここらあたりで紹介されていた参戦キャラは出揃い、折り返しは超えたのかなーと思う程度ですが…皆さんも言われている通り雑魚の沸き数が多いですw こちらもユニット数が多いのでー相応の数なのかな?と思いつつ、SRPGの経験があまりないのでよく分かりませんw

ユニットによってレベルがあがると複数範囲攻撃を覚えたりするのですが、そんな時に限って一番愛情を込めている大神&さくらユニットがなかなか覚えないとかねw まさかイベント内で覚醒して覚えるパターンがあるとは思いませんでしたw

DSC_0535.jpg

大神&さくらユニットに関しては装備品の中で一番良い物を装備させ(アクセサリは「手編みマフラー」byさくら!)、雑魚撃破もボス撃破もできるだけこのユニットにさせる努力をしています。スキルで「稽古の心得」入手経験値20%アップ、「気合ため」攻撃力15%アップで地盤を固めてから接触するように心掛けてます。

レベル別に入手できる経験値に補正が入るようなので、ズバ抜けてレベルが高いという風にはなりませんが、全体平均よりも5くらいレベルは高いです。次点でエリカ&ジェミニユニット。まあ、要するにサクラ大戦ですw

他にも良い動きをするユニット、空気になりがちなユニットなど格差も出てきているように思いますが、ここまで総じて結構な面白さですよ!作品別にユニットの組み換えはできないので、会話の中でクロスオーバーしたり、同じ戦場の中で同居するクロスオーバーだったりとする程度のものなんですけどね。例えば…リュウ&アキラの格闘家ユニットとか、考えたら楽しい組み合わせはたくさんあるんだろうけどなーとw

DSC_0533.jpg
皆が大好きな好感度アップの「ぴんぽろぽろぱん♪」が神夜に起きたり、さくらのジト目が出たり!うっほい!

シナリオは…よく分かりませんw 骨子がしっかりある印象でもなく、次元が歪んで皆が出逢って、色んな所に行って、敵が居て…くらいの認識ですw それよりもその会話の端々に見られる原作のネタ散りばめやキャラ間の会話のクロスオーバーに楽しみを見出している、といった程度でしょうか。

今が中盤くらいだとして、キャラが出揃う頃から強制的にメンバーが分かれて出撃する場面が増えました。この時にソロユニットの面々との組み合わせがいちいち解除されるのが面倒臭いですねー。シナリオの展開上、分かれるのは仕方ないにしてもいちいちセッティングし直したり、いつも固定で組ませているソロユニットが居ない時の設定を考えるのが…ちょっと面倒ですw ネタの分散のこともあるので、ソロユニットとの組み合わせに関してはまた次回へ持越しということでw

DSC_0526.jpg
確かに…スペースマイケルが出たらテンション上がるな!まさかのファンタジーゾーンやスペースハリアーとは思わなんだですw

うらら(スペースチャンネル5)やブルーノ(ダイナマイト刑事)のアタックに思わず吹いたり、バツ(私立ジャスティス学園)のモーションが当時を彷彿とさせて嬉しかったり…色々あるんですよ!ゲームって楽しいなー!

| PROJECT X ZONE | 01:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PXZ(1)/太正桜に浪漫の嵐2012!

PROJECT X ZONE (PXZ)はじめましたー。思い返せばSRPG(SLG?)は私にとっては苦手分野のゲームジャンル。過去フェーダリメイク(SS)、ドラゴンフォース1・2(SS)をクリアしてから長い年月が経ち、アガレスト戦記(XBOX360)、クイーンズゲイト(PSP)を積み上げるという挫折をしてますが…長いゲーム人生の中でもSRPGは得意ではないということが証明されています。

エロスという生命の躍動を起爆剤にしても
成し得なかったSRPGへの挑戦が今再び、始まろうとしているのです。

PXZ1.jpg

ということでPXZはセガ・カプコン・バンナムの3社のゲームキャラクター達が1つのプラットフォームの中でクロスオーバーするというお祭りゲーム。過去にナムカプというゲームがありましたが、開発チームが同じということでぽっと出の地雷ゲームではない様子です(ナムカプは未プレイ)。

3社のゲームの参加タイトルですが、ここにSRPGへの再挑戦になる動機が存在します!思い入れのある作品があればあるだけ楽しめるだろうと思います、ということで数えてみましょう。

「◎」=クリア・プレイ済で思い入れがある 
「△」=多少知っているが実際にプレイしたことがない 
「☓」=基本的に知らない

<セガ>(◎:5/9)
「サクラ大戦」(◎)
「スペースチャンネル5」(◎)
「バーチャファイター」(◎)
「ファイティングバイパーズ」(◎)
「ダイナマイト刑事」(◎)
「戦場のヴァルキュリア3」(△)
「シャイニングフォースイクサ」(△)
「エンドオブエタニティ」(△)
「ゾンビリベンジ」(△)

<カプコン>(◎:7/10)
「デビルメイクライ」(◎)
「ストリートファイター」(◎)
「ヴァンパイア」(◎)
「ジャスティス学園」(◎)
「デッドライジング」(◎)
「ロックマンDASH」(◎)
「魔界村」(◎)
「バイオハザード」(△)
「ロックマンX」(△)
「サイバーボッツ」(☓)

<バンナム>(◎:0/10)
「テイルズオブヴェスペリア」(△)
「鉄拳」(△)
「.hack」(△)
「ゼノサーガ」(△)
「ワルキューレの冒険」(△)
「スパロボOG」(☓)
「ゴッドイーター」(☓)
「無限のフロンティア」(☓)
「ナムカプ」(☓)
「ゆめりあ」(☓)

…ということで29作品のうち12作品は思い入れありでした。プレイしていなくても多少知っている作品も10作品程度あり、申し分はないかと思われます。このPXZを通して興味が出てプレイする…なんてことも有り得る話だと思いますので、幅が広がって良いですね!特にバンナムサイドは◎が1個もなかったよ…

■「サクラ大戦」再び!
やはり大きな動機はサクラ大戦ですねー。誰が何と言おうとね!たぶんサクラ大戦がこの中に入っていなくても、十分魅力的な作品が出ていますから買うきっかけにはなったかもしれないですけど、サクラは大きい。しかも新録ボイスもあるわけですから…

PXZsakura1.jpg
PXZsakura2.jpg

シリーズ1~5の網羅で 「大神☓さくら」 の帝都ペアと「エリカ☓ジェミニ」の海外華撃団ペア。だけではなく敵キャラとして「殺女(あやめ)」(サクラ1)、「シゾー」(サクラ3)も登場し、1作品から6人のキャラを派遣しているという貢献っぷり!まさかのシゾーチョイスもネタ的には良いと思いますピョン!

実はさくら(CV:横山智佐)さんは「コブン(ロックマンDASH)」の声優さんでもあるので、ここは帝都ペアと組ませると楽しいことになるんじゃなかろうかと思案中です。

■モーション・ステージなどの再現に興奮
アクションゲームや格闘ゲームが中心となっていますので、目に焼き付いたあのキャラのあのモーション・仕草に興奮すること請け合いです!簡単操作で幾つかの攻撃パターンを駆使する戦い方になりますが、吹き飛ばし・空中かち上げ程度の効果なので、その後に何を繋ぐのかを考える程度で、初心者の私にも優しい設計でしたw

次の攻撃コマンドを入力するタイミングと動作・位置などが合っていればクリティカルに派生したり、サポートキャラ(隣接ペアサポート、固定ソロユニットの2種)とのクロスオーバー攻撃で敵を固定できたりとできることも多少のバリエーションがありそうです。

タイミングや敵の固定を失敗すると(空中固定により)ミスを連発したり、コンボ数が稼げないなどの失敗要素もありますので、まずは自ユニットの攻撃の特徴を覚えると良いのでしょうかね。

PXZkobunn.jpg
フランクさんと「本物の」コブンの初顔合わせw 小ネタも嬉しいことが多いです。

ステージもゲームオリジナルのものから、各作品の代表格とも言える場所を再現していたりとニヤリとしてしまう箇所も結構あって楽しめそうです(ここまで確認したのだとウィラメッテ(デッドライジング)や大帝国劇場(サクラ大戦)など)

プロローグの5ステージを終えて、第9話まで進めました。ここまでは比較的簡単に来れたのですが第9話でまさかのゲームオーバーw 敗退条件のユニットの回復を怠ったのと、ボスキャラの必殺ゲージチェックミスでしたw 何話まであるのかは分かりませんが、楽しんで遊べたらいいなと思っています。

エロスで成し得なかったSRPGの克服をサクラ大戦で実行する
ドラクエ10の合間のプレイになりますので進行は遅いですが、頑張ってクリアしたいですね!このブログを読んでくださっている方であれば「どうせまた積むんだろう…」と思っている方ばかりと思いますがががががががg…!

| PROJECT X ZONE | 00:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。