桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍3/そして「龍が如く3」総括(7)

色々な遊びをしてきましたが、龍が如く3クリアです。難易度NORMAL・プレイ時間37時間、屈辱のコンティニュー1回です…ロードでやり直せば残らなかった記録ですが、今回は敢えてそのまま残す形にしました。以下、ネタバレなしでつらつらと。

龍が如く3龍が如く3
(2009/02/26)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る


龍2の発売時よりも遥かに期待度高く、発表から心待ちにしていたのが次世代機で繰り広げられる現代龍、「龍が如く3」でした。実際、龍2の発売時は既に箱○を所持していたので(確かデッドライジングやってたし、ブルドラと被ってた)後手にまわってしまっていましたからね。龍見参の発売は気にならなかったといえば嘘になりますが、ナンバリングではなかったので急ぐ結果にはならず、一時積み期間まで作ったうえでクリアしています。となれば何か。

龍1の時と同じかそれ以上の高揚感を持って臨んだ訳です。

決して裏切られることはないだろうというのはここまでのシリーズ実績を通しても分かっていただろうし、なによりハードを越えての続編となると、気分も一新される。だけど裏では従来シリーズとの比較がされてしまう心理もあって、色々と葛藤も生じてしまうのです。どちらかというと龍見参はスピンオフでありながらその葛藤が多かったですし。何だかんだと言いつつも今回は葛藤を超える期待の方が高かったようにも思いますが。


そして結果は裏切られなかった!今作に何を期待したのか?これが評価の分かれ目かと思います。私は分かりませんw 何に期待していたのかすらw 現代龍を次世代機で楽しめること、かな?今までで立証された面白さがあったからこそ、ある意味既に張ってあったフィルターがあったからこそ、それで良かったのかもしれません。目指しているであろう「総合的な大人のエンターテインメント」がそこにはしっかり展開されていましたので、そこで良しとして局部局部での細かいことはあまり気にしないでおこうと思えるのです。

龍3真島

声を漏らしてむせび泣いたことはありますか?(ゲームでw)
エンターテインメントの中で勿論主線を張らなくてはならないストーリーですが、迂闊でしたw 思いっきり感情移入してたんでしょうね…本当泣きましたw 当然のことですが、隣に居た相方は(勿論ゲームなんか見ちゃいない)ドン引きを超えて何故か優しく「大丈夫?」と言いながら笑うのを我慢していたように見えましたwww

ストーリーに関しては秀逸、とは言いません。正直に言えば。ストーリーだけはどう見ても1が一番なんですが、大して気にしちゃいませんよ?決して悪いわけではないので。だけど普通なんですよね。私が泣いたのは全体的に、ではなくてある一部がツボだっただけで改めて全体を考えて見るとちょい薄いですね。

さて、ここの薄いストーリーに関してなんですが。色々と考えてみたところ自己解釈では以下のようにたどり着きました。「龍が如く1・2・3のストーリーをそれぞれ単体としてあまり見ていない」のが自分なんだと思います。例えるなら…シェンムー?w 一人の男の物語として全編を捉えようとすると、今回の3のストーリーもあくまでも「龍が如く」のなかの一部であって、そこ一つで完結し得ない。きっとこう思っているからそんなに気にならないのかもしれません。・・・・・・・・・・・・・・分かりにくいですよねwww

広げた風呂敷も収集付かなくなっている
発売前情報から行くと今回の話は国レベルの…という所が切り口にもなっていますが、それが安い。その場凌ぎで取って付けたような設定を駆使し、その魅せ方で安いシナリオに仮面を被せた感じ、といえば分かりやすいでしょうか。幅を狭めて主要人物をもう少し掘り下げた方が厚みも出るし、例え蚊帳が狭くともそっちの方が満足できたはず。深い人間ドラマなんですから、それで良かったはず。小出しに今までの主要キャラを出すのもいいが、きちんと拾いきってあげないと可哀想になってしまいます。新旧に愛想を振りまきすぎた感が否めません…それだけ新旧への扱いが薄くなる。もったいない。今後のためにも、今までの魅力あるキャラを安売りしないで欲しい、っていうのが望みであり唯一改善を要求したい点でしょうか。

もう褒めてるのか貶してるのか分からなくなるところでしょうが、間違いなく褒めてるのです。ストーリーではなくて、このゲームにおいては。上記で触れた「何に期待したのか」によって評価が分かれると思うので、メインにだけ重きを置いていなければただそれだけで悪評にはならないのです。龍全体を考えていく中で、対を成すその周辺事情(サブストーリー)やアクティビティを含めるとエンターテインメントは実現され魅力を放つ。これでいいのです。詳しくは、■今までの記事で触れてきた■のでそちらを参照願います。キラキラした粒がたくさんあって(もちろん全部遊びきれているわけではないですけどw)良いと思います。

アサガオ

養護施設「あさがお」。優しい桐生をたくさん見ることのできる、桐生と遥の大切な場所。一人ひとりの設定もそこそこに添えられていて、私は好きです。包丁を握る桐生の真剣さときたら可愛くてなりませんw(桐生フィルター発動) …あw 今気付いた。この写真、綾子が居ないじゃんwww ごめw

「さわやか3組」を知っていますか?基本コンセプトは違えど、子どもたちの悩みとその関わりを描いたストーリーは私は好きでした。「さわやか3組」のようでw しっかり個性が出ているので観ていて分かりやすいし、なんだか和む。教育ではなく、桐生を含め互いに孤児としての境遇を理解し、家族としての繋がりを。完全に描ききったとは到底言えないですが、おざなりにされることなくきちんと描いたことには好感が持てますね。正直このままこの「あさがお」のその後もしっかり観たいと思います。この子たちがどんな紆余曲折を経て、どんな大人になっていくのか。…無理か?w

これも広げた風呂敷の一つになっていますので、今後の扱い方にも注目です。沖縄に根を下ろしたならば今後のシリーズは神室町と沖縄が前提におかれてしまいますので、次の街とシナリオ進行との絡ませ方が気になって仕方ありません。次の街?当然期待するのはススキノですよ!夜の街も、どこか混沌とした部分も満たしてくれるのではないでしょうか?ねえ名越さん?w



システム。これに関してはざっくりと。多分龍見参の時に出来上がったベースを元に作られているだろうと容易に想像できるので、真新しさはあまり感じられませんでした。もともと多少完成しているんですよね。グラフィックを差し替えて、現代風に起こしなおしたと。刀を取り扱うそのモーションは見たことあるような気がs…

そしてヒートアクション。少しだけ物足りないかな…どうしてもお気に入りのものと使い勝手の良いものばかり多用してしまう傾向が。見参より引き継いだ「天啓」システムは確かに面白い。もう少し数があっても良かったかな。桐生の応用力は多分Sランクw ヒートアクション全集の動画見つけましたのでそちらの説明のが早いかもしれないですね。ただし一部ボス戦や天啓の正解選択肢など一部のネタバレを含んでいましたので閲覧の際はご注意ください(ストーリーの展開やラストまでバレるものではないですが)。



力也

そして毎回話題になるキャスティング。見参での顔までそのままモデリングする形はなくなり(の方が良い)、従来型の声をあてるだけの方式に。まあまあ、毎回言われてますけど、やっぱ本職の声優さんのが良いのでは?って声が圧倒的に多いみたいですねw 世界観にどこまで入っていけるかの大きな鍵を握っているとも言えますから。やはり俳優と声優ってのは違うのですねw シンクロ率がやはり低く感じてしまうのです。

その中でも群を抜いて素晴らしかったのが藤原達也さん。力也という愛すべきキャラクターと相まってシンクロし、軽い旋風を巻き起こしていきました。桐生や遥同様、もうこの人しか力也は考えられません。本当お疲れ様でした。

CAST.jpg



あい、大分長くなりました。色々と収集の付かないことを書いてきましたが、総評的には満足です。極道の域を飛び越えて、一人の男の生き様を描いた巨編第3弾として、楽しませて頂きました(次もあるよね?)。最後にもう一度、

「総合エンターテインメントとして捉える」
これが成された時、このゲームの完成度の高さを伺えると思います。何かに固執するのではなく、総合的・包括的に。製作者側の基本コンセプトもここに在るのではないかと思いますので、遊び手の心がこのエンターテインメントのどこかに琴線が触れればOKかと。一度立ち止まってゆっくり考えて見るとかなりまったり遊べる良いゲームだと思うのです。

海外に見られる恐ろしいほどの自由度を有している訳ではないですから、与えられた遊びの中に面白さを見出す。製作者側の仕掛けたトラップに敢えてハマリに行く。そんなジャパンクオリティみたいな?w

スポンサーサイト

| 龍が如く3 | 21:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍3/遥の20年後が楽しみだ(6)

遥は本物の娘だろ?桐生と遥の間にあるのは絆と信頼。本物の娘でしょ?もう血の繋がりなんて超えちゃいなよ(もうメチャクチャw)?ストーリー本線に遥がガッチリ絡んでくることはあまりないです。だけど、龍における遥の存在はとてつもなくデカイ!そんなお話(以下ネタバレなし)。

遥と歩く沖縄:琉球街に関しては龍3記事(2)で触れたとおりになりますが、そのあとで一緒に神室町を歩く機会があります(ストーリー序盤除く)。もちろん繋いだその手は離さないように。おねだり娘全開でかかってきますからねw アレ買ってコレ買って、お腹が空いた、○○やって~、など。基本路線は昔っから変わりませんね、この子。…食べすぎでマジ太るよ?

だけど良いんです。可愛いから何でも許すよ?

カラオケ2
カラオケ3

まあ、さておき。今回遥と遊んでて一番楽しかったのは勿論カラオケw 遥が、というよりかは桐生のダメっぷりに感服ですよ。アイマスさながらの気合の入った応援っぷりに逆に男らしさを感じてしまう。何回も同じ曲で遊んでるはずなのに、遥の方はいつまでたっても歌が耳に入らず、インプットされるのは桐生のかけ声ばかり。フッフー♪

結構冗談抜きで2時間近くこればっかやってましたw 狙うはもちろん「難易度:情熱的(難)」のノーミスフルコンボの達成!勿論何の意味も成さないですし、実績も解除されません!だけど、だけどッ!桐生の心意気に応えるにはこれが一番だと思って…

難易度がハードといえど、たかが知れているので(龍見参のインリン様のが難しかった)、凡ミスと一部メロディーの緩急だけ気をつければ逝けると思って。しっかりとメロディーラインを覚えるのと、桐生のかけ声が頭にインプットされればおk。左記2点でボタンを押すタイミングが構成されているのでコツはそれだけ。回数を重ねると間違ったまま頭にメロディーがインプットされて、、修正かけるよりも先に指が動いている、なんてこともあるので注意が必要です。

こんだけ熱弁しといて誰が参考にするのかっていうwww まあ努力と時間をかけた甲斐あって見事ノーミスフルコンボ達成です(リズム判定は勿論GREATで)!これリズム判定がGREAT・GOOD・BADで構成されていて、GOOD・BAD、もちろんMISSだとその個数だけ点数下がるので、全部GREATじゃなきゃダメなんです…満点は1,000点。そして達成したのも1,000点。

2009031502100000.jpg

んまあ、変態的な遊び方もほどほどに。あとはねだられたものは全部買ってやり、一緒にボウリングしたり、ゲーセンで遥に敷かれた条件をクリアしてみたり、龍の中でこの遥との時間に割いた時間も結構長いかもしれませんw 桐生がアレコレと極道の紛争に巻き込まれていく中で、しっかりとアサガオを守ってくれているのでそのご褒美として考えれば良しかなと。

遥

実に芯がしっかりしていて、臆することなく立ち向かう姿はここ数年桐生と行動を共にしたことによって芽生えた強さなのでしょう。アサガオの子供たちが遥を信頼しているのがしっかりと分かります。

2回目になりますがw、遥の20年後が楽しみだ!

| 龍が如く3 | 15:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍3/龍は桃色の如く(5)

龍は桃色の如く?…まったく何のことか分からないですねw 今までの龍記事でまだ触れていなかったpinkな面。ここについて多少書き上げていこうと思います。(以下ストーリーネタバレはしません)

うぬ。とりあえずはキャバクラですかね。現役age嬢さんをモデルにおいたのが話題を呼びましたが、実は今までのシリーズの中ではキャバクラで遊んだ経験はなかったのです。1の時に多少かじったくらいで、何故かはまらなかったんですよね。ただし今回はここまでやったぞ!って意気込みを感じたので、それに呼応してみましたw

キャバ

先ず感じたのは異常に金がかかることw ヒットマンミッションを中心に溜め込んだ200万円が危うく無くなりかけるところでしたw 注文も好感度を気にして10万単位でやってたら、ホントなんだろう…夜の世界って怖えw

同伴・アフターもできるので、一緒に買物にいったり遊びに行ってみたり。遥と歩いているときとは全く違う男の桐生を感じました(桐生フィルター発動)。一緒にプレイスポットで遊べるってのは良かったですね。用意されたミニゲームを新鮮な気持ちで遊びなおせるから。高い金と引き換えに楽しい時間を買って(この見方って間違ってるんでしょうか?w)、メインシナリオを乗り越えた先に待っていたのは、大人の時間www まあ対象年齢17のゲームなんで、

「その後はご想像にお任せ致します」ですね。居た場所はホテル街ですから。

2009031416350000.jpg

まあ、金をかけないでじっくり遊ぶ方法もあるのでしょうが、とりあえずということで対象を1人にして、たぶん総額で150万くらいを要して終了としましたw 2周目の時とかは引継ぎデータもできるでしょうから、次は沖縄のキャバあたりを考えてみる?



そして琉球街(すなわち沖縄)で遊べるのが「キャバつく」。これ実はほぼ手付かずのままで止まってます。まあセガならではのつくろうシリーズをキャバ嬢にしたという感じですね。残念なことに顔を作り上げることはできません。もともと素材となる女性を街でスカウトして、それをメイクアップ・ドレスアップしていくのが主体になります。(下記参照)

キャバつく

選択肢によってイメージは大きく変えられると思いますので、多少自分好みのキャバ嬢をつくっていくことはできるんだと思います。ただし、サービス業ですのでやはり客のニーズに応えてこそ。自分の頑固を貫くスタイルの方が私は好きですけど、それじゃあお客さんも寄り付かないのでw きちんとしたニーズ分析とアセスメントが必要になるのでしょう(まあやりこんでいないので何とも言えないのですがw)



そしてラブインハート。エロス部門のメインを張れる存在ですが…有か無かで答えるならば。私は無としか言いようがありません。何で?追求はなしでw

龍3マッサージ

とりあえず、1回くらいは…ってことでやってみましたが。うまく昇天できると体力・気力が最大まで回復するのがおいしいですぜ?2~3回お世話になっちゃいましたw




…あれ。ここまでザッと読み返してみて。これなんて風俗雑誌だろ?w

ま、まw 現在プレイ時間は34時間を超えて。残すは最終章だけになりました。ネタバレなしでもこんなに記事書けるもんなんですね。まあ書いてることは感想文でしかないですけどね。もう少しだけ龍3記事続きますので、お付き合いお願い致しますw

| 龍が如く3 | 20:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍3/心を折らすミニゲーム(4)

やって参りました、game on game。よく行くのは中道通り店のCLUB SEGAです。龍でのゲームセンターはUFOキャッチャーのイメージが強すぎたのですが、ここに悪魔のゲームがありました…

CLUBSEGA.jpg


左奥にあるのは名作「ダイナマイト刑事」、そして右手前にあるのが「バーチャファイター5」。まあバーチャを遊ばせろとは言いませんが、せめてダイナマイト刑事で遊びたかったですねw ということは何か。何が悪魔のゲームなのかと言いますと、この画面には映っていないのですが「ANSWER×ANSWER」というクイズゲームです。通信対戦型の。

まあ何ていうの?w 私が無知すぎるだけなんでしょうね。全ッ然勝てませんwww さすがにゲームの中での通信対戦はできないのでCPUとの対戦だけになりますが、相手の垣間見せる超反応(w)だったり、完全お手つきとも言える早押しの癖に正解だったり…(個人的に思う)難解問題をサクっと解いて退けたりと、

非常に心が折れやすい仕様になっていますよ?

実際にアーケード稼働しているものを遊んだことがないのでよく分かりませんが龍の中では3ラウンドの2ラウンド先取制。「早押しクイズ」「早押し連想クイズ」「チキンレースクイズ」「多答フィニッシュクイズ」の4つを確認しています。

相手が強敵すぎるが故に緊張感も尋常ではなく(しかもお手つきは貴重な獲得点数を奪い去っていく…)、とりあえず1勝することだけを目標に頑張りました。1日1時間、眠たい目を擦りながらやり続けたこと3日間、そう3時間かけて初めての勝利を収めることができたのです…!たかが1勝に3時間ってw 私よほどの馬鹿ですか?w

他のプレイされている皆さんはこの「ANSWER×ANSWER」の難易度をどうみているのかが気になりますw

ANSWER.jpg…自信?ありませんからw

大きく中断しましたのでこの1勝を持って、少しメインシナリオを進めたいこの頃です。現在プレイ時間17時間、第9章。後半にかけてやはり物語の進行がシリアスに、そして加速しながら進んでいくので、寄り道できる時に遊んでおかなければならないですね。


あ、そえば。神室町にある架空のラーメン屋「九州一番星」。リアルでのコラボ商品化されたカップラーメンを食べてみました。販売元はエースコック。まあ、何て言うのでしょう。普通でしたw

| 龍が如く3 | 07:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍3/キャバ嬢と脱衣麻雀したい(3)

(プレイ時間12時間、第6章途中。以下ネタバレなしで)

相変わらずの鈍行プレイで。神室町へと帰ってきましたよ。なんだかホッとするんですよね、この街は。やはりナンバリングシリーズ通してずっと歩いているからなのか。箱庭と呼ぶには狭いのかもしれませんが、この凝縮具合がたまらなく好きですね。BULLYでも同様でしたが「自分で把握できる範囲内の箱庭」ってのが好みのようです。

神室

とは言えども海外の箱庭のそれとは違うので街中で自由な訳ではありません。与えられた遊戯と散りばめられたサブストーリー、だけど密度は濃いってのが龍の醍醐味であって。しかしなんでだか、ギャンブル系のミニゲームには昔っからハマらない性格で(ドラクエなんかもカジノ行かなかった)、もっぱらカラオケ行ったりバッティングセンター・ボーリングをコツコツと遊んでいるのです。麻雀くらいならできるんですけどね。

キャバ嬢と脱衣麻雀とかやりたいね。…駄目?

次世代機の力ってSUGEEEEE!!ってなるかと思ったのですが、以外にプレイ中のグラフィックは普通でした。決して悪いわけではなくて、期待が大きすぎただけかもしれないですねw 遠くを少しぼやかす感じで、細部までくっきり、とはいかなかったようです。でもこれに関しては現代を再現するのであれば情報量が多すぎて大変なんでしょうね。龍見参はもう少しだけ綺麗だったような印象があります。まあ、かと言ってこれが評価に左右されるものではないので。でもムービーはとても綺麗です。

同時に話題を呼んだ(俺だけ)「シームレスバトル」ですが、これは残念w 絡まれて、戦闘に入るまでの間にロードしてるんでしょうね、その数秒の間は確かに画面は切り替わらないですけど、従来と大した変わらないかもw 大々的に謳うのであればもう少し詰めが欲しいところです。雑魚戦の回数が多い分、気になる時(メインシナリオをこなしている時など)は気になっちゃうかもしれません。ただ多くの時間を割かれている訳ではないので、そんなにストレスでもないですけど。


話しを戻しますw とりあえず今は神室町を徘徊し続けていて、メインはあまり進んでいません。メイン進行のために目的に向かう途中に拾うサブストーリーが以外に興味を惹き、寄り道してしまう。ヒットマンのミッションもおいしいのでついつい進めてしまう。今は力也もいるので、ボーリング対決したりショーパブに連れて行ったり。(全然エロくない(怒))ただね、力也が可愛いんですよ。沖縄の弟分にあたるわけですが、純粋でまっすぐな奴で。

simabukuro.jpg  (藤原達也)

予想を遥かに超えて藤原達也の声のあてがい方がうまくて驚いています。イメージも損なうことなく、これは当たりだと思ったのは私だけでしょうかね?ただ街を一緒に歩くとき、遥は付いて来れないのは理解できますが、なんで力也付いて来れないんだよw いい成年男子が。「兄貴~」「待ってくださいよ~」言いすぎですからw 遥じゃないのでガン無視でダッシュですけどね。

まああれですよ。色々と徘徊が楽しいってことと、キャバ嬢と脱衣麻雀がした(ry

| 龍が如く3 | 13:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。