桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼルダSS(6)/総評:ゼルダの伝説シリーズ最高峰の傑作

ゼルダの伝説 スカイウォードソード クリアしました!クリアまでの時間は47時間30分。メインの進行以外にも昆虫採集や素材アイテム集めによるアイテム強化をしたり、サブミッションはほどほど。非常に、濃厚で良い時間を過ごしました。文句なしの大満足の出来で、初代を除きゼルダは全てプレイしていますが、その中でも最高傑作と言っても過言じゃないゼルダになったかと思います。以下、ネタバレなしで総評をー。

ゼルダSSタイトル

そう簡単に神格化してはいけない
よくここでも言いますが「神ゲー」ってそう易々と使って良い言葉じゃないと思うんです。それだけ価値も敷居も下がる気がして。評価基準は風評が決めるものではなくて、自分の価値観で決めるものですので人それぞれと言えばそこまでですけど、今回は敢えて言いたい!スカイウォードソードは神ゲーだと思う!

■非常に濃厚
「濃密ゼルダ」と自ら称すだけあって、内容が非常に濃厚です。芯になる謎解きアクションも一層の進化を遂げ(過去記事参照)、存分にそれらのエッセンスを散りばめた世界。やり込み要素でプレイ時間を稼ぐスタイルは私は好きでないのですが、そうした意味でもほど良いやり込みがついつい寄り道を誘います。

リンク6-2

ベーシックなアイテム以外にも神殿(ダンジョン)の攻略にはキーになるアイテムがあり、それが攻略の鍵になり、その神殿のボスを倒すにもキーアイテムを軸にして戦い方を見つけるのがゼルダのスタンダード。ですが、各地で使用しなければならないアイテムも幅広く、単調にさせない工夫がすごい。最後の神殿(風の塔)ではここまでの集大成を思わせる構成に見事なまでに感服しました。今までやってきたゼルダシリーズで一番面白かったのが「風の塔」だと思います。すごい楽しかった。

■モーションプラスの実力
今までずっと触れてきたモーションプラスの実力。かなり繊細にこちらのリモコンの動き・角度が反映されるので、一体感と没入感が半端ないです。爽快感を覚えるまでに時間がかかるかもしれませんし、ストレスも感じる人もいるかもしれない。雑魚との戦闘ですら求められるものが多く、最後まで一貫して「そこ」に尽きるので逆に単調と思う人もいるかもしれないです。

ゼルダは「俺最強!」の世界ではないので、アクションの爽快感を求める人には向かないかもしれません。しっかりと地に足つけて、リンクに自分の姿をどこまで投影できるかだと思います。そうした意味合いで今回のモーションプラスは正解だったと思います(コントローラーはできるならやりたいですけどw)。

■世界観
ここ。ここが従来からのファンの賛否を分けるポイントだと思います。ゼルダ、SFC以前は別ものとして、時に据え置きに限って言えばダークな雰囲気に妙なる不気味さが内包された世界という人も多いはず。特に時のオカリナ(64)からの世代であれば、ムジュラ(64)やトワイライトプリンセス(GC・Wii)はそこに該当します。風のタクト(GC)は一転、ヴィヴィッドカラーの眩しい世界でしたし、ネコ目・トゥーンレンダリングが生まれたのもここでした。タクトの世界観はふしぎのぼうし(GBA)以降DSシリーズにも引き継がれましたね。

雷龍

据え置きと携帯機でも大きく異なるゼルダの世界観と、もしかしたら二分されるファン層。「コレは認めるけどアレは認めない」みたいなのですね。スカイウォードソードはどちらかと言うとタクト寄りの折衷地点にあると思います。私はこの世界が非常に良かったと思うのです。大好きです。色々とカテゴライズされるゼルダの中でも、一番普通と言えば普通なのかも、ですが。

■シナリオ・ストーリー
シナリオはシリーズの原点に還るもののようです。詳細は触れません。ここから各種シリーズに繋がっていくのかと思うと、スカイウォードソードの世界を理解した上で今一度他シリーズを見直してみたいです(過去シリーズは統一された世界観の中で、話が繋がっていないのが特徴で色々な人がどこからでも楽しめるのが任天堂らしくて良い)。

ゼルダ6-1

ゼルダ姫を助ける・トライフォースとの王道の展開は健在で、今回は非常に分かりやすい。分かりやすいからこそ単純に燃えるのであるという結論に至りました。伏線がたくさん張ってあって、それが解けていくのも良いのですが、先の展開が幾ら読めていても、「早く進まなければ」と思わせる作りかたができるのって、本当は難しいことなのかもしれないですよね。私は燃えて燃えて、EDのラストも好きな終わり方だったので、この辺も多いに評価ポイントになっています。

■ゲーム難易度
辛口モード(HARDに該当)は遊んでいませんので評価の範疇外ですが、難易度はシリーズで見ても高くありません。解けなくて挫折した所もありませんし、攻略サイトに頼りたくなる所もありませんでした。ほど良く唸って、考えれば解ける謎が多いので、この点に限りやや不満はあります。難攻不落とも言えるくらいの難易度の謎を解いた時の天にも昇る快感は今回は薄いかも、です。その分敷居は低くなっていいんでしょうけど。

ボス難易度もそこそこ。ギラヒムは苦戦しましたけどね(2回目>1回目>3回目)。全ての斬撃を防御されるあの絶望感に加えて、生身VS生身のシンプルさが恐怖感に拍車をかけたという点では、ギラヒムは良い設定でした。最後のボスは2回ほどGAME OVERになって糸口を発見できたので、3回目のリトライで楽々撃破できましたよ。ゼルダは本当に観察に尽きる。ネタバレになるので書きませんが、ラスボスの攻略にお困りの方がいらしたらコメントでも下さいw 拙くお教えできると思いますw

■愛すべき人物像
奇妙な世界観が薄い分、登場人物の奇天烈感も薄くなったのも事実ですが、それでもなぜゼルダの登場人物はあんなにも愛おしいのか。シュールなギャグ要素を含んだ登場人物の織り成す展開に時に微笑ましくもあり、いいアクセントになっています。特にバドw 彼は本当にこの物語で大きくなった。ロバートの秋山さんがモデルなのかは最後まで分からないままw

パワフルピッチャーマシーン

リンク・ゼルダに関しては今までで一番人間らしさがあって、表情も豊かで私は好きです。リンクは自分の投影先・無個性でありながら「リンク」としての存在感を大きく示し、自らと二次元の間で絶妙な立ち位置にあります。

リンク6-1

特筆すべきはゼルダ。ゼルダ姫と言えばポジション上、手の届かない存在として壁を思わせる位置にあり、透き通ったガラスの様な容姿で綺麗だけど近寄り難い、そんなイメージがありました。スカイウォードソードではシリーズ初の幼馴染設定により最初から親近感の沸く設定になっており、異常なまでに可愛いです。異常なまでに可愛いんですってば(是非エンドロールまでじっくり見て欲しいですね、更に倍増します)。そんなゼルダですから、「助けようというモチベーション」も高いまま進めることが可能です。実際にレビューなんかを見てると同じような感想を持った人が多いみたいですしw スカイウォードソードのゼルダは私の嫁になりました。

ゼルダ6-2

はい。 長い文章になったので読むに耐えないと思いますが、ここまで読まれた方がいるのなら。「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は傑作です。私の中では数少ない神ゲーになりました。サードが苦しむのも分かるくらい、満を持してよく出来ている作品です。たぶん、多くのゼルダ作品に触れていればいるほど、感慨深いというフィルターもあるのかもしれませんが、堂々とオススメしたい作品です。

マスター

Wiiを持っててゼルダをプレイしないなんて考えられない
ほど勿体無いと思います。確かにモーションプラス強要という敷居はありますが、全て肯定できるだけの面白さを持っていると思います。いや、本当に。本当だよ?w ゼルダの売り上げは落ちているかもしれませんが、ゲームはしっかりと面白くなっています。「このゲームと出会えて良かった」って思えるゲームは少ないと思います。一人でも多くのゲーマーさんのライブラリに、この「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が加わったら良いなと願いつつ、この辺で「ありがとう」ございました。

スポンサーサイト

| ゼルダ スカイウォードソード | 23:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼルダSS(5)/燃える!ゼルダという世界観に則った王道展開

ゼルダの伝説 スカイウォードソード ですー!プレイ開始から35時間くらい経過しました。ようやく物語りも佳境に入ってきたかというところです。今年に入って本腰入れてプレイしてるのに、ここまで5ヶ月かけて遊んでいることになりますねー。

1~2時間の半端な時間じゃ起動しない
ゼルダの良い所は何といっても巧妙な謎解きアクション!1つの神殿をクリアするのにかかる時間は1~2時間じゃないので、実際にプレイしようと思うと、ある程度まとまった時間が欲しいです。1つ解いた謎が同じ神殿の後半に直結することも多々あるので、半端に何かを起動して中断→日が経ったら「何してたんだっけ?w」ってこともありますよね。

プレイ意欲はあるのに、時間に融通の効かない歳になったよなーって思うこともしばしばですぅ。記憶に留めておくのに、仕事している間でも前回までの経過やプレイを忘れないように自己リフレインしたりとかねw あるある。

フック船長の家

長い歴史を持つゼルダですが、今までのシリーズで経験した・させたことを上手い具合に現代に昇華させて出してくるのもニクい演出。往年のフックショットから、DS版の船操作まで。弓矢や爆弾みたいなベーシックなものでも、溜め撃ちになったり、転がしたりと小さな変化が嬉しくなります。

新しいアイテムも続々。シリーズでよく起用される楽器だけじゃなくて(今回はハープ)、謎を解くのに必要なアイテムですね。フックビートルなんかは遠隔リモート操作で遠くを見たり、仕掛けを起動させたりとダンジョン構成までの振り幅を変えることのできる優れもの!こうしてゼルダはシリーズを重ねて正統に進化しているのですね!大好き!

ゼルダトライフォース

さて、話の真相も見えたところでやるべきことはもう分かっている!ゼルダという世界観に則った王道展開!ううー燃えるぜー!といった所でまさかの鳥乗りチャレンジ強要には泣きました。

モーションプラスのリモコンコントローラーを使って、繊細に鳥を操ります。冒険の序盤で練習する展開もありますが馴れるにちょっと時間がかかりました。が!プレイを重ねていく内に鳥も上手に操れるようになり…としたところでね。小さな動き、小さな目標の捕捉に撹乱されて、リモコンを持つ右手が有らぬ方向に曲がろうとするマジックw 通常じゃそんなことないのに、焦るとそう動いちゃう人間って面白い。ほら、レースゲームでライト層なんかがやると、体が一緒に動いちゃうみたいなねw

アウールェ

さーもう少し! P4Gの発売までに絶対クリアする! もう宣言したので逃げませんっぜ。よっしゃー!

| ゼルダ スカイウォードソード | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼルダSS(4)/次世代型マスターソード

ゼルダの伝説 スカイウォードソード です。面白いです!腰を据えてプレイするために、とプレイ後に売却予定だった幻想水滸伝やバイナリードメインを挟んでいるので(早く売った方が買い取り高いから)、時間がかかっていますが、一応今年になってからはゼルダSSが一番メインで遊んでると思います。

さて。ゼルダといえば「マスターソード」で異論はないと思いますが、今回のゼルダも剣の成長要素がゲーム進行に盛り込まれています。といってもカスタマイズではなく、敷かれたレールの上に乗るだけですけどね。しかしながらRPGにしてもアクションにしてもそうですが、武器が成長するってのはどうしてこう胸が熱くなるんでしょうね。男の子だからですね。

次世代マスターソード

まさしく次世代型マスターソード!
今回のマスターソードはまさかの「大剣」!今までのゼルダで考えれば非常に斬新な試みで、振るう大剣は強固な物質まで粉砕するのです。斬るという概念ではなく、壊すという概念。スタイリッシュさに欠けるという往年のファンの意見で賛否分かれて当然と思いますが、私は良いと思います!

マスターソード

はい!当然「嘘」です!
そんな訳ないですねw 今はまだマスターソード自体出てきていませんが、恐らくの折り返しを越えて剣の成長のために各地をまわっています。合間に色んなゲームを詰め込みすぎているので進行がやや遅くなっていますが、ますます楽しんでいきたいと思います!

今回は主だって書くこともなく、溜まってきた話の種の消化順番を考えたらゼルダSSになったというそれだけの話。くだらない話で申し訳ないことですw さて!新作ラッシュの止まっているこの時期にたくさんゲーム消化していかないと追いつかないぞぅ。

| ゼルダ スカイウォードソード | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼルダSS(3)/どうですかな勇者どの?わがバトランドは。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード ですー!今はゼルダSSがゲームライフのメインですよぅ。コツコツと進めましてプレイ時間は20時間を超え、ちょうど中盤?くらいかなと思っています。概ねゼルダは前半いくつかのステージを攻略すると折り返しイベントがあって、後半突入…というのが見えやすくなってますからね。勝手に折り返しくらいと判断しましたw 以下ネタバレなしで書きますので、良ければ。

バドランド
やw やらせねえよ!www シンプルにここは吹きましたw しかもほらー?一つ濁点を取るだけで「バトランド」になるわけであって。王宮戦士のライ○ンさんなんかがいるお城になるじゃないですか。真っ先に想像したよねw

とまあw 基本、一つひとつの神殿の類に入る前に簡単な導入、というようなものがありますが今回はそれが長い!なので一つの神殿をクリアするのに対して導入が長いので実質2つ分くらいの謎を解いているような気がします。その分、神殿一つのボリュームは少ないようにも感じますけどね。導入部分もしっかりと謎解きをしないと進めないようになってますので、やり応えがあります。

Wiiリモコンの操作にも慣れが生まれてきて、「腕振りすぎて痛い!」なんてことにはなりませんw やってて分かりますが、モーションプラスの感度がかなりイイので大きくやる必要なんてないんですよね。今は手首を返す程度の振りで、しっかりとイメージした動きが取れるようになりました。

雑魚の敵ですら上下左右に防御をしてくる ので剣の構え方向、斬り出し角度が本当に重要です。構えに対してしっかりと防御面も変えてくるので、構え方向の攪乱から素早い斬り出しをしなければなりませんし、併せてこちらの回避(防御)も重要です。これは素晴らしい出来!本当に操作している感が体感できます。

リンクハープ

今回も楽器(ハープ)が出てきますが、これもモーションに応じて音色が変わるようになってます。単純にリモコンの左右移動だけのものですが、こちらの振りに合わせてリンクがしっかりと弦を弾いてるのを見ると感動しちゃいますw 持ったまま移動できる仕様になってるので、適当に弦を弾きながら歩く癖がw

シナリオ進行は一度攻略した地方を行き来するシステムになっているようで、これから次の目的のために再びその地を訪れることになりそうです。行く先々で明らかに現時点で進むことのできない場所や、それ用のギミックが見えているので、次に入手すべきアイテムはこんなのかなー?と想像を膨らませる楽しみもゼルダならでは。

定番のモノから新しい試みギッシリの素敵なモノまで。うん!これからの展開が楽しみですよー!目標にしている、2月中盤までにはクリアできるかな?楽しんでいきたいと思います!ああ、それからスカイウォードソードに限ってはゼルダへの逢いたさが異常であるといっておく、という〆でw

| ゼルダ スカイウォードソード | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼルダSS(2)/ほのかにいい香り…いや絶対いい匂いするよね

ゼルダの伝説 スカイウォードソード ですー!年明けも早々に普通の生活に戻り、頑張って時間を見つけてはゲームしてます。ゼルダに関してはまだまだこれから遊ぶ予定の方も多いとは思うのでネタバレしないように書きますよっ。進行は一番最初の神殿をクリアした所までですー。

風紀委員ゼルダ

あ、あれ?ゼルダ今回可愛いんじゃね?
今まで思ったことありませんでした。任天堂のキャラってそういうのと次元が違うなんて思ってましたが(メトロイドのサムスは…良いw)、やられた。今までのゼルダってトゥーン版を除けば、かなり大人の女性で凛とした印象が非常に強いのに対して、今回は狙ったの?というくらいのw 目が大きくなって、日本人受けがよりしやすいデザインに変わったような気がします。性格的にも明朗な感じがよく出ていて非常に良いです。今までのは影を背負うような印象の方が強いので…

強気ゼルダ
この感じが好き。ちなみにバドはロバートの秋山さんがモデルですか?w

とそんな話はどうでも良いですね!w さてさて、まだ最初の神殿を終えたばかりですが、任天堂らしい本体の性能を引き出さんばかりのゲームデザインがとても素敵です。Wiiモーションプラス専用のソフトとあって、リモコンの機微な動きが求められることが多く、対敵とのアクション一つを取っても剣の斬り出し角度がここまで求められるなんて!

敵の構えている防御角度、弱点を突く斬り出し角度、一つひとつが標準的に求められるので闇雲にリモコンを振るだけじゃ、進めません。まだ最初のボスとしか戦ってませんが、今後この要素を大きく用いた戦闘があると思うと胸の高揚感が止まりません!(挫折しなきゃいいけどw)

リモコンは標準どこに向けて持ってればいいの?w
一方、リモコンでバランス制御を図る場面が比較的多くありますが、いまだ慣れていないせいか、ちょっと苦手ですw 序盤中の序盤でいわゆるスカイダイブのシーンがありますが、目的の場所に到達するのに何度もリトライを繰り返しましたwww これも今後ゲームの進行に関わると思うので、ちょっと研究してきまふw

ほのかにいい香り
ほのかにいい香りのする、俗に言うパラシュートの役目を果たすヤツ。僕も欲しいw

前作のトワイライトプリンセスはゲームキューブでプレイしているだけに、Wiiリモコンを使ってやるゼルダが初めてなのも感動の一つなのかな。すごい面白いです、安定性のあるシステム以上に予想を超えて面白いです!このままガンガンやりたいよぅ!

| ゼルダ スカイウォードソード | 22:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。