桃色の純情な妄想

2/3の純情なゲーム脳は空回り my heart!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オトメG(no.2)/shoot it into the head!!

オトメディウスG をちょろっと遊んでました!昨年買って遊んでたんですが、なんとなくSTGをやりたくなったので起動!実績も500Gで止まっていたのを800Gまで解除しておきましたよ。といっても難易度不問、コンティニュー自由でキャラ毎クリアで100Gですからねw 簡単なお仕事ですw

ジオール

昨年やっていた時は東京ステージのボスまでノーミスで行けるなんて言っていたのですが、しばらくやっていない間にもはやボロボロ…基本的にSTGのセンスはないと思うので、幼い頃にFCでグラディウス遊んでた頃から腕前は上達していないのかもしれませんwww

ある程度装備を付けてから進むのが楽しいのに、後半に行けば行くほど撃沈率も高い。せっかくの装備もなくなってしまうのがビギナーライクじゃないなーと嘆いてばかりですが、装備「OPTION」だけは撃沈しても画面中に散るので再度付け直すことができる。単体の弾は火力低くても、OPTIONがあれば単純に個数に乗じていくので必須です。

一応デフォルトで使用できるキャラは全員クリアしたことになりますが、好きだったのはマドカとジオールでしょうか。ティタみたいに全方向網羅できるテクニカルタイプよりも、直線集中型の高火力の方が初心者には使いやすいです。どうせ死ぬので、長い時間をかけて装備を充実させるより復帰後にすぐ一定の火力を出せるほうが魅力的、という意味合いですけどねw

OPTIONも自機の動きに合わせて動いてくれるタイプよりも弾を撃っている時に固定される「L・OPTION」の方が好きかも(ジオール初期装備)。後半は敵の弾幕だけじゃなくて、障害物を避けたりと狭い範囲での機微な動きが求められることが多いので、OPTIONの位置調整までしてる余裕がないんですね。

oto09.jpg
分かってたつもりで、何度やっても回避できない場所だらけですけどね!

何回も撃沈している内に配置パターンや、敵機の弾道は分かってくることもあるのでそれに合わせてL・OPTIONで調整しておくのです。撃沈→スピードアップ→OPTION拾いに行く→左端に戻ってL・OPTION位置調整→撃沈(以下ループ)、みたいな一連の動きを何回も何回も…w

本当は死んでもパワーアップがなくならないのが理想ですねw 聞いた話によるとデススマイルズがそうだというので、今度やってみようかな?たまーにSTGをやりたいなーって思うことがあるので、一家に一本STGがあると落ち着きます。

スポンサーサイト

| オトメディウスG! | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オトメG(1)/期待と想像を大きく超えて良い!

オトメディウスG はじめましたー!XBOX360という最高のハードの特性としてシューティングが多いというのがありながら、実際にはTPSくらいしかプレイしてこなかった私ですが、何かの機会にとシューティングをプレイしようと思っていたわけですよ。オトメGは実績コンプの難易度の低さと、「弾幕シューティング」のようにプレイする人間を選ばず、心を折られずにシューティング入門ができるのが魅力的でした。

ディウス!
シューティングを普段からプレイしてこなかった層にも、やはりグラディウス・パロディウスといった伝統の横シューティングは経てきているわけで(グラディウスはFCで、パロディウスはサターンで持ってました)、その流れを正統に汲むこの「オトメディウス」。気にし始めてたぶん1年以上経ったと思うのですが、G(ゴージャス)とX(エクセレント)を購入しておいて、このタイミングで起動する運びとなりました。

g1.jpg

とりあえずの実績意識もあったので、キャラ全員でゴージャスモードをクリアするくらいかなっと思っていました。ノーマルで全6面、クリアまでにコンティニューは10回を超えたと思いますw まあ、今でも5回は軽く超えますけどね。まあ、こんなもんだろうと思っていたのも最初の2~3周くらいで…

魅力的なカスタマイズ
自機カスタマイズがこんなにも魅力的だと思わなかったのです。カスタマイズと言っても外装を変える訳ではありません。豊富な装備の中から自分に合ったユニットを付けて出撃する楽しさ!これ、すごい単純なようだけど大事なことですよね。装備を購入するための「ショップ」も、シングルでプレイした実績に応じて与えられるポイントを使用するので、必然的にシングルをプレイすることになります。

ここを作業と捉えるのか、スキルアップのためと考えるのかで評価はかなり変わると思いますが、シューティングのド素人の私ですら、死んで覚える快感はシューティングにもあると思いますよ。少しずつ経験を重ねて2面のボス戦まではノーミスで行けるようになってきました。これが体感できると病みつきになってくる…(しかし2面の反射レーザーは避けられないのと、南極~ラストまでは課題は多すぎる)

オトメGをプレイしているフレンド(team華麗)に誘っていただいてCOOPも経験。初心者モロ出しの私とかなりの実戦経験を踏んでいるフレンドでは雲泥の差があり、だいぶ足を引っ張ってもうてw ゲームオーバーになってしまうとCOOPもそこで終了してしまうのが問題で、死に急ぎたい年頃の私では1周クリアも達成できず…ラスボスまでは到達したんですけどねえ。

LDSmMR8AkjKhaTp99hkLBBuH6s3j72x5.jpg
これが巷で話題のエスメラルダ嬢なんですから。

もう少し迷惑をかけずにCOOPを楽しみたいので、今は自機のカスタマイズとスキルアップに精を出しています。そういえば、あまり大きい声では言えないのですが言うです。キャラクターにあんまり魅力を感じていないのが私のオトメディウスに対する感想でもあり、それだけゲームとしての印象が良いということなんですけど。

何気なく情報を取っている間に見つけたDLC(400ゲイツ)の「エスメラルダ」だけは何かが違う気がする!好きになれる!と思って購入。頑張って育ててまっせ。

| オトメディウスG! | 00:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。